三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建築・お庭探訪( 40 )


2018年 11月 10日

葉山・鎌倉へ

久しぶりの更新になってしまいました。
11月6日は久しぶりに一日中の雨降りの予報。中学三年の長男を誘って、神奈川県立近代美術館で行われている、アルヴァ・アアルト「もうひとつの自然」展へ行ってきました。
c0112447_11245499.jpg
中学生になってめっきり家族で出かける際もついてこなくなった彼ですが、今年に入って一緒にイサム・ノグチの展覧会を見に東京へ泊まりで建築視察旅行についてきたり、今回も喜んで一緒に付いてきてくれました。
c0112447_11244525.jpg

良いものを見る、視野を広げる。それだけで良いと思います。
多感な時期に見たものはきっと彼の人生を豊かにしてくれると信じています。

葉山では山口蓬春記念館も拝見してきました。
c0112447_11250238.jpg
鎌倉へ場所を移して、友人に紹介してもらったショップ巡り
c0112447_11303310.jpg
c0112447_11304407.jpg
最後に念願の鎌倉 瑞泉寺
c0112447_11250914.jpg
圧巻の景色でした。帰りは新宿経由で帰松。日帰りですが大切な思い出作りが出来ました。


[PR]

by sanrakugarden | 2018-11-10 11:34 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2015年 10月 14日

東京ツアー

10月11日はスタッフのノリちゃんの結婚式。
ギロッポンで挙式・披露宴です。
c0112447_19523543.jpg


美しい花嫁姿でした!幸せそうな表情に心温まる結婚式でした。
幸せな家庭を築いてください。

結婚式までに松村君と建築巡り。
c0112447_19552233.jpg

c0112447_19553824.jpg


銀ぶら建築巡りをして宿泊先の国際文化会館
c0112447_200675.jpg


せっかくのお泊まりなので、勉強のためにちょっと奮発。
知り合いの伝を頼ってようやく宿泊予約が出来ました。(会員または会員の紹介がないと泊まれません)

国際文化会館は日本と世界の人々の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の促進を図る目的に内外の諸団体や個人の寄付により設立されました。
敷地が岩崎小弥太邸であった昭和初期、かの有名な庭師 「植治(うえじ)」こと小川治兵衛によって作庭されたお庭があります。1955年に建築界の巨匠、前川國男・坂倉準三・吉村順三の共同設計により東館が建築され2006年には国の有形文化財に指定されています。

c0112447_2081013.jpg


c0112447_2083574.jpg




庭と建築の融合。素晴らしい空間構成でした。
あまりの心地よさに時間を忘れます。チェックアウトギリギリまで楽しみました。

流れを勉強するために国立近現代建築資料館で行われている「ル・コルビジェ ×日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子達を中心に」展へ。
c0112447_202278.jpg



旧岩崎邸
c0112447_20142367.jpg



安諸庭園 作庭の湯島天満宮
c0112447_2016151.jpg


国立西洋美術館から東京文化会館、国立科学博物館を回ってタイムアウト・・・

心も体も目一杯働かせた2日間。
ノリちゃんのおかげで充実した2日間を過ごせました。
[PR]

by sanrakugarden | 2015-10-14 20:10 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2015年 09月 27日

日帰り京都ツアー

大徳寺 孤篷庵の特別公開を聞きつけ日帰りで急襲しました。
一度特別に拝観させていただいたことはあったのですが、昨年の特別公開には行けず、今年は現場をなんとか都合つけてスタッフと行ってきました。
c0112447_124616.jpg


孤篷庵と言えば滅多に見ることの出来ない名刹の一つ。見たくて見たくて何度足を運んでもダメでした。
前回はその孤篷庵を見れるとあって興奮のあまり見たようで見ていないような有様。

