三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

おさんぽカフェ

29日から新しい現場に着工しました。
友人が松本市石芝で「おさんぽカフェ」という小さいお子さんのいるお母さんのための
カフェを11月初旬にオープンします。
その外構工事の一部設計と施工を受け持ちます。

今回はウッドデッキの中に、子供たちが遊べるように砂場と水道を作りました。

本格的な親子カフェというのは、県内でもまだ少ないということで、松本ではもちろん初めてです。店内には子供の遊び場がかなりスペース広く取られ、ほかのお客さんにも気兼ねなく
遊ばせながら、お母さんにほーっと一息つける空間を提供されると言うのは、小さい子供を
もつ世代には大歓迎です。

友人の成功を願って、出来る限りの応援をしていきたいと思います。
みなさんもオープンしたら是非立ち寄ってみてください!
c0112447_16473689.jpg
c0112447_16474467.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2008-09-30 16:48 | 仕事日記 | Comments(0)
2008年 09月 17日

打ち鎌

今日は仕事が予定より早く終わったので、自宅の生垣の手入れをしました。
自分の家はどうしても後回しになるんですよね。しかし今日は違いました!

生垣の手入れに使う秘密兵器をご紹介します。

前述した、京都、植藤造園で教わった打ち鎌(うちがま)です。

かなり特殊な道具で、もちろん京都でしか手に入りません。一番この打ち鎌が活躍するのは
修学院離宮の大刈り込みです。
鎌ひとつで数百メートルに及ぶ、大仮混みを刈り込んでいきます。
7~8人ぐらいが2週間くらいかかる大仕事です。
この仕事を昔から請け負っているのが植藤造園で、この技術をもっているのは京都でも1軒だけでしょう。

長い柄の先に付いた、手打ちの刀のような両刃の刃を、思いっきり振りぬいて、枝や葉っぱを切り落とします。飛び出た葉を半分に切り裂くくらいの精度を自分の腕1本で鍛え抜きます。
僕の精度は当時より大分落ちましたが・・・

生垣にも応用出来るのですが、普通の両手ハサミの数倍の速さで仕事が出来ます。
何より、こうした貴重な道具と技術を後世に伝えていきたいものです。
c0112447_21481250.jpg
c0112447_21482891.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2008-09-17 21:56 | 仕事日記 | Comments(0)
2008年 09月 14日

佐野 藤右ェ門 氏

本を読んでいて、急に懐かしく思い出しました。
高校を卒業して平成3年から平成8年の5年間、庭師の修行のため、京都、植藤造園の佐野 藤右ェ門 氏のところで住み込みで勉強をさせていただいていました。

あれから12年も経ちます。

時々京都を訪れた際には、ご挨拶に伺うのですが、いまだにお顔を見るのも恐くて、目を見て離すのが困難なくらい、修行時代は厳しく育てていただきました。
ある大きな仕事を任され、毎朝仕事の指示を聞きに行っていた僕は、毎朝吐き気に襲われていたほどです。何回も田舎に帰れと怒鳴られたものでした。

その時、「お前は両親のお陰でここまで順調に来れたかも知れんが、そんなに世の中甘くはない!!俺が壁になってやるさかい、乗り越えてみぃ」ということを言われました。

それからも厳しい日々は続いたのですが、京都での修行を終えて帰る日に「もうお前は大丈夫や!がんばれ!」と言われ涙が溢れてきました。

自分の原点がここにあり、今もあそこからの1歩が繋がっていることを思うと、人間の営みとはすべてが線で繋がり今が未来を作ることを改めて確認します。

今ここにある自分を、佐野 藤右ェ門 氏に心から感謝します。

http://www.uetoh.co.jp/index.htm
c0112447_11543073.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2008-09-14 11:55 | Comments(0)
2008年 09月 10日

庭木手入れ

9月に入って秋祭りが始まるこの時期は庭木の手入れが忙しいです。
お祭りまでにキレイにしてくださいという依頼が多いのです。

なんか、お祭りまでにお庭を手入れしたいという気持ちが嬉しくてがんばってしまいます。

お祭りに親戚や友人がたくさん家に来て、おもてなしをするという文化も少しずつ少なくなってきている昨今ではありますが、大事にしていきたいですよね。

この家のおじいさんにお話を聞くと、今回手入れした、赤松、イチイは少なくとも150年以上は経っているそうです。

木に登らせていただくときは、敬意を表してから登ります。
時間を越えて家族を見守り、家族も木を大事にする。
素敵な関係です。
c0112447_15471197.jpg
c0112447_15471875.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2008-09-10 15:48 | 仕事日記 | Comments(0)
2008年 09月 04日

茅野 玉川の庭

お盆明けから着工していた、HAL設計室、設計、管理の茅野 玉川の庭が完成しました。
暑いなかでの作業が続いていたのですが、完成してみると、あっと言う間に時間が過ぎてしまったほど楽しく仕事が出来ました。

いつものことですが、植物が入るだけでこんなにも、住宅や周りの景色が心地よいものに変わってしまうものかと感動します。

コンクリートの土間打ち、土の入れ替え、植栽はエゴ、ソヨゴ、ヤマボウシ、姫シャラ、モミジ
オオヤマレンゲ、アベリア、ヤマブキ、フッキソウなどを植えました。

今回の写真は、前から欲しかったコンパクトカメラで25mmの広角という優れものをやっと購入したので、初めてこのカメラで投稿しました。
やっぱり、広角は素晴らしい!!一眼も欲しいけど、現場に持ち運びは大変だしなぁ~と思うと
気が引けます。お金もないけど・・・

楽しい仕事に、新しいカメラで完工撮影。最高の一日でした。
c0112447_20452461.jpg
c0112447_20453863.jpg
c0112447_20454762.jpg
c0112447_2046134.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2008-09-04 20:47 | 仕事日記 | Comments(0)