人気ブログランキング |

三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 11日

植栽シーズン

稲刈りが始まったり、松茸が採れ始めたというニュースもある中、9月になっても暑い日が続いています。
残暑でざんしょ・・・

昨年植栽工事を行なった「北軽井沢の別荘」では追加植栽工事とアプローチ・ガレージの整備を行いました。
c0112447_16411559.jpg
整地された土に草が生えてしっとりと落ち着いた雰囲気になっていました。
c0112447_16414073.jpg

樹木は想像以上に元気に育っていました。別荘で水管理が心配でしたが、お施主さん施工の自動潅水装置が素晴らしい仕事をしてくれました。

里山辺では植栽工事が始まっています。
c0112447_16415609.jpg
c0112447_16420481.jpg
こちらも芝の入荷を待って仕上げとなります。
まだ暑い日があると思いますので、水管理よろしくお願いいたします。




# by sanrakugarden | 2019-09-11 16:46 | 季節 | Comments(0)
2019年 08月 23日

8月

暑い夏でした。ようやく涼しくなって虫も声高々です。

c0112447_19105938.jpg
7月26日から8月3日までイギリスに勉強に行くために、工事や庭木手入れの日程調整をいただきありがとうございました。目一杯働いて、心おきなく旅に出ることが出来ました。
c0112447_19111995.jpg
慣れた環境から一歩外に出て、見たことのない景色を見る、得意で無いことを経験する、迷う、解決するために考える。感動する。
c0112447_19111313.jpg
単純にそれだけで大きな収穫です。
c0112447_19112698.jpg
イギリスを訪ねるのは20年ぶり。
ロンドンの街の人種の多様性は感動的でした。
c0112447_19110724.jpg
こんなにも多くの人種が、なんだかんだ言いながら共存している街はとても刺激的だけど心が温まります。
いろんな問題は抱えているのはどこも一緒だけど、みんな楽しそうに暮らしている。ちょっとずつ譲り合えばこんな多様性を認め合う社会が作れるという手本のような気がしました。確かロンドンオリンピックも多様性が最大のテーマでした。
c0112447_19115380.jpg
もう一つはテクノロジーの進化によって世界がより近くなったことを実感したこと。
c0112447_19120096.jpg
そして世界はもっと身近なものになることを確信して帰ってきました。
c0112447_19114016.jpg
次の時代に向けて必要なことは何か?人々は何に価値を見出して行くのか?
おそらく資本・文化の蓄積が世界で最も大きい国の一つであるイギリスが、産業革命から世界大戦を経てEUとの決別を選択する苦悩がわずかですが垣間見れた気がします。
c0112447_19113347.jpg
美しく暮らすということは、時間と教養と蓄積が大事なことを大いに学ばせていただきました。

年末まで一気に走り抜けようと思います。




# by sanrakugarden | 2019-08-23 19:43 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2019年 07月 26日

イギリス出張

7月27日から8月3日まで勉強のためイギリスに出張しています。ご連絡はinfo@sanrakugarden.jpまでよろしくお願いいたします。

# by sanrakugarden | 2019-07-26 07:01 | Comments(0)
2019年 07月 10日

竹垣

塩尻市で2013年竣工した、スタジオアウラさん設計監理の住宅「繭玉の家」
毎年の庭木手入れにお伺いしました。
6年経過した竹垣
c0112447_06202063.jpg
竣工時
c0112447_1750384.jpg
c0112447_06202677.jpg
c0112447_17482345.jpg
c0112447_06201455.jpg
c0112447_17513876.jpg
古美た竹は美しい。
古くなるっていいな。と感じることが出来ます。

1本ずつ鉄の桟に括ってあるので、消耗した竹を1本ずつ交換出来ます。
丸竹は1本ずつが長いので高さを自由に設定出来ること、裏表から見ても綺麗なこと。入手しやすいこと。
様々な利点があります。

c0112447_06205273.jpg
こちらはコンクリートのビシャン仕上げのアプローチ。
時間の経過と共にまるで石のような表情になってきました。
目地に植わるクリーピングタイムもお客さんが丁寧に刈り込んでくれるおかげで
とても綺麗に保たれています。








# by sanrakugarden | 2019-07-10 06:31 | 造園工事 | Comments(0)
2019年 07月 07日

高木剪定

ぐずつく天気が続く毎日ですが、なんとか日程をやりくりしながら剪定を進めています。
今年は年回りで大きな木の剪定が多いのが特徴的です。

2015年9月に竣工した「山形の家」
竣工後初めての本格的な庭木手入れです。
 作業前
c0112447_08261978.jpg
路地が塞がりかけてくるほど枝葉が茂ってきました。

作業後
c0112447_08262621.jpg
自然樹形を残しつつ、枝葉を透かして涼しげな手入れにしています。

続いて白樺の剪定
こちらは2年ぶりですが、萌芽力が旺盛なので2年置くと茂り過ぎてしまいます。
c0112447_08263971.jpg
作業後
c0112447_08264696.jpg
梅雨のこの時期だからここまで透かすことが可能です。出来るだけ幹元に近いところで木の姿を整えます。

松本市で手がけているコウヤマキの剪定
とんでもない大きさですが、これからも維持管理出来るように少しでも幅を抑えて剪定していきます。
c0112447_08311815.jpg
作業中
皮を1枚脱いだら、中から新しい木が出てきたようです。
c0112447_08312991.jpg
5月に竣工した木曽町の「四季を感じる家」

c0112447_15271891.jpg
c0112447_09063615.jpg
c0112447_08314152.jpg
適度な降水と温度の上昇で芝の生育はいたって順調
お客さんの献身的な潅水のおかげでとても綺麗な芝が出来上がっていました。
c0112447_09073241.jpg
c0112447_08382170.jpg




# by sanrakugarden | 2019-07-07 08:38 | 庭木手入 | Comments(0)