今回は2度目なので少し心にゆとりをもって拝観することが出来ました。

やっぱり無理をしてでも見にきて良かった。写真撮影は禁止です。

その足で高桐院へ
c0112447_1265874.jpg

こちらも何度訪れたか記憶にないほど足を運んだ名刹です。
訪れるたびに思いを新たにさせてくれます。

その後は道具屋4軒、建築4軒、町巡りと昼食なしで時間を惜しんで回り充実の1日となりました。

翌日からは新しい現場。「富田の家」の着工
c0112447_1211496.jpg


安曇野FMの番組「野村事務所の法律よもやま話」の収録
c0112447_12184730.jpg

10月の毎週金曜日10:15~10:30だそうです。またしても緊張してカミカミの収録でした。
今回はこれから冬に向けての植物の管理と松枯れについてです。
[PR]

by sanrakugarden | 2015-09-27 12:20 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2015年 08月 17日

夏休み2015

夏休み5日間はあっという間に過ぎ去り、休み明けは雨で始まりました。

恒例のご近所9軒の大バーベキュー大会に、お借りしている畑でジャガイモ堀り、畑の水やり、法事に、お見舞い、プールに温泉、迎え盆に送り盆と盛り沢山。

その合間を縫って12時発のあずさに乗って東京へ弾丸ツアー。

まずは目黒区美術館「村野藤吾の建築ー模型が語る豊饒な世界」へ。
c0112447_185627.jpg


急足で目黒を散策

18時から20:30まで「田瀬理夫のランドスケープDesign Details&Theory」に。
今回はアクロス福岡がテーマでした。
c0112447_1882195.jpg


会場の屋外テラスには豊かな植栽が。
c0112447_1844992.jpg


講義を最後まで聞けずに最終のあずさに乗って1時に帰宅。諏訪湖の花火のおかげで臨時列車が出ていて乗り継ぎもバッチリ。
実りの多い夏休みでした。
[PR]

by sanrakugarden | 2015-08-17 18:11 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2014年 05月 02日

パトロール

今日でなんとかキリよく仕事を納め、連休明けの仕事の段取りをしながらパトロールに行ってきました。

この1月に工事をさせていただいた「沢村の家
c0112447_16564873.jpg


出始めたばかりの新緑は美しく、しばしデッキに座って心地よさを満喫させていただきました。
野草・下草もたくさん植えていただいて、庭がとてもイキイキしています。

あいにくお客さんに会えずにこの嬉しさを共有出来なかったのは残念でした。

昨年7月末に竣工した「野溝木工リフォームガーデン
c0112447_173174.jpg


厳しい冬を乗り越え出てきた宿根草たちは昨年より大きく成長して逞しくなっています。
そしてなんて美しいことでしょう。
春の喜びをお裾分けいただきました。

この喜びが次のステップを登らせてくれます。
[PR]

by sanrakugarden | 2014-05-02 17:07 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2013年 05月 20日

曽根原家 住宅

安曇野市有明にある曽根原家住宅。

c0112447_582747.jpg


長野県中信地区に特有な民家形式である「本棟造り」の一番古い遺構として昭和48年に重要文化財に指定されています。
c0112447_583991.jpg


木と石と紙と土と水と空気で作られた家。ただそれだけが美しい。

c0112447_510645.jpg

風土に根ざした建築と庭だからですね。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-05-20 05:11 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2013年 05月 20日

展示会巡り

東京へ。


まずは国立新美術館
c0112447_451306.jpg

「カリフォルニアデザイン展 1930-1965 モダン リヴィングの起原」 
時間調整のつもりで立ち寄ったけどかなり良かった!というかスゴク勉強になりました。

21-21 DESIGN SIGHT 「デザイン あ 展」
目からウロコ・・・がたくさん。

c0112447_455144.jpg



中村 好文 「小屋においでよ
c0112447_4573958.jpg

ワールドが広がっていました・・・

一番のお目当ては
c0112447_4581757.jpg

ジャン・プルーヴェ展
c0112447_4585442.jpg

実物の美しい家具を見れて感無量です。

いつもの街歩きは大きな収穫をもたらせてくれます。
c0112447_459387.jpg


こんな時期に無理して行っていいのかと、電車が出発するまで悩んでいましたが、次の自分を探すためだと思って思い切って行って良かったです。
朝から夕方まで昼も食べずに駆けずり回って大きな収穫がありました。

