人気ブログランキング | 話題のタグを見る

三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2022年 09月 21日

工場緑地管理

松本市の工業団地で工場緑化の管理が始まりました。
工場緑地管理_c0112447_21210336.jpg
刈る、刈る、刈る
工場緑地管理_c0112447_21204930.jpg



# by sanrakugarden | 2022-09-21 21:21 | 庭木手入 | Comments(0)
2022年 09月 20日

土つくり

秋の植栽工事のために土つくりをしています。

どうしたらもっと植物が元気になって、良い環境を作れるのか?
今年から作り始めた腐葉土
剪定枝や落ち葉を粉砕して、水を与え、水分量を調整しながら発酵を促し、
土つくり_c0112447_17505273.jpg
一次発酵で温度を上げて雑菌や病気、草のタネなどを殺菌。
土つくり_c0112447_17504789.jpg
二次発酵で熟成を促し完成するのに3ヶ月。
土つくり_c0112447_17481820.jpg
この腐葉土を黒土のストックヤードに運んで
土つくり_c0112447_17483570.jpg
土つくり_c0112447_17484533.jpg
黒土に20%ほど混ぜて追熟と土の団粒化促進を促します。
樹木は有機物を微生物に分解してもらい、そこから養分を吸収します。
だからこそ、微生物がイキイキと暮らす土を作らなければなりません。

きっと人の暮らしや樹木の育つ環境を良くしようと思ったら、それを取り巻く環境やそこに生きる命みんなが
喜ぶ環境を作らなくてはいけないのだと思います。

より良い土つくりがみんなの環境をより良い活性につなげてくれると信じて、研究と開発をしていきます。

こうして土壌改良された土が現場に運ばれ、新しい環境で樹木や微生物、昆虫たちの命を育みます。


潮が満ち、潮が引く。冬が去り、夏が来る。夏が衰え、寒さが増す。太陽が昇り、太陽が沈む。満月になり、新月になる。渡り鳥が飛んで来て、渡り鳥が飛び去る。花が咲き、花が枯れる。種がまかれ、収穫される。全ての自然は循環しており、私もまた自然の一部である。 -オグ・マンディーノ-




# by sanrakugarden | 2022-09-20 18:01 | 樹木医 | Comments(0)
2022年 09月 20日

水はけ改善/透水工事

諏訪市で水はけ改善工事を行いました。
150年以上この地に根を張って生きている古民家。こちらは何度か造園工事で携わり、年に2回庭木の手入れにもお伺いさせていただいています。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17061083.jpg
この家を愛してお住まいになっていたご家族がお引越しされ、家主さんが次にお住まいになる方のために、建物の保全と水はけの改善のために透水工事をご依頼いただきました。
傾斜地ではあるものの、長年のお住まいで昔ながらのタタキは踏みしめられ、水が溜まってしまうような状況です。
水の流れ出す場所や低い場所、流れを誘導出来る場所にエンジンオーガで1m近い穴を掘ります。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17100116.jpg
水はけ改善/透水工事_c0112447_17034223.jpg
水はけ改善/透水工事_c0112447_17100946.jpg
埋めた竹は30年は腐らずに原型を保ちます。
穴に流れ込んだ土で空隙が埋まらないように籾殻で埋め戻します。籾殻もセルロース・リグニンからなる70%の炭水化物と15〜20%がシリカ(酸化ケイ素)から構成され自然分解されるまで長い時間を必要とします。
自然に無理な不可を掛けない素材を使って透水工事を行います。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17101765.jpg
この穴を建物の周りや蔵周り、雨落ち、雨樋に35箇所掘りました。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17103404.jpg
水はけ改善/透水工事_c0112447_17283250.jpg
この工事で建物の寿命、敷地の活力が大幅に改善出来ると思います。

この夏に行った弊社の畑での透水工事はもっと規模の大きなものです。
大きな排水枡の底をぶち抜き、巨大な透水枡を作り、その穴に向けて排水溝を掘ります。
赤土で通水の悪い溝にオーガで一定間隔で穴を掘り、そこに竹と籾殻を充填して縦穴の排水穴を作ります。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17271757.jpg
水はけ改善/透水工事_c0112447_17300860.jpg
水はけ改善/透水工事_c0112447_17303559.jpg

周りの土が溝や穴を埋めないように、分けていただいた竹を細かく敷き詰め、隙間に籾殻を充填します。
子供達も手伝ってくれました。

水はけ改善/透水工事_c0112447_17305456.jpg
さらにこの上に剪定枝や常緑樹の硬い葉を敷き詰めます。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17413658.jpg
こうすることで自然素材だけで巨大な濾過装置を作ることが出来ます。
この上に浸透性のマットを敷いて、単粒の砕石で埋め戻します。
水はけ改善/透水工事_c0112447_17414409.jpg
構造物を作らずに、出来るだけ身近にある素材で、自然に負荷のかからない透水工事が出来ました。
もちろん、水はけは抜群に良くなりました。


# by sanrakugarden | 2022-09-20 17:40 | 樹木医 | Comments(0)
2022年 08月 28日

高木伐採・枝処分

松本市で育ちすぎた木々の伐採を行いました。

今まで見守ってくれた木々に感謝し、木霊が別の良い場所で新たな命を授かるように願ってお清めをしました。
ヒマラヤスギとクヌギが2本。これを3人で1日で伐採から片付けまで行います。


高木伐採・枝処分_c0112447_08313276.jpg
高木伐採・枝処分_c0112447_08313935.jpg
現場にウッドチッパーを持ち込み、出てきた枝葉をその場で粉砕してトラックに積み込みます。
高木伐採・枝処分_c0112447_08314751.jpg
ゴモクグミ 岡上さんにもご協力いただき無事に完了しました。
高木伐採・枝処分_c0112447_08315644.jpg
高木伐採・枝処分_c0112447_08320401.jpg
大きな幹はお客さんが薪ストーブの薪に。枝葉はお庭の防草用にウッドチップ堆肥を作ります。

そして翌日はゴモクグミ岡上さんの現場に助っ人。
こちらも別荘地で剪定したカラマツの枝葉を現場で粉砕しました。
高木伐採・枝処分_c0112447_08321325.jpg
ダンプに積み込んだら5台分ぐらいの枝葉を1台で積み込むことが出来ます。
運搬費、労務費の大幅な節約が可能です。



# by sanrakugarden | 2022-08-28 08:37 | 庭木手入 | Comments(0)
2022年 08月 28日

透かし剪定

お盆明けもお待たせしていた庭木の剪定にお伺いしています。

こちらは10年ほど前に弊社で植栽させていただいた赤芽ソロ株立とヤマボウシ株立、黒文字です。
透かし剪定_c0112447_08243366.jpg
数年に1回のペースの剪定のため、大きくもなったし、隣家にも越境してしまいました。

強すぎず、弱すぎず、軽やかに剪定することで、木々の健康を守りながら、心地良い空間を作ります。
透かし剪定_c0112447_08244154.jpg
透かし剪定_c0112447_08280236.jpg

植栽後初めて本格的な剪定に入りました。
健康に順調に育っています。
透かし剪定_c0112447_08280904.jpg




# by sanrakugarden | 2022-08-28 08:29 | 庭木手入 | Comments(0)