三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 17日

ご連絡


11月14日、15日、16日にinfo@sanrakugarden.jpに頂いたメールが、サーバー上の不具合で受信が出来ませんでした。リセットしたためメールが削除されてしまいましたので、恐れ入りますがご用件があれば再送をお願いいたします。

11月18日から11月23日まで茨城県で「松保護士」の研修に参加してきます。
19日から22日は連絡がつきにくいため、回復したmail
 info@sanrakugarden.jp までお願いいたします。



造園設計・施工・管理 三楽  HP 

庭作り、造園設計・施工・管理・樹木診断治療を共に前に進めるPartnerを募集しています。
興味のある方はinfo@sanrakugarden.jp までメールでご連絡ください。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-11-17 08:14 | 仕事日記 | Comments(0)
2012年 11月 14日

「うちにわ そとにわ」24年度 松本市都市景観賞 最優秀景観賞受賞

studio aulaさん設計監理の住宅 「うちにわ そとにわ」が24年度 松本市都市景観賞 最優秀景観賞を受賞されました。

c0112447_1640735.jpg


講評

 敷地は交通量が多い郊外の通り沿いで、カーブの内側に位置しており、目立つところにあります。目隠しを細い縦格子にすることにより、建物と庭が見え隠れして外との関係を断っていないことが高く評価されました。それに加え、ゆるやかな片流れの大きな屋根、セットバックした格子塀と道路との間に設けられた小さな起伏のある前庭が、圧迫感がなく、通りにオアシス的な安らぎを与えてくれる気持ち良い景観を創出しています。また、北アルプス側に大きな窓を設けることで松本の特徴である山岳眺望景観への意識の高さが建物の構成に表れていることも評価しました。
 山地丘陵部における新しい住宅の一つのあり方として最優秀景観賞としました。




第32回 INAXデザインコンテスト入賞に続いての快挙です。

地元の景観に貢献出来るこの松本市都市景観賞を受賞出来たことは大きな喜びです。

このような機会を与えてくださったお施主さん、studio aulaさん、時遊館さんに心より感謝とお喜びを申し上げます。
またこれを励みにひとつひとつの仕事とお客様と誠実に向き合って参ります。
ありがとうございました。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-11-14 16:48 | Comments(2)
2012年 11月 14日

枝垂桜 樹勢回復治療

この春樹勢診断と剪定を行った「枝垂桜」の樹勢回復治療にお伺いしました。
もうすぐ近くまで雪が降り始めた安曇野市三郷。同姓の方々が見守る桜です。

c0112447_1627404.jpg


春の開花前に枯枝除去と剪定をしてから、目立った枯枝もなく順調です。
開花時季と梅雨・夏と経過観察を重ねて、休眠期に入るこの時期に満を持して樹勢回復治療に入りました。

c0112447_16291665.jpg


アーバスキュラー菌という菌根菌と桜の根を共生させて、養水分の吸収を助け、樹勢を回復させます。

まずは4箇所に接種して今後の経過を観察します。
c0112447_16313696.jpg


時間のかかることですが、この桜を守っていきたいと願う皆さんと一緒に見守っていきます。


同じく安曇野市堀金で、この春ご相談を頂いて樹木治療を行ったツツジ。
治療前
c0112447_16345625.jpg

治療後
c0112447_16352339.jpg

ツツジと共生する菌根菌、エリコイド菌を接種して葉がモリモリ茂ってきました。
こちらも経過を観察していきます。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-11-14 16:36 | 樹木医 | Comments(0)
2012年 11月 06日

「ぶるっ!」

先日東京で2日間建築・庭・美術を見てきました。

特に圧巻だったのは

東京国立近代美術館で行われている展覧会「美術にぶるっ!

概要
美術にふるえたことがありますか?
美術を体感すること。深く感動すること。知的に考えること。
それらすべての出発点である衝撃を「ぶるっ!」という言葉で表しました。あらためて大切にしたいと思う美術鑑賞の原点です。

MOMAT Pavilion designed and built by Studio Mumbai も同時開催中です。
8月26日(日)―2013年1月14日(月・祝)
c0112447_753862.jpg


そして松濤美術館 「古道具その行き先 -坂田和實の40年」

白井晟一の設計のこの美術館と坂田和實の古道具が織りなす空間は独特です。
まるで祈りの空間のようでした。

c0112447_795273.jpg


c0112447_710322.jpg

ミースのBarcelona Stoolに座れるのも嬉しい。

いろんなモノ・建築・庭を見ているうちに、魂を揺さぶられるような瞬間があります。
まさに「ぶるっ!」今回感じたのは、松濤美術館の建築と東京国立近代美術館の展示です。

人の手を通して作られるものには必ず魂が宿るもの。執念のようなものが、視覚だけではなく魂に直接訴えかけてくるのでしょう。

だからこそ、作り手の思考・哲学・視線が大事なのだと思います。
表面的なものでは人の心までは届かない。そんなことを感じました。
特に音楽や建築のように一人では成し得ないものをプロデュースするには、周りを巻き込む人間力が求められるのだと。

マザー・テレサのかの有名な言葉。

Be careful of your thoughts,
for your thoughts become your words;
思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

Be careful of your words,
for your words become your deeds;
言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

Be careful of your deeds,
for your deeds become your habits;
行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

Be careful of your habits,
for your habits become your character;
習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

Be careful of your character,
for your character becomes your destiny.
性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。


モノの見方・考え方・思考の大切さを感じた2日間でもありました。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-11-06 07:22 | Comments(0)
2012年 11月 01日

諏訪の家

昨日は「諏訪の家」で、GA設計事務所さんが建物や植栽の様子を見にいらっしゃるというので、お施主さんにお誘い頂きお伺いしました。
c0112447_711874.jpg


お引渡し後初めての訪問でもあり、憧れの建築家、玉木さんともお会いしてお話が出来るとあって、初めてのデートにでも行くかのようにガラにもなくドキドキ・ワクワクしていました。


美味しい昼食を頂きながら、お施主さんご夫婦のお住まいやお庭のご感想や玉木さんのお人柄に触れることが出来てなんとも嬉しい時間を過ごすことが出来ました。

その後は松本に戻って「穂高の家」のお引き渡し。
喜んでいただけて、本当にやりがいがありました。

この仕事をしていたからこそ出会うことが出来た方々。僕は本当に周りの方々にも支えられ、人との出会いに恵まれているなぁと改めて感謝した一日でした。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-11-01 07:16 | 想い | Comments(0)