時間とお金と多少の犠牲を払ってでも、何かを求めて動くこと。そのことに一番意味があるのだと改めて思います。

この収穫をクライアントに還元していきます。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-05-20 05:04 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2013年 01月 13日

松本城石垣

1月12日、松本城石垣保存整備工事の現地説明会に参加してきました。
c0112447_21453886.jpg


ケヤキの根の影響で石垣が崩落する恐れがあるため、二の丸御殿跡西側内堀東面のうち南北約35mの範囲を解体・調査・復元修復を5年がかりで行う大きな事業です。

ケヤキは伐採され、内堀に土嚢を積んで、すでに解体調査が行われ、石積みの石はマーキングをして撤去も始まっています。

c0112447_21482875.jpg


ケヤキの根に押され、完全に石が抜け落ちて出来た穴も確認出来ます。
c0112447_21502327.jpg


調査の結果、この35mの間に江戸時代中期・江戸時代後期・近代(明治~戦前)にかけての3つの異なる時代に手が加えられたと推察出来るとのこと。
石積みの手法、裏込め石の厚さや形状からも明らかな違いが確認出来ました。

出隅部分と裏込石
c0112447_21543587.jpg


石垣と裏込石の後ろは版築で強固な背面を作ってあります。
c0112447_21562672.jpg


城の石垣でもあるので丁寧な仕事をしてあるのは当然なのかもしれませんが、こうして時代ごとの職人の仕事をこの目で確認出来ることはとても勉強になりました。

発掘調査の結果、瓦・漆喰片、灯明皿、キセルや陶器皿などさまざまな出土品から時代の空気を感じられたのも大きな収穫でした。
c0112447_2202254.jpg


今後の工事が楽しみです。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-01-13 22:02 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2012年 06月 20日

Tokyo

午後は目黒で家具屋の散策
c0112447_1102286.jpg

c0112447_1103039.jpg

c0112447_1104051.jpg

c0112447_1104987.jpg

c0112447_1105861.jpg


フラワーショップH 乾 久美子建築設計事務所
c0112447_1154976.jpg

c0112447_11221469.jpg

公園の木々と周りの建築群に寄り添う絶妙なスケール感。
外から見るより、アトリウム空間は広く高く感じます。
植物を扱う立場からも、温度管理や季節感の演出がしやすく、ワクワク感のある建物でした。

c0112447_11114981.jpg

ジャガランダの花が綺麗に咲いていました。

最後は 京王プラザホテル北館 4号街路 深谷 光輝 作庭です。

c0112447_11143660.jpg

c0112447_1115525.jpg

c0112447_11152663.jpg

c0112447_11155528.jpg

c0112447_11183637.jpg


ぜひこの心地良さを実際に見て、感じて、佇んで頂きたいです。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-06-20 11:03 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2012年 06月 20日

Yokohama

始発で横浜へ
c0112447_1048397.jpg


横浜港大さん橋国際客船ターミナル
イギリス在住の建築家、アレハンドロ・ザエラ・ポロとファッシド・ムサヴィ両氏の設計です。

この突き抜け方を見たくて、やっと実現しました。
c0112447_10511642.jpg

c0112447_10512819.jpg

c0112447_10513961.jpg

c0112447_10515010.jpg


建築のようなランドスケープのような・・・
旅に出る高揚感や開放感にいざなってくれます。
歴史ある建築群に囲まれるこの地で、大さん橋は新しい横浜のあり方を問う強烈な意志を感じます。

建物を低く抑えているように見せられてしまい、空と海の広さを満喫させてくれます。

昼食は中華街へ
中華街にはセンダンがよく似合う。
c0112447_1058498.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2012-06-20 10:58 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)