三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 30日

仕事納め?

クリスマスも終わって最後の仕事、巨大な赤松の手入れに取り掛かって4日目。
風邪をひいて重たい体を引きずって、明日は大晦日。
鼻をかみ過ぎて、鼻の下はガサガサ。川を必死にさかのぼってきたボロボロの鮭のよう・・・
なんとか明日仕事納めが出来そう・・・・
あと一日。がんばります!
仕事ずくめの一年間。大晦日まで仕事が出来ることは有難いことです。感謝。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-30 19:49 | 仕事日記 | Comments(0)
2009年 12月 25日

クリスマスプレゼント

いよいよクリスマス。長男はサンタさんに手紙を書いています。「ケーキとラーメンがあります。お茶もあるから食べてください」と僕のトレーシングペーパーを奪って書いています。
c0112447_745561.jpg


サンタさんが来た時にお腹が空いているだろうからと!カップラーメンとお茶、ケーキを用意していました。
c0112447_755212.jpg


もちろん朝になったら全部食べてあります!そう!サンタさんが食べていったからです・・・

子供たちの喜ぶ顔を見れるのは親にとって何よりのプレゼント。
今年も楽しいクリスマスを家族で過ごせることに感謝です。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-25 07:10 | Comments(0)
2009年 12月 18日

目に見えないもの、耳に聞こえないもの

今年も2週間を切りました。お庭の手入れもあと5軒。ラストスパートです。

最近気になったことから一つ。

見えていない、聞こえてこないけど、その人の暖かさや優しさが伝わってくることもあります。
同じようなことを言っても、そこに信念が感じられる。

見えていない、聞こえないけど優しさが伝わってくる。
結局一番大事なのは「こころ」

本当に大事なことって以外に見えないもの、聞こえないものの中にあることが多いのです。
そんな心の目、心の耳を育てていきたいものです。

子供はいつの時代も変わってはいない。純真無垢です。変わったのは大人の社会。
子供たちのクリスマス会に行って、天真爛漫の子供たちを見て思いました。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-18 14:15 | Comments(0)
2009年 12月 15日

日記

昨日で日記をつけ始めて2年が経ちました。ブログとは別に、毎日の仕事の記録や家族の出来事などを簡単に記入出来て、1ページに3年分を書ける日記です。
2年前は次男が生まれる前のドキドキしながら楽しみにしていた頃。
毎日日記を書くたびに、そうか!去年の今頃はこんなことをしていたんだなぁとか、子供たちの成長を振り返ることが出来てとても楽しいものです。

先日、今年一年を漢字で表したら?という毎年恒例の清水寺の発表もありましたが、僕にとったらどんな漢字で表せるかな?と考えてみました。

やっぱり 「幸」(しあわせ)  です。

家族、両親、祖父母も健康で新しい出会い、お客様、仕事もほそぼそながら恵まれて本当に有難い一年でした。いろんなことに挑戦出来たし、勉強も沢山出来ました。
あと少し2009年も残っていますがこんな素晴らしい一年が過ごせたことに心より感謝します。

日記を読み返しながら一年を振り返りました。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-15 17:30 | Comments(0)
2009年 12月 14日

オープンハウス

安曇野市で行われたN設計室/永田 昌民の設計管理された住宅のオープンハウスに行ってきました。
半地下構造のスキップフロアーの小住宅。
新鮮な驚きと感動を味わいました。
永田先生のお話もお伺い出来てとても濃密な時間でした。

c0112447_6455147.jpg
c0112447_646638.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-14 06:47 | Comments(0)
2009年 12月 11日

MAKE A WISH

メイク ア ウィッシュのことをラジオで知りました。
メイクアウィッシュという団体が難病の子供たちの夢をかなえるお手伝いをなさっているというお話を事務局長の大野さんがお話してくださいました。思わず仕事中に泣いてしまいました。
清水 美緒さんという難病の子が書いた絵本のことを知り、あまりに感動して、友人にも紹介しようと5冊購入しました。長男にこの絵本を読んであげると、幼稚園のみんなにも読んでもらいたいというので、年長さんの4クラスに寄贈しました。
「一番大切なもの」という本です。
c0112447_13531569.jpg


以下は「メイクアウィッシュの大野さん」という本の紹介記事の抜粋です。

もし自分の子供が命にかかわる病気にかかって、それでも子供が願いを持っていたらどうするか。
親が願いを叶えてあげられる望みとは限らない。
アーティストに会いたい。
旅行がしたい。
野球が見たい。
そんな子供の切実な願いを叶えてくれるのがメイク・ア・ウィッシュという団体。
大野さんはその団体の事務局長をなさっている。

美緒ちゃんは小学6年生。
自分の絵本を作るのが夢だ。
題名は「いちばん大切なもの」
いつももめごとばかり起こす、森の動物仲間6人がお宝を求めて旅に出る話。
4月。
その時点で、担当医の先生からは残された時間が短いことを告げられる。
大野さんはプロの絵本画家依頼し、出来るだけ早く絵本を完成させようとする。
絵については美緒ちゃんと相談し、美緒ちゃんのアイデアが採用されていた。
また、美緒ちゃんは同じ病気で闘っている子たちに元気を出して欲しい、と絵本をプレゼントすることを提案していた。

