三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

理美容室 JAVA

京都建築・お庭巡り、怒涛の3日間から戻り4日。5月4日オープン予定の理美容室 JAVAのお庭つくりが進行中です。連休中は資材の仕入れが出来ないので材料の調達も困難。そして今日これから行うコンクリートの打設に間に合わせるため、連日雨の中の作業でクタクタになってしまいました。
型枠が組みあがってくると、図面では想像してはいたものの空間としてとても良くなる予感。
楽しみです。
c0112447_6123567.jpg


京都一日目は4時に家族とHAL設計室のM氏と松本発。京都東で降りて前から気になっていた工務店の建物を見て、京都桂坂へ。景観に配慮した街作りのさきがけともなった町並みを見ながら、内藤 廣さん、横内 敏人さん設計の住宅を見てから桂離宮へ。その後、村野藤吾氏設計による元旅館を活かした湯豆腐専門店で昼食。嵯峨野の風景を見ながら、曼殊院へ。八窓軒茶室と庭園、燈篭を見て、修学院離宮へ。その後、横内敏人建築設計事務所アトリエを訪問。
次に渡辺 明さん設計の洛陽荘を外から眺め、内藤 廣さん設計の京都とらやへ再訪。
最後にヴォーリズ氏設計の住宅で今はカフェとなっているBazzar cafe。
夕食はM氏と居酒屋へ。

京都2日目は、高麗美術館を再訪。10時から北村美術館 四君子苑。出雲のようちゃんと再会。13時から西芳寺 苔寺。次は中学の修学旅行で訪れた鈴虫寺。4時の閉館に間に合うように境内を走りながら、大徳寺 真珠庵と高桐院。その後ようちゃんとココン烏丸で待ち合わせて、おばんざいのお店で0時過ぎまで痛飲。

京都3日目は朝8時から、西村石灯呂店へ。西村 金造さん、大造さんに作業場、資材置き場など昼過ぎまでたっぷりと案内していただき石造品の勉強をさせてもらいました。
昼食はkyouenで庭を見ながら食事。
まだ見たいものがあったけど、疲れはてて帰郷しました。
いろいろ見たおかげで頭の中の整理が出来たような気がします。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-30 06:36 | 仕事日記 | Comments(0)
2010年 04月 22日

祇園枝垂れ

5年ほど前でしょうか?お客様のお庭に植えた 京都円山公園の祇園枝垂れ桜の兄弟桜です。
お客様が思い出のある枝垂れ桜をお庭に植えたいとの想いから、京都 植藤造園 佐野 籐右衛門さんを訪ね、選ばれた桜です。
京都から送られた来た桜を私共が植栽させていただきました。

枯らす訳にはいかないプレッシャーが重く圧し掛かりますが、お客様が大事にしてくださるので、毎年花が終わった後には肥料やりや手入れをさせていただきます。

今年も綺麗に咲いてくれた!それだけで嬉しい一日でした。
c0112447_1812633.jpg
c0112447_1813885.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-22 18:03 | 植物について | Comments(0)
2010年 04月 22日

堆肥

植栽もイイ時期になってきました。
せっかく植栽しても土壌が悪いと生育が悪いばかりでなく、思わぬ病気や枯損を招くことがあります。最近はどこも造成した土地なのでめったに適した土壌に植栽することは適いません。
土壌改良のポイントは透水性と団粒化にあると思います。
パーライトやDOパイプを使うことはもちろん、土に山砂を混ぜて土が締まるのを防ぎます。
植え穴をかなり大きめに掘るのはもちろん、現場の土壌と客土が上手く攪拌されていないと、客土と既存土との間を水が行き来してくれません。

ウチの決め手はこの堆肥
c0112447_5324810.jpg


出所がしっかり分かっている鶏糞をもとにした堆肥です。鶏糞はリン酸の比率が高いので花や実の肥料にもなります。2年間施設で寝かせた堆肥をトラックで購入して、さらに畑に移して1年間寝かせます。春に購入する堆肥は未熟堆肥の場合もあり、土壌中で醗酵して悪影響を及ぼす場合もあるからです。ましてや袋詰めの堆肥は恐くて使えません。
畑で寝かせた完熟堆肥は、無臭で触ると形が残らないほどボロボロになっています。
その中にはミミズがそれは!それは!大量に発生します。有機質を分解して土にしてくれているのですね。
この堆肥をよ~く客土と混合して植栽土壌とします。その後は堆肥をマルチングとして根元に敷きます。そうすると半年もするとマルチングの中は根でイッパイになります。

