三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 27日

調査・提案・完成・着工

日曜日は打ち合わせへ。

studio aula 設計・管理で現在建築中の住宅「繭玉の家」で計画中のお庭つくりでは、現在お住まいの住宅やお庭に植えてある移植可能な下草や樹木をお施主さんと選びました。
c0112447_512259.jpg


近隣の山に繋がる緑豊かな庭?林?の中に自生する植物たちはとても魅力的です。そんな植物たちを使った庭作りはとても楽しみな仕事になりそうです。

藤松建築設計室 設計監理の住宅 「笹部の家」は2期工事の打ち合わせ。
5月に植栽した樹木たちもスクスクと元気に育っています。
暑い夏に一生懸命目配り・気配りしてくださったおかげです。感謝しています。

c0112447_1011205.jpg

夕方からはやはり新築中のお客様にプランの提案と以前施工したお庭へとご案内しました。
野鳥が訪れてくれることを願ったプランは野趣に溢れて素敵なお庭になりそうです。

松本市岡田伊深の庭
着工前
c0112447_10105083.jpg

一番暑い時期に急遽行わなければならなかった樹木の移植も、なんとか無事全部の樹木が根付いたようです。既存のお庭で使われていた石と植物を移動しての庭作り。
厳しい暑さの中でしたが、お施主さんの心温かいサポートもあって無事お庭は完成しました。
c0112447_5231164.jpg


残す所は解体工事のみ。最後のお引渡しまで力を尽くします。

そして studio aula 設計・管理で昨年竣工した住宅 伊那市の「くるむ家」が着工しました。
c0112447_5285254.jpg


長いことご両親が大事に育てて来られたお庭や植物を生かしながら、周りの素晴らしい景観と繋げる庭作りが始まりました。

既存樹の整理、草刈り、移植などをして展望が開けました。
c0112447_5283783.jpg


8月もあと僅か。9月はモーレツに動きます。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-08-27 05:23 | 造園設計・ガーデンデザイン | Comments(0)


<< くるむ家 炉      岡田 伊深の庭 >>