三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 07日

GW

仕事三昧であっという間に終了のGW。
お休みの合間、たくさんの打ち合わせありがとうございました。
今後の展開が楽しみです。

GW最終日は一旦仕事を諦めて家族で木曽へ。
信州やぶはら高原 こだまの森 は最終日も大賑わいです。
c0112447_11220410.jpg

本当の目的は日義「美しき里 わんぱく村」
c0112447_11221257.jpg
遊休農地を子供たちが思い切り遊べる場所にと住民が整備したとのことです。
地元の子供たちと混ざって遊んできました。
いろんな可能性を感じてきました。

いろんな構想もあるのですが
家族の介護のこともあり、しばらくの間sense of wonderをお休みをすることになっています。
また再開出来るようになったら改めて告知をさせていただきたいと思います。

2018年も1/3が過ぎてしまいました。
次の4ヶ月も気合いを入れて頑張っていきます。





[PR]

# by sanrakugarden | 2018-05-07 11:21 | sense of wonder | Comments(0)
2018年 04月 25日

倒木支柱

3月21日のお彼岸に降った大雪。湿って重い雪は雪かきも大変でした。
雪かきのお手伝いに伺った百瀬家庭園のシンボルの大赤松がなんと!!!
c0112447_19413259.jpg
雪の重みに耐えきれず傾いてしまいました・・・
数十年前に塀を作った際に太い根を切ったこと、隣に出ないように育ててきたことで片枝になっていたこと、この春剪定する予定で枝葉が茂っていたこと、などが原因と思われます。

普通であったら切られてしまうこのご時世ですが、ご当主、ご姉妹の決断で残していただくことになりました。

奇しくも前述した泉龍寺の伐採の1週間前です。
出来るだけ費用をかけず、木を起こして、支柱をするために、伐採した杉を使わせていただくことになりました。
c0112447_19421910.jpg
電柱のような太さの7mの丸太。小笠原建築さんの協力を得て皮むき、加工をしていただきました。


菌根菌による樹勢回復治療・太枝の剪定を行い、事前に丸太支柱の仮組みを行いました。

c0112447_19425788.jpg
c0112447_19452833.jpg
とても人の手で動かせるような重さではないので、丸太を組むにも一苦労です。

c0112447_19432685.jpg
通路ギリギリになんとか入った12tクレーンで木を吊り起こしたところに、7mの仮組みした支柱を差し込みます。
c0112447_19441274.jpg
支柱はクレーン車とユニック、バックフォーを使って四苦八苦しながらようやく目指す下枝に到達。
c0112447_19443654.jpg
c0112447_08282500.jpg
「なんとか助けてあげたい」。
そのお気持ちに応えられて、それだけで全てが報われました。
c0112447_19474951.jpg
c0112447_19445437.jpg
芽の伸長の早い今年の陽気に合わせて、連休中に芽摘みと剪定の予定です。

[PR]

# by sanrakugarden | 2018-04-25 08:15 | 樹木医 | Comments(0)
2018年 04月 24日

高木伐採/クレーン

松本市泉龍寺で高木の伐採・剪定を行いました。
杉の大木8本と伐採とヒノキ9本の高木剪定・芯止めです。
花粉が舞う前にと思っていたのに、予定がずれて飛散最盛期の伐採となって最悪のコンディションの中行われました・・・


                            施工前
c0112447_07184744.jpg
                            施工後

c0112447_07185801.jpg
施工前
c0112447_08002897.jpg
施工後  
c0112447_19473402.jpg
限られた期間の中で最大のパフォーマンスをするため、準備はバッチリです。
c0112447_07191426.jpg
c0112447_07194227.jpg
25tラフターと12tラフターとスタッフ10名で挑みました。

c0112447_07192177.jpg
c0112447_07195375.jpg
空中大木受け渡しの大技も出動、くしゃみが止まらない数日間でした。
c0112447_07200280.jpg
伐採した杉の丸太は遊建築さんが活かしてくれることになりました。感謝。


[PR]

# by sanrakugarden | 2018-04-24 19:50 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 03月 25日

3LUCK works 更新しました。

3LUCK works 追加更新しました。
c0112447_07124604.png

どうぞご覧ください。







[PR]

# by sanrakugarden | 2018-03-25 07:17 | 造園設計・ガーデンデザイン | Comments(0)
2018年 03月 21日

お別れ

樹木診断のご相談をいただいたのは2015年11月。
樹齢200年の赤松です。
c0112447_17111425.jpg
調子を崩して、枝のあちらこちらが茶色くなってきていました。
周辺に広がる松枯れを心配して、松本市の耕地林務課によるクイムシの検査もしていただいていましたが、結果は陰性でした。

庭木手入れの強剪定による樹勢の衰退が原因と判断しました。

翌2016年の6月、枯れ枝の落下を防ぐため、枯れ枝の枝下ろし。
c0112447_17112113.jpg
樹高は15mを越えるため、当社のクレーン車では届かず、ツリークライミングを駆使して枝下ろしをしました。

あれから約3年。弱った木がマツクイムシの被害にあわないように、薬剤の散布をさせていただいたり、お任せいただいた庭木の手入れをしながら様子をずっと見てきました。
昨年の秋には緑色の葉が少なくなり、この冬生命を全うしました。

c0112447_17113232.jpg
生命を全うしたと言い切るには、人為的な弊害があって樹勢を弱らせたこと、自分も関わりながら諸々の事情や決断もあって十分な治療を施さなかったこと、もっとやれることがあったのではという後悔もあって、素直に受け入れない自分もいます。

樹木の最後に立ち会うことが多い私たちですが、いつもやれることをやりきれていないことに苦しさを覚えます。

直接、診断や治療に携わる私たちがこんな想いを抱えるのですから、樹木の健康を願いながら、毎日様子を見て手を施すことの出来ないお施主さんにとってはもっとやりきれない日々だったと想像します。
先祖から受け継ぎ、守ることを託され、子供の頃から当たり前のようにそこにいたのですから。


c0112447_17114269.jpg
前日からお酒を絶って、身を清め、当日はお施主さんとお酒とお塩を供え、想いを伝えてから伐採作業となりました。
最後に立ち会うため、お施主さんもご夫婦でご都合合わせていただき、この木に捧げる詩(うた)をよんでいただきました。

c0112447_17115415.jpg
ただただ、感謝と後悔に包まれるなんとも言えない気持ちを抱きながらの伐採ですが、こういう悲しさを抱きながら伐採することで、新しく作る庭つくり、これから植える木々には健やかに育って欲しいと願いを込めて、想いをめぐらし、工夫をして、木を選んで、植栽に挑みます。


お別れするまでに心を整理する時間をもらえたということは幸せです。
別れの季節でもある3月。
ふとあの詩が思い浮かびます。

暮れなずむ町の 光と影の中
去りゆくあなたへ 贈る言葉
悲しみこらえて 微笑むよりも
涙かれるまで 泣くほうがいい
人は悲しみが 多いほど
人には優しく できるのだから
さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉



[PR]

# by sanrakugarden | 2018-03-21 17:32 | 樹木医 | Comments(0)