手間はかかりますが、樹木は植栽すれば自分の力で動くことは出来ません。
植栽場所・適した樹木を植えることがまずは大事ですが、堆肥も大事です。
お借りした時には遊休農地で荒れ果てていた畑も、青々と草が茂る元気な畑になりました。
除草剤を使用せず、刈り払い機で刈った草を分解し土に還しながら、木を植えるときにはこの堆肥をすきこむことを続けていたら、生える草の種類が変わってきました。
土に適した草が生えるというのは間違いないですね。

c0112447_5434621.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-22 05:44 | 植物について | Comments(0)
2010年 04月 18日

tokyo巡り

4月16日、朝 天気も悪いし現場のやりくりの目途がついたので思い立って東京へ。
裏原宿の建築群を見ながら根津美術館へ。美術品と庭の美しさを堪能。
見たかった「尾形 光琳の国宝 燕子花図屏風」は来週24日からの公開ということで残念。
友人に教わったアントニン・レーモンド設計の住宅「青少年音楽協会」を見て、中を見せてくれと頼んだけど予約がないとダメと断られ、次に目指すは「竹原 義二展 素の建築」。
建築設計とは?の真髄を見たような気がしました。恐ろしいまでの手書き図面の数々です。
たまたま竹原さんが会場にいらっしゃって、サインをいただいて感激です。
興奮冷めやらぬまま、東京ミッドタウン・デザインハブの企画展「日本のデザイン2010」へ。
おっと時間がない!
中央線に乗って立川へ。「庭」誌の編集長 豊藏さん、樹木医の友人に声を掛けていただき、19時から行われる全国の若手庭師の猛者たちが一同に集まる打ち上げに参加。
創庭社の豊藏さんを筆頭に庭やサカモトの坂本さん、庭譚の橋本さん、造園 武の武村さん、庭水の水谷さん、一景の中村さん、塩野さん、みちくさの小笠原さん、庭智の小林さん、櫻やの岡さん、
西海園芸の山口さん、手ボウキの会のみなさん、出雲の三原さん。まだまだお話出来なかった方々もたくさん。大きな刺激をいただきました。
やり方や方法・登る道は違えど、登る山は一緒。その真摯なまでの庭への取り組みに胸が熱くなります。
朝方まで飲んで、翌日は9時30分開園の東京インターナショナルフラワー&ガーデンショーへ。
全国の有名・無名の庭師・ガーデナーがそれぞれの思いを込めたお庭を見せて頂きました。
勉強になることばかりです。

昼に立川を出て、見学したい建築があったのですが、翌日は息子の誕生日。
これはイカン!と欲しがっていたドラゴンボールの「スカウター」を探しに秋葉原へ。
恥ずかしい想いをしながら、コレクターショップやコスプレショップを探すこと3時間。
結局見つけることは出来ずにレアな人形を買い込んで帰郷。
今日は常会長としての初めての大仕事。常会の総会とお花見。
そして夜は誕生日会。忙しくも充実した週末でした。

結局、庭作りも建築巡りも人に会うことも、もしかしたら人生も「自分を探しに」行くってことなのか?と思うこの3日間でした。
さあエネルギーを充電したところで明日は樹木医ネットワークの桜探訪。
また週末は京都庭巡りで西芳寺・桂離宮・修学院離宮・四君子苑・西村金造邸を訪れる豪華な予定。
そして、楽しみな仕事が目白押しです。がんばるぞ!
[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-18 23:35 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2010年 04月 12日

デスク

安曇野の家具工房 クラポ さんにお願いしていた、息子のデスクと書架が届きました。
チェリーの無垢材、オイル仕上げです。
長く使えるように出来るだけシンプルなデザインに仕上げていただきました。
c0112447_855185.jpg

息子も大喜びで、机の中に宝物を入れたり、出したり。早速塗り絵をして、楽しんでいました。
子供の笑顔が何よりのプレゼントです。
末永く大切に使ってくれれば、これ以上の喜びはありません。
手作りの丁寧な仕事をしてくださったクラポさんには感謝です。
チェリーの色が赤みを帯びていくのが楽しみです。

