人気ブログランキング |

三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:庭木手入( 32 )


2020年 07月 16日

雑木/庭木手入れ 

雨が降ったり、止んだり。なかなか落ち着かない中ですが、ようやく毎日剪定にお伺い出来るようになりました。
今日は弊社でリフォームした「野溝木工のリフォームガーデン」へ。
雑木/庭木手入れ _c0112447_19220165.jpg
今年はどこのお宅も例年より強い枝の伸びがないように思えます。力強さにかけるというか・・・
雨の多い年は蟻の被害も多くなっています。
雑木の庭木手入れは透かして枝先を縮めながらも、軽く自然に仕上げます。
雑木/庭木手入れ _c0112447_19221117.jpg
明るくなりました。一年に一度お伺いする家もあれば、一年に二度お伺いする家もあります。樹木の種類や成長度合いを見ながら、剪定の強弱を調整します。
雑木/庭木手入れ _c0112447_19221975.jpg
グッと明るくなりました。
竣工から7年経ちますが、1年に1回の手入れで樹木の高さ・密度もちょうど良くコントロール出来ています。


by sanrakugarden | 2020-07-16 19:32 | 庭木手入 | Comments(0)
2020年 07月 05日

残枝処分料値上げのご連絡

残枝処分料値上げのご連絡_c0112447_14463549.jpg

お客様各位


残枝処分料値上げのお願い

                                                         

                                   三楽

                                   三原 伸能

時下、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶申し上げます。

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

残枝処分料の値上げをお願いしたく、ご連絡いたしました。

令和2年4月1日より、産業廃棄物処分業者の剪定枝葉の処分料がおおよそ2割の値上げとなりました。

企業努力だけでは困難な状況であると判断し、今回価格を改定させていただきたいと存じます。

このご時世、大変恐縮ではございますが、令和2年7月1日より適用させていただきたく御理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。


1、2t車1台    残枝処分料 ¥10.000(20%アップ)


2、軽トラック1台 残枝処分料 ¥3.000(コンパネ)¥2.000(平積み)


3、運搬費別途  処分場往復¥3.000(塩尻市上西条または松本市島内)


4、 処分費は処分場の定めた金額となりますが、運賃を含んだ処分料をご請求させて

  ください。何軒かの御宅のゴミを1台にまとめて処分することもございますので、

  その際は各御宅の排出量に応じた金額をご請求させていただきます。


5、松本市島内の松塩広域施設組合処分場は秤に乗って重量を計測しますので、

  総重量が軽くて処分料を少しでも安く出来るときは松本市処分場へ。

  塩尻市上西条の住岡産業は体積で計算しますので、重たいゴミは住岡産業へ運びます。


6、運搬距離、運搬時間を考慮して処分場を決めさせていただくこともございます。


7、作業時間内に運搬・処分を行えた時は燃料費以外の運搬費はご請求

  いたしません。



今後とも引き続き皆さまのお役に立てるように仕事の質、サービスを高めて参ります。

引き続き何卒よろしくお願いいたします。




by sanrakugarden | 2020-07-05 14:53 | 庭木手入 | Comments(0)
2020年 06月 29日

強剪定

松本市で植栽後6年経過した樹木の剪定を行いました。
大きくなりすぎて、道路に越境したり、通路を妨げ始めています。
昨年の秋からお声をかけていただいてありましたが、この時期までお待ちいただきました。

剪定前
強剪定_c0112447_18301668.jpg
剪定後
強剪定_c0112447_18303115.jpg

かなりの強剪定ですが、形を作り直すにはこの時期に強く剪定して樹形を修正していくしかありません。

剪定前
強剪定_c0112447_18302497.jpg
剪定後
強剪定_c0112447_18304215.jpg
落葉樹だけでしたら真冬に切りたいところですが、常緑樹もあるので寒さの厳しい信州ではあえてこの時期に強く剪定して新しい芽を吹かせ、
ある程度芽がしっかりしてから寒さを迎えられるようにします。
この後、秋または来年この時期に剪定をすると、高さや横幅を抑制しながら枝ぶりを充実させることが出来ます。


by sanrakugarden | 2020-06-29 18:38 | 庭木手入 | Comments(0)
2020年 05月 16日

赤松の剪定・芽摘み

赤松の剪定、芽摘みシーズン真っ只中です。
赤松の剪定・芽摘み_c0112447_16303531.jpg
2018年初春の湿った大雪で倒れた百瀬家庭園の赤松です。
倒れた影響では枯れ枝一つ出すことなく、健全に育ってくれています。

