三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 27日

ホスタ

ホスタ?

最近は草木の名前も和名から学名へと表記が変わり、”はて?新しい種類かな?”と、戸惑ってしまうこともしばしばです。

ホスタも私の中ではその仲間。
”ん?”と思って鉢にささったラベルに目を通すと、親しみのあるギボウシの文字がありました。

ホスタとはギボウシのこと。春に食べる、山菜のウルイの事です。
小さなうちはシャキシャキとしてとても美味しい山菜ですが、大きくなるとその立派な葉がお庭のいいアクセントになる草花へと進化をします。

c0112447_18405999.jpg



梅雨のなかなか開けないこの時期は、咲く花の少ない時期でもあります。
緑ばかりになってしまうお庭でも、よく見ると葉の形は様々。そんな中で、ホスタの大きな葉はいい仕事をしてくれるのです。


c0112447_18410033.jpg




ホスタ(ギボウシ) キジカクシ科ギボウシ属
山野の草地や林内に生え、草丈50〜100㎝ほどになる多年草。 ギボウシ属は東アジア特産属で、ウルイと呼ばれる一般的なものはオオバギボウシ。他にも、葉が小さなコバギボウシ、湿地帯に生えるミズギボウシなどがあります。 オオバギボウシの葉は大きく、長い柄があり、長さ18〜30㎝、幅10〜15㎝ほど。先はとがり、裏面は脈が隆起し、小さな突起が脈上に少しあります。花は7月〜8月。高さ60㎝にもなるものもある、長い花茎を持ち、白〜淡紫色の花を横向きに多数つけます。実は朔果で、種子は片側に翼がある平な楕円形をしています。




そんなホスタは、雑種ができやすく種類も豊富です。 大きな葉がとお勧めしましたが、小さな種類の可愛いもの、葉の色も明るい黄緑色から青みがかったもの、斑入りのものまで様々あります。


c0112447_18410013.jpg

葉の形の丸くて可愛いこちらは”ラブパット”という品種。ブルー系の葉はカップ状になり、草丈は100センチほどになります。


c0112447_18410191.jpg

姫トクダマギボウシ
葉の大きさは5㎝と小さめ。全体も15㎝と小柄です。


c0112447_18410278.jpg

ビッグダディ
枝張りは90㎝、高さ60㎝前後になります。 やや大型種。葉の大きさが30㎝と大きめ。


c0112447_18410272.jpg

ビッグママ
ビッグダディの奥さん(?) で、ダディより大きい種類。灰緑色に近い青色の葉で、枝張り120㎝ほどになる。



c0112447_18410369.jpg

一株で1メートルほどにもなるので存在感たっぷりですが、和風の庭にも、洋風の庭にもとても馴染みやすく、取り入れやすいお勧めの植物です。




三村








[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-27 17:27 | sense of wonder | Comments(0)


<< 夏休み      7月も >>