三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 16日

樹木診断

今年の春、知人に紹介されて手入れにお伺いした黒松が調子が悪いとのこと。
様子を見に行くとまっ茶色・・・はて?これはどうしたことか??手入れが悪い訳ないし・・・
c0112447_1211883.jpg

c0112447_12114077.jpg


褐斑葉枯病?それにしてもこの時期に木全体が茶色くなっているので、マツノザイセンチュウの疑いも?という訳でいつもの強面(コワモテ)の樹木医仲間に相談すると、われ等がアニキにも声を掛けてもらって出た診断は?要注意!とのこと。

早速検査機関で調べてもらうと、「白」でした。
検査して分かったことは葉ふるい病マツモグリカイガラ、ハダニに感染しているとのこと。

ではなぜ?ここまで猛威をふるったのか?
担当検査官と問答をしていると、大事なことに気が付きました。
{そういえば、春に手入れに行った際、不自然な枯れ方をしているツツジを見つけて奥さんに聞いたところ、旦那さんが亡くなって手入れをしてくれる人がいないので草取りが大変で除草剤を撒いたということ}
そうです!除草剤の影響です。しかも聞けば粒剤とのこと。
除草剤の種類にも因りますが、松は除草剤に対して感受性が強い。
葉ふるい病は感染力も強いものの、樹勢が弱った木で発生する。
しかも松の近くが駐車場としても使われているため、根系が圧迫されてもともと体力がなかったと思われます。
改めて樹木診断の難しさと、目に見える症状だけにとらわれず、大きな視野にたって見なくてはならないことを勉強させてもらいました。
今後は病気の治療と樹勢回復は別物。時間をかけて治療していきます。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-09-16 12:29 | 樹木医 | Comments(2)
Commented by さくらや at 2010-09-16 21:39 x
こんばんは!
よく、強面の樹木医とありますが、うちの地元のS氏ですかね~?
松ですが、この症状最近1,2年で何箇所もありますね!
除草剤ですか!
これも同じです!
一箇所のは、植え替えたら復活しましたね!
Commented by sanrakugarden at 2010-09-17 17:35
OH!NO!S氏はアニキですよ。僕は気の弱い方のミハラ。
いるじゃないですか!地元に!顔がイジョウに黒くて、背が高くて、神出鬼没で、いつも鬼のように突っ立っている人が・・・
たしか?エクストレイルに乗っていたかなぁ?
そういえば、こちらの方も櫻屋さんもかなり匂いのキツイ蓼(タデ)ですなぁ・・・(笑)


<< 庭とは何ぞや?      穿孔性害虫 >>