絵本完成を前にした6月のある日、美緒ちゃんのお母さんから大野さんに連絡が入る。
「もうあまり良くないんです」
日曜日だった。
月曜日には納品の予定だった。
一部でもいいから完成した絵本を美緒ちゃんに見せたい。
手当り次第に電話をかけて糸口を探す。
しかし、日曜日。
工場が休みではどうにもならない。
そこへ電話が一本。
お母さんからの悲しい知らせだった。
たった一日。
間に合わなかった。
翌日、出来上がった絵本を持って美緒ちゃんに会いに行く。
病気の子供達にプレゼントする絵本につけるしおりには、美緒ちゃんの言葉が印刷されていた。
美緒ちゃんは、こんな言葉を書いていた。

つらいのは きみひとりじゃないよ
みんなでいっしょに がんばっていこうよ
てをつないで さあ
みんなでけんこう そだてよう
清水美緒

そして、「一番大切なもの」の物語。
旅に出たもめごとばかりの6人組は、最後にお宝を見つける。
しかし、お宝の中身は空っぽだった。
そこでみんなが気づく。
僕たちの友情こそが宝物なんだ。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-11 13:58 | Comments(0)
2009年 12月 08日

信州の建築家とつくる家 Vol.6

信州の建築家とつくる家 Vol.6」が12月1日発刊されました。
c0112447_1938556.jpg

藤松建築設計室のページで美ヶ原を望む家を大きく掲載してくださいました。
c0112447_1940076.jpg

お近くの書店で見かけた際はぜひご覧ください。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-08 19:40 | 仕事日記 | Comments(0)
2009年 12月 07日

tokyo

土曜日は家族をタタキ起こして、日帰り強行tokyo巡りをしてきました。
ギャラリー間で行われている隈 研吾展の会期が迫っていたからです。
やっぱりスゴイ。名建築家の思考の一旦を見れただけでも貴重な経験でした。
c0112447_2118157.jpg


TOTO出版でお気に入りの本も購入出来て大満足です。

こちらもどうしても見ておきたかったルイス・バラガン展
c0112447_21181889.jpg



憧れの空間を擬似的にも体験し、バラガンのスケッチや背景を知ることが出来ただけでも大満足。
妹島和世+西沢立衛/SANAA の会場構成にも興味がありました。

ワタリウム美術館のすぐ横は花屋時代に何度も通った、超有名店 FUGA
日本で手に入る最高の花々。それに見合う空間を堪能しました。
c0112447_2118369.jpg


そして21-21DESIGN SIGHTの 「THE OUTLINE」見えていない輪郭展 深澤直人 藤井 保
デザインとは?改めて考えるよい機会となりました。
c0112447_21185143.jpg


最後にミッドタウンで妻へのクリスマスプレゼントを買って無事終了・・・

忙しかったけど、引き出しを増やすいい旅になりました。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-07 21:07 | 仕事日記 | Comments(0)
2009年 12月 04日

暮れのご挨拶

今日は毎年の行事、暮れのご挨拶まわりをしました。
お歳暮のためにいろんな情報収集をして、取り寄せて自分が試食してから、「美味しい!」と思ったものを御贈りします。遠方にお住まいの方には大変申し訳ないのですが宅配で送らせていただきますが、松本市近郊のお世話になった方には必ず毎年1日、暮れのご挨拶のために仕事を休んで自分でお届けします。

こんなイカツイ顔・・・わざわざ見たくもないでしょうが、お届けしながら「今年もお世話になりました。おかげさまで無事一年過ごすことが出来ました」。と感謝の気持ちを伝えることが一番大事だと思っています。

「人にかけた情は水に流せ。人から受けた恩は石に刻め」

という言葉があります。
今の私達があるのも、陰ながら応援してくださった方々のおかげ。この感謝の気持ちは言葉では言い表せません。せめて恩返し出来るとすれば、いい仕事をして、元気にがんばっている姿を見ていただくこと。
直接、お世話になった方に御返し出来なくても、その方の家族、仲間、後輩に自分が出来ることを精一杯することだと思います。

改めて感謝の気持ちと暖かい心に包まれた一日でした。
今晩は一番お世話になっている、両親にもお歳暮を届け、一緒にささやかな夕食を楽しみます。
[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-04 16:41 | 仕事日記 | Comments(0)
2009年 12月 03日

ウッドデッキ・パーゴラ塗装

12月に入り、お庭の手入れ・メンテナンスがメインの仕事になってきています。
昨日は10年以上前に作ったお庭の手入れとウッドデッキ・パーゴラの塗装をしました。
ウッドデッキとパーゴラは7.8年は毎年塗装していたので、傷みはほとんどありません。
毎年手入れに伺うことで、素材の経年変化を観察出来、メンテナンスの重要性を再認識させられます。
c0112447_10333295.jpg


その当時、小さかったお子さんが中学生になっているのをお見かけすると、庭も樹木も共に歩ませてもらっているんだなぁと嬉しくなります。

帰宅して家族でクリスマスツリーの飾りつけをしました。部屋の中がクリスマスカラーになって心が温かくなる一日でした。
c0112447_10383614.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2009-12-03 10:39 | 仕事日記 | Comments(0)