丁寧に枝を透かして芽を摘んでいきます。
赤松の剪定・芽摘み_c0112447_16374659.jpg

赤松の剪定・芽摘み_c0112447_16351358.gif
敷地内にある大きな松は4本のうち、残りあと2本です。この春松の剪定にお伺いするのはあと4軒。芽が硬くなる前に剪定する為に時間との戦いです。


by sanrakugarden | 2020-05-16 16:25 | 庭木手入 | Comments(0)
2019年 07月 07日

高木剪定

ぐずつく天気が続く毎日ですが、なんとか日程をやりくりしながら剪定を進めています。
今年は年回りで大きな木の剪定が多いのが特徴的です。

2015年9月に竣工した「山形の家」
竣工後初めての本格的な庭木手入れです。
 作業前
高木剪定_c0112447_08261978.jpg
路地が塞がりかけてくるほど枝葉が茂ってきました。

作業後
高木剪定_c0112447_08262621.jpg
自然樹形を残しつつ、枝葉を透かして涼しげな手入れにしています。

続いて白樺の剪定
こちらは2年ぶりですが、萌芽力が旺盛なので2年置くと茂り過ぎてしまいます。
高木剪定_c0112447_08263971.jpg
作業後
高木剪定_c0112447_08264696.jpg
梅雨のこの時期だからここまで透かすことが可能です。出来るだけ幹元に近いところで木の姿を整えます。

松本市で手がけているコウヤマキの剪定
とんでもない大きさですが、これからも維持管理出来るように少しでも幅を抑えて剪定していきます。
高木剪定_c0112447_08311815.jpg
作業中
皮を1枚脱いだら、中から新しい木が出てきたようです。
高木剪定_c0112447_08312991.jpg
5月に竣工した木曽町の「四季を感じる家」

高木剪定_c0112447_15271891.jpg
高木剪定_c0112447_09063615.jpg
高木剪定_c0112447_08314152.jpg
適度な降水と温度の上昇で芝の生育はいたって順調
お客さんの献身的な潅水のおかげでとても綺麗な芝が出来上がっていました。
高木剪定_c0112447_09073241.jpg
高木剪定_c0112447_08382170.jpg




by sanrakugarden | 2019-07-07 08:38 | 庭木手入 | Comments(0)
2019年 06月 15日

一つの命

剪定シーズン真っ只中です。今年の梅雨は雨が多いので予定を立てるのもひと苦労です。
三楽では1年に2回お伺いするお客様、1年に1回、2年に1回、伸びすぎて困ったら剪定など、お客さんのご要望と植木の種類や大きさに合わせて剪定の回数/年をご相談しながら行っています。
木の種類によりますが、小さくしようと強剪定をすればするほど反発して枝を伸ばす木や、太い枝を切ることで弱る木、こまめに剪定した方が良い木など様々です。
庭木は人が管理することで大きさを調整しながら、限られたスペースで育てていることが多いので、毎年または年に2回くらい剪定することで木々への負担を減らしながら良好な景観・健康状態を維持していくことが良いと思います。

こちらは毎年剪定しているケヤキです。
剪定前
一つの命_c0112447_18593283.jpg
剪定後
一つの命_c0112447_18594194.jpg

剪定前
一つの命_c0112447_18595345.jpg

剪定後
一つの命_c0112447_19000275.jpg
毎年剪定しているので樹高10mぐらいのこの木で一人半日で剪定が可能です。
自然樹形を維持しながら、枝を伸ばしすぎないように管理しています。
大きくなるケヤキは枝を伸ばしすぎて、手に負えずに太いところでブツっと切るので、そこからホウキのように枝が出てせっかくのケヤキのもつ樹形の良さを活かすことが出来ません。
枝を伸ばしすぎないうちに、枝先を止めて、幹の近くで萌芽を促します。
一つの命_c0112447_19003895.jpg
出来るだけ太い枝は切らないのですが、それでもノコギリを使って枝を剪定する箇所は全て殺菌剤入りの癒合剤を塗ります。
一つの命_c0112447_19001819.jpg
塗るついでだから剪定鋏や太枝切りで切った太い切り口も塗布していきます。
一つの命_c0112447_19002649.jpg
やはり癒合剤を塗った場所は腐りが少なく、癒合も順調に進んでいます。
毎年同じ木に登ることで、自分たちの仕事の結果・経過を観察出来ることが、経験の蓄積になっています。


植物は喋らないだけで、人間と同じ一つの命を育んでいます。
同じ場所で暮らす、同じ一つの命。
植物は共に暮らしながら、私たちの暮らしを守ってくれていると信じています。




by sanrakugarden | 2019-06-15 19:23 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 11月 15日

伐採/民家

朝日村で民家の高木伐採・高木剪定を行いました。
樹高20m以上の栗の木とケヤキ
伐採/民家_c0112447_17190852.jpg


費用を出来るだけ抑えるためにクレーン車を使用せず、ツリークライミングを駆使して枝下ろし
伐採/民家_c0112447_17194241.jpg
そして伐採
伐採/民家_c0112447_17225335.jpg
伐採/民家_c0112447_17200869.jpg
直径1mもありました。
伐採/民家_c0112447_17200144.jpg
敷地の周囲に防風林・目隠しで植えた生垣も手入れが出来ず森のようになってしまいました。
伐採/民家_c0112447_17192514.jpg
こちらも今後も管理しやすいように整えました。
伐採/民家_c0112447_17203729.jpg
これからも末長く家族や地域の景観を守ってくれると思います。



by sanrakugarden | 2018-11-15 17:26 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 07月 29日

