三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 08日

ヤマアジサイ

7月に入り、蒸し暑い日が続いています。

今年の梅雨はなかなかしっかりとした雨が降らず、乾燥ぎみ。全国ではダムの水が少なく、節水を呼びかけているところもあるそうです。

雨が少なくて困るのは植物もおなじ。
花の減ってくるこの時期、梅雨に濡れて美しく映えるアジサイも、今年は少し暑そうにしています。

c0112447_17312871.jpg


アジサイよりも葉も花も小さめで、繊細な姿をしたヤマアジサイ。
松本市の弘長寺や法船寺のアジサイも満開の花を見ることが出来ました。

ほんの少しですが、種類をご紹介します。


ヤマアジサイ ユキノシタ科アジサイ属
サワアジサイとも呼ばれ、本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮半島南部の山地の谷沿いや湿った斜面など、湿気の多い場所で多く見られます。株立ちで1〜2mほどになる落葉低木です。若枝は淡緑色で葉は互生、長さ10〜15㎝、幅5〜10㎝の長楕円形をしています。表面はやや光沢あり、縁の鋸歯は粗めのギザギザから波状のものまでさまざあります。花は6〜7月、枝先に直径5〜10㎝の集散花序をつけます。小さな両性花の周りを直径1.5〜3㎝の装飾花が取り囲んでいます。





c0112447_17312813.jpg

七人の小人
四国産。
薄い水色の装飾花は一重、全ての弁が合着して盃状になった変わった形をしています。


c0112447_17353209.jpg


海峡
韓国済州島産。
小型種。花色は青紫。写真よりも青が濃く、一重で小さめです。葉の長さも2〜3㎝と小さく、遅咲きの花です。



c0112447_17312990.jpg

クレナイ
長野県伊那で発見されたもの。
咲き始めは白く、徐々に、赤みを増して真紅になります。一重で装飾花は3枚が多いようです。

c0112447_17313021.jpg

雨情
高知県産。
白い花に緑や薄紫の絣が入ります。一重の花弁は幅が広く先は鋭く尖ります。詩人、野口雨情から名前をとったそうです。



山地の気候により様々な、種類、交配種があるヤマアジサイ。育てていても品種がわからないのも多々あります..
c0112447_17313083.jpg

両性花も装飾花も青が濃く、先の尖ったもの。
c0112447_17313154.jpg

ごく薄い水色からだんだんと赤がさしてきたもの。葉は濃い緑。
(ヤマアジサイは、始めは白や薄青で、後に淡紅色になるものが多いそうです。)



その繊細で雰囲気のある姿だからか、つけられた名前も趣があるものが多いように感じます。
今年買った、”伊予の薄墨”と”伊予の盃”も素敵な名前。来年の花を見るのがいまから待ち遠しくてたまりません。

雨はなくとも、曇りがちな日が多くなる梅雨。憂鬱な気持ちも少し明るくしてくれる花です。



三村
[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-08 15:58 | sense of wonder | Comments(0)


<< 燕岳      植栽完了 >>