三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 31日

工芸の5月

盛り沢山の週末でした。
土曜日、まずは楽しみにしていた山の辺建築設計事務所さんのオープンハウスに。
c0112447_20524439.jpg

クライアントと設計事務所・工務店・職人さんが上質な関係で作り上げた気持ちのいい空間を拝見しました。携わる方々がそれぞれの良い所を持ち寄り、相互に協力・高め合う、住宅の設計・施工の理想の姿を見せていただきました。ありがとうございました。

次は松本市美術館で行われている 型絵染 三代澤 本寿 生誕101年展
ただただ圧倒されました。脳裏に焼きつく三世澤の言葉。
「僕はね。民藝の基本は道徳だと思うんだ。人を裏切ったりまやかしものを作ることはいけないことなんだ。まずそこに携わる者が正しい人間でなければ」。
「染色の仕事をしていてどういうものを作れば売れるか、僕は分かる。たとえ大衆に理解されずとも、その1歩先を表現することが創作」
「一番の礼儀とは何だと思うかね?それは本音で話すことだよ」。
柳 宗悦が三代澤に贈った富岡 鉄斎の言葉、「万巻の書を読み、万里の旅をせよ」
真摯に創作に向き合い続けた彼の腹の底から出てきた言葉に感動しました。

クラフトフェアまつもと。最近の人気ぶりには驚くものがあります。活気のある街中に元気をもらいます。
c0112447_2184184.jpg


日曜日は午前中は家の掃除。午後は息子2人とアルプス公園でたっぷり遊んできました。
楽しかった!
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-31 21:12 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2010年 05月 26日

芽摘み

今年も春の芽摘みが始まりました。春先の寒さで芽の伸びが遅いので例年より1週間くらい遅めのスタートです。10m以上ある赤松から始まって、高さ5m枝張り6mほどの五葉松など全部で5本。
5日間かかって昨日完了しました。昨年学んだツリークライミングのロープワークの中で、講師から教わった簡単な命綱が今回は非常に役に立ちました。
c0112447_4332835.jpg


登山用のデイジーロープの両端をダブルエイトフィギアノットでカラビナを装着。もう1本の細いロープの一端をカラビナへ、もう一端を太い方のロープへプルージックで固定。

簡単に命綱の長さを調節出来て、安全です。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-26 04:39 | 仕事日記 | Comments(0)
2010年 05月 21日

かけがえのない時間

子供たちが出会う事実のひとつひとつがやがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子を育む肥沃な土です。
幼い子供時代はこの土を耕す時です。

レイチェルカーソン

最近子供たちと外で遊ぶ時間がなかなか持てなくて、この言葉を思い出しました。

親といろんな体験を共有出来る時間は限られています。過ぎては取り戻せない貴重な時間を大事に過ごしたいものです。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-21 19:17 | Comments(0)
2010年 05月 20日

魚玉 有沢商店

現場帰りに近くを通りながら、寄りたくても寄れなかった魚屋さん

魚玉有沢商店(松本市県1丁目13-7)

今日は乗用車で近くまで来たので初来店。やはり勘が当たりました。
美味しそうで新鮮な魚がイッパイ!お店も整理整頓が行き届いています。
嫁さんも一緒だったので、二人で大喜び!沢山買いすぎてしまいました。
いろんな素人質問にもお答えいただいて、とても楽しい時間です。
個人営業の魚屋さんやお肉屋さん、八百屋さんってスーパーと違って、いろんなお話をしながら旬のものを教えていただけて、とても有難い。
自分たちの名前で店を商っている以上、商品選びも、鮮度もおかしなモノを並べることは出来ません。産地を聞いてもすぐに返事が!
レストランに行っても、大きなお店や役所に行っても、僕はすぐにいろんな質問をしてしまうのですが欲しい答えが返って来ないことが非常に多い。いつも腹をたてているのです。
「自分の仕事だろ!誇りを持ってやれよ!」と・・・
分からなくたっていい。少なくともたらい回しにせず、自分の責任で調べて後で電話してくれるぐらいの気位があってもいいのに・・・といつもいつも思っているのです。

ボクらも同じ自営業者だからよく分かります。大変なこともたくさんあるだろうけど、お互い頑張りましょう!とひそかに思ったのでした。
是非、おススメです。
c0112447_1746272.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-20 17:54 | Comments(0)
2010年 05月 15日

松本市 県の家 完工

HAL設計室 設計管理の松本市県の家 工事が完了しました。
モミジ、ニシキギ、ソヨゴ、オカメツタ、ノンフラワーカモミールを植栽しました。
ご家族を見守り、皆様の大事な空間になっていってくれることを願います。
お世話になりました、お客様、設計事務所・工務店・職人の皆様ありがとうございました。

c0112447_21562827.jpg
c0112447_21564432.jpg
c0112447_21565225.jpg
c0112447_2157391.jpg
c0112447_21571365.jpg
c0112447_21572497.jpg
c0112447_21574185.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-15 21:57 | 仕事日記 | Comments(0)
2010年 05月 14日

松本市県の家

HAL設計室の設計施工管理の住宅。「県の家」の施工真っ只中です。
週末のオープンハウスに向けて残すはあと1日。
今日は設計事務所の皆様にも助けて頂いて、高木の植栽をしました。
建築と環境、風土などもろもろの条件の中で、その空間にバッチリとハマッタ時は何ともいえない喜びです。場所に持ち込むまでの悩みや葛藤が吹っ飛びました!

