三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 28日

仕上げ

松本市 「土間を囲む家」はいよいよ仕上げの段階に。
雨降りに曇天が続き、植栽をするには良いのですが、なかなか予定通りに進んでくれません。
c0112447_16451988.jpg


植栽が入って庭が庭らしくなってきました。
c0112447_16452467.jpg


庭を設計するのに一番大切にしていることは、
1.「普遍性」があること。時代を越えて美しいと感じられる素材・技法・考え方を大事にしています。
2.「今」を感じることが出来ること。現代または一歩先を見据えること
3.「自然への感謝」 庭を通じて自然に対する興味や関心、感謝や感激を得られるきっかけを作ること
4.「最適解」この場所・環境・建築・人・予算など、あらゆることから私達の最適解を導き出すこと
5.「三方良し」売り手良し・買い手良し・世間良し。共に良くなる方向を考えます。

言うは易し行うは難しです。
仕事は修行だといつも思います。仕事を通じて自分を磨き、人や周りに良い循環を作る。人としての器をどうやって大きくしていくか?
悩みどころは沢山ありますが、目の前の課題をひとつひとつ解決していきます。

さて、お盆前に伺った「中越の家」モミジに心配事がありますが、庭の緑は色濃く、元気に木々が成長していました。
c0112447_17151511.jpg


「諏訪の家」もシンボルツリーに心配事がありますが、木々は枝葉を茂らせ、草花も咲き誇っていました。
c0112447_17165740.jpg

c0112447_17173711.jpg


久しぶりにお客さんとお会いしていろんなお話が出来ました。
「庭」を通じていろんな方と出会える。これが一番の宝物だと思います。
[PR]

by sanrakugarden | 2014-08-28 17:18 | 仕事日記 | Comments(0)


<< 材料調達      お盆前 >>