夏季剪定

例年より3週間も早く明けた今年の梅雨。そこからの暑さはちょっと経験したことのない日々が続いています。

予定していた梅雨明け前の仕事を秋に順延させていただいたり、剪定の強弱をコントロールしたり、いつもとは違う対応をしています。

今年初めて剪定の依頼を頂いたお客様。長年放置した木々は鬱蒼としてお庭も暗い印象になっていました。

剪定前
夏季剪定_c0112447_09382258.jpg
剪定後
夏季剪定_c0112447_09383559.jpg

枝を透かし、枝先を詰めて、再萌芽を促し、秋にもう一度整枝します。

剪定前 シラカシ
夏季剪定_c0112447_09374948.jpg
剪定後 シラカシ
夏季剪定_c0112447_09375660.jpg
刈り込んで枝が詰まってモサモサしていたモミジの枝を透かします。

剪定前 モミジ
夏季剪定_c0112447_09380885.jpg
剪定後 モミジ

隣家からの視線を遮るようにデッキの枝葉を濃い目に剪定しています。
夏季剪定_c0112447_09381424.jpg

今年は蟻による樹木への食害が目立ちます。ウチのお客さんだけでしょうか?
夏季剪定_c0112447_09384879.jpg
葉が縮れたり、黄変や紅葉してくるのですが、他の虫や病気が見当たらず、蟻が巣食っています。
どのケースもごく小さい蟻が悪さをしています。
夏季剪定_c0112447_09384212.jpg
3月に竣工したstudio aulaさん設計管理の店舗兼住宅「HOUSE-ICHIKO」
夏季剪定_c0112447_19280407.jpg
元気に育っている草花の管理方法をお伝えしてきました。
素敵なエントランスになりました。
夏季剪定_c0112447_09385402.jpg


by sanrakugarden | 2018-07-29 09:53 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 06月 22日

目隠し植栽

本格的に初夏の剪定が始まりました。
梅雨を迎え、適度な降水量とたまに差し込む夏のような日差しでグングン木々は成長しています。
「初夏剪定」はジメジメ、ワサワサしてきたお庭の木々を綺麗にするだけでなく、この時期に剪定しておくことでこれからの成長を
抑制することが出来ます。
また、大概の草木の花は咲き終わったり、花期も終盤に差し掛かり、この時期に剪定しておくと、来年の花芽の形成にさほど大きな
影響を与えずに剪定出来ることも利点です。
形を作り直したい時に、今ならまだ再萌芽が期待出来るので、少し強めの剪定も出来ます。
目隠し植栽_c0112447_07565689.jpg

春早い時期に花を咲かせる植物は夏の暑さの中で花芽を形成しますので、秋に強めの剪定をすると花芽を切ることになって翌年花が咲かないことも
あるので注意が必要です。

剪定で枝葉を透かし、爽やかで涼しげになったけど、きちんと目隠しはしながら、人の気配は感じられる程度に加減をします。
目隠し植栽_c0112447_08041308.jpg


外から見るとこんな感じに枝葉を透かしています。↑
中から外を見るとこんな感じになります。↓

目隠し植栽_c0112447_08043829.jpg
木漏れ日、涼風を確保しながら効果的に目隠しをします。
このスペースはガレージのコンクリートとウッドデッキの間に作られたわずか2mのスペースです。
目隠し植栽_c0112447_08045628.jpg
石敷きの園路を設け、わずかに残ったスペースに植栽をしていますが、豊かな景観を作ってくれています。
目隠し植栽_c0112447_08064763.jpg

お花が大好きでいつもお庭を気にかけてくださるお施主さんのおかげで美しさが保たれています。


by sanrakugarden | 2018-06-22 08:08 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 05月 21日

松の芽摘み

例年より2週間ほど季節の進み方が早いようです。
草木の動きが早いということは、虫や動物の動きもそれに合わせて早くなるはずです。

芽出しも早くて、成長も早いため、進む季節に仕事が全く追いついていません・・・

松の芽摘み_c0112447_20140718.jpg
松の芽は伸び放題、かなり硬くなってきてしまいました。
松の芽摘み_c0112447_20142072.jpg
この時期にどうしてもやっておかなくてはならないため、お待たせしているお客様、申し訳ございません。今暫くご勘弁ください。

昨年造園工事をさせていただいた studio aulaさん設計監理の住宅「備えるコートハウス」
元気に良い枝葉を茂らせてくれました。
松の芽摘み_c0112447_20142810.jpg
街路に爽やかな緑が映えます。
松の芽摘み_c0112447_20144003.jpg
下草・低木もモリモリしてきました。



by sanrakugarden | 2018-05-21 20:20 | 庭木手入 | Comments(0)