三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

お別れ

樹木診断のご相談をいただいたのは2015年11月。
樹齢200年の赤松です。
c0112447_17111425.jpg
調子を崩して、枝のあちらこちらが茶色くなってきていました。
周辺に広がる松枯れを心配して、松本市の耕地林務課によるクイムシの検査もしていただいていましたが、結果は陰性でした。

庭木手入れの強剪定による樹勢の衰退が原因と判断しました。

翌2016年の6月、枯れ枝の落下を防ぐため、枯れ枝の枝下ろし。
c0112447_17112113.jpg
樹高は15mを越えるため、当社のクレーン車では届かず、ツリークライミングを駆使して枝下ろしをしました。

あれから約3年。弱った木がマツクイムシの被害にあわないように、薬剤の散布をさせていただいたり、お任せいただいた庭木の手入れをしながら様子をずっと見てきました。
昨年の秋には緑色の葉が少なくなり、この冬生命を全うしました。

c0112447_17113232.jpg
生命を全うしたと言い切るには、人為的な弊害があって樹勢を弱らせたこと、自分も関わりながら諸々の事情や決断もあって十分な治療を施さなかったこと、もっとやれることがあったのではという後悔もあって、素直に受け入れない自分もいます。

樹木の最後に立ち会うことが多い私たちですが、いつもやれることをやりきれていないことに苦しさを覚えます。

直接、診断や治療に携わる私たちがこんな想いを抱えるのですから、樹木の健康を願いながら、毎日様子を見て手を施すことの出来ないお施主さんにとってはもっとやりきれない日々だったと想像します。
先祖から受け継ぎ、守ることを託され、子供の頃から当たり前のようにそこにいたのですから。


c0112447_17114269.jpg
前日からお酒を絶って、身を清め、当日はお施主さんとお酒とお塩を供え、想いを伝えてから伐採作業となりました。
最後に立ち会うため、お施主さんもご夫婦でご都合合わせていただき、この木に捧げる詩(うた)をよんでいただきました。

c0112447_17115415.jpg
ただただ、感謝と後悔に包まれるなんとも言えない気持ちを抱きながらの伐採ですが、こういう悲しさを抱きながら伐採することで、新しく作る庭つくり、これから植える木々には健やかに育って欲しいと願いを込めて、想いをめぐらし、工夫をして、木を選んで、植栽に挑みます。


お別れするまでに心を整理する時間をもらえたということは幸せです。
別れの季節でもある3月。
ふとあの詩が思い浮かびます。

暮れなずむ町の 光と影の中
去りゆくあなたへ 贈る言葉
悲しみこらえて 微笑むよりも
涙かれるまで 泣くほうがいい
人は悲しみが 多いほど
人には優しく できるのだから
さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉



[PR]

by sanrakugarden | 2018-03-21 17:32 | 樹木医 | Comments(0)


<< 3LUCK works 更新...      防草シート敷き工事 >>