月曜日から雨という予報のため週末は急遽予定を変更して、大屋根のオフィスの移植工事をしました。このタイサンボクはご近所の皆さんも毎年お花を楽しみにされていた木です。
工事の進行に邪魔になったため、伐採の話もありましたが、お施主さま、設計事務所のご理解をいただき工事期間中は私どもの畑に仮植えし、また移植して同じ場所に戻ってきました。
この土地を長く見守り、みなさんに愛された木をこうして残すことが出来て、ひとつの物語を将来に引き継ぐことが出来ました。そんな仕事にかかわれたことは大きな喜びです。
事前に根回しなどの用意が出来なかったので、あとはこの木の生命力を信じるだけです。
c0112447_8162015.jpg


信州の桜もようやく7.8分咲きといったところでしょうか?
常念岳と薄川の桜。とっても綺麗でした。
c0112447_8175816.jpg

薄川南側堤防道路はちょっとだけ槍ヶ岳も見えるいいポイントです。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-12 08:21 | Comments(0)
2010年 04月 10日

大屋根のオフィス着工

松本市で藤松建築設計室 設計監理の「大屋根のオフィス」着工しました。
c0112447_504928.jpg

我が街にまたひとつ素晴らしい建築が誕生しました。信州の景色に溶け込んでくれるような景色作りのお手伝いをしたいと思います。

ずーっと腰の調子が悪く、毎週注射を打っていましたが改善しません。もう限界。廃業しなくちゃいけないのか?と大げさに考えていたところ出会ったのが「しんそう療法」
解剖学を基に体のゆがみを治すことを目的とした治療です。

注射や整体、レーザー治療いろいろ試してみましたが、対処療法ではそのときの傷みをやわらげるだけで根本的な治療にはなりません。最も自然な体の姿に日々の生活や治療を通じて少しずつ修正していくそうです。これは良さそうな匂いがしました!

松本から1時間4.50分。長野市豊野 「しんそう長野豊野」今の所長野県ではこちらの1軒しかありません。お金と時間をかけても行く価値がありました。

飛び出ていた背中の骨が元通りまっすぐになって痛みもありません。
しばらく仕事の合間をぬって通うことになりそうです。
お体の調子の悪い方。ぜひ一度お試しください。
[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-10 05:02 | 仕事日記 | Comments(0)
2010年 04月 07日

入学式

4月6日に長男の小学校入学式がありました。
ちゃんと行けるだろうか?嫌がらないだろうか?友達の輪に入って行けるだろうか?
そんな親の心配をよそに、元気いっぱいで登校してくれました。
そんな気持ちで自分の両親も見守ってくれていたんだなぁと、親になってやっと分かります。
安全に元気に楽しい6年間を過ごして欲しい。それだけで十分です。
その気持ちを僕も忘れず彼のサポートに徹したいと思います。
c0112447_17453968.jpg


そして今日は前からやろうと思っていて出来なかった資材置き場のガレージ作り。
いろんな所で余った材料を寄せ集めて、大工さんにも手伝ってもらい何とか垂木まで掛け終わりました。さあこれから壁をどうしよう?棚を作ろう!楽しみがいっぱいです。
c0112447_17473718.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-07 17:48 | Comments(0)
2010年 04月 03日

白紋羽病

以前植え替えた木がまた枯れてしまい、植替えに伺いました。
「同じ場所で2度枯れる」「傾斜地で近くの現場でもナラタケ病が発生した」「コンクリートに囲われている」「徐々に葉が小さくなっていった」
そんな状況から病気の心配があったので、丁寧に根を堀上げたところ、根に白い菌が付着しています。よっぽど病気を疑って注意深く見なければ分からないほど小さい病班です。
c0112447_547675.jpg

現場状況
c0112447_547338.jpg

見た目には判断付きにくいので、検査機関に根のサンプルを持ち込み検査してもらうと、やはり「白紋羽病」でした。特に果樹に多い病気です。

土壌の入れ替えや土壌消毒、経過措置をおくなど処置は大変な作業です。
植栽する側として、環境を整えてあげる、無理な植栽はしない、設計段階での配慮が必要だと思います。結局植替えするために持って行った樹木はお持ち帰りしました・・・
[PR]

by sanrakugarden | 2010-04-03 05:49 | 樹木医 | Comments(0)