玄関からの眺め
c0112447_2243189.jpg

ダイニングからの眺め
c0112447_226010.jpg

二階からの眺め
c0112447_226269.jpg


あと一日頑張ります。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-14 22:07 | Comments(0)
2010年 05月 12日

白紋羽病消毒

今日は以前白紋羽病の発生した現場に消毒に行ってきました。
久しぶりに落ち着いて仕事をしている気がします。
今年は春から80世帯もある常会の常会長を仰せつかって、仕事に常会にテンヤワンヤなのです。

ちょっと掘ってみると菌糸のようなものがかなりの割合で発生しています。
白紋羽の組織かどうか?は専門的に調べてみないと分かりませんが・・・
c0112447_1912031.jpg


枯れた根と土を鋤取り処分をして、最後に土壌消毒をしました。
今後試験的に苗木を植えてみて、白紋羽の発生がなければ植栽となります。

10年以上経過した庭にこの時期に訪れるのは久しぶりのことです。
当初計画したように木々が育ち、アプローチや入り口を緑が隠してくれています。
c0112447_1914559.jpg
c0112447_19151244.jpg


お客さんの管理と毎年手入れを依頼してくださるおかげで、作庭当初より雰囲気は格段によくなりました。作庭後の管理の重要性を改めて感じました。
c0112447_19173541.jpg

初めて設計事務所と設計段階から関わらせていただいた仕事。
庭作りの楽しさを教えてもらいました。
ここにくるとあの時がんばった頃の新鮮な気持ちがいつもよみがえります。
今の自分もあの時以上に頑張っているぞ!と胸を張ろうと思います。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-12 19:24 | 仕事日記 | Comments(0)
2010年 05月 06日

写真撮影

昨日から今日にかけては天気も良かったので、現場仕事や打ち合わせの移動中に昨年から今年にかけて作らせていただいたお庭の写真を撮ってきました。
新芽が芽吹いてくるとお庭の景色も様変わりします。

大屋根のオフィス
アプローチから中庭を望む
c0112447_19465468.jpg

遠景
c0112447_19474029.jpg

手作りの散水栓とデッキ
c0112447_19475560.jpg


史跡庭園の用水路
用水路も田んぼにも水が張られました。
c0112447_19491978.jpg


小路のある家
春の花が綺麗に咲いていました。
c0112447_19501991.jpg


松島の家
モミジ・ミツバウツギ・キブシが芽吹いて上手く建物に寄り添ってくれています。
c0112447_19513948.jpg


植物やお庭が地域の風土・景観と馴染んでいってくれることを願います。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-06 19:52 | 仕事日記 | Comments(0)
2010年 05月 04日

理美容室 JAVA  ひとまず完了

5月4日のオープンに向けて、1週間の工期という強行日程でしたが、連休でお休みのはずの職人仲間に助けてもらい何とか間に合いました。
近年にないハードな日々。
仲間のありがたさに感謝です。

高低差のある敷地をより楽しいワクワク感を出すために、木立の中を通りながら歩ける階段アプローチにしました。
階段はコンクリートのビシャン仕上げ。桂離宮の沓脱石のようなムクリをつけて柔らかさを出してあります。
大きい所では高さ60センチのコンクリートを打ち込み、踏み面60センチ長さ4mもあります。
広い面は機械も使いましたが、荒くはつった後、仕上げはすべて手作業。手でハツルからこその繊細な仕上がりです。
c0112447_18275017.jpg
c0112447_1828676.jpg


アプローチは鉄平石。昨年の秋、雪が降る前に山に拾いに行ってきました。

まだ、電気工事や若干の残工事がありますがひとまず完成です。
これから時間を掛けてお客さんと一緒に草花を植栽をしながら仕上げていきます。
がんばった分だけ喜びもひとしおです。

c0112447_18375057.jpg
c0112447_1838338.jpg
c0112447_18381470.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-04 18:38 | 仕事日記 | Comments(2)
2010年 05月 01日

5月1日発売の隔月刊誌 「庭」193号 2010 5月号のニューウェーブという若手の作庭者を紹介するページに掲載をしていただきました。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-05-01 04:38 | 仕事日記 | Comments(0)