三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 29日

バージョンアップ

5年目まであと5ヶ月を残してどうにも動きの悪くなったパソコンを買い替えてバージョンアップをしました。
windows XPからWindows® 7 Professionalへ。
acer TravelMate TM7740-CW4822
c0112447_18291953.jpg


バックアップも増強。500GBのハードディスク2台と旧パソコンを使って3段階のバックアップ体制。


サクサク動いて、快適!快適!もっと早く買い換えるべきだった・・・

メモリーも容量増えて、バックアップも完璧だけど、そういえばあのファイルどこ行った?
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-29 18:29 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 05月 22日

容量が足りません

c0112447_5172734.jpg


ちょっとやること増えたら頭も体も容量が足りません・・・いろいろお待たせしている方々、申し訳ございません・・・。

ついでにパソコンも容量が足りません。
こちらはお金さえ出せばバージョンアップ、スピードアップが可能。
システム増強のため、今日から2,3日パソコンを使った通常業務が出来ません。
頂いたメールは携帯電話で確認は出来ますが、返信の際にパソコンに送ると文字化けしてしまうようです。恐れ入りますが携帯アドレスから送信をいただくか、携帯電話の番号を明記ください。
こちらからご連絡いたします。よろしくお願いいたします。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-22 05:25 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 05月 18日

松本都市デザイン講習会

松本都市デザイン講習会
に通い、一年間勉強することになりました。

「行政のカウンターパート(対等な相手)としての市民」となるために勉強していきます。

行政による街つくりの弊害も指摘される中、住民(担い手)の流動性も高まり、人のニーズも多様化している現代です。
誰がどのようにして街つくりを支えていくのか?という課題も見えてきています。

多元化:自主的な主体が(市民・行政・NPO・ボランティア・企業)
協働化:一緒になって(連携だけでなく対立や妥協もある)
分権化:権限と責任を分担して(自分達で決めるが責任も負う)

そんな新しい、協働のかたちが生まれてきています。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-18 06:02 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2011年 05月 15日

たけしアート☆ビート 佐野 籐右衛門  

京都での修行時代、5年間お世話になった「佐野 籐右衛門」氏が出演されます。


たけしアート☆ビート 「佐野藤右衛門」
BSプレミアム  5月18日(水)午後8:00~8:57
        5月20日 (金)午前8:30~9:28に放映されます。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-15 06:56 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 05月 14日

庭の小道から

グリーンスペースさんのブログで紹介されていた本を手に入れました。
荻野寿也さんのコラムでも紹介されていた素敵な文章を紹介します。


庭の小道から―英国流ガーデニングのエッセンス
スーザン ヒル (著), アンジェラ バレット (イラスト), Susan Hill (原著), Angela Barrett (原著), 新倉 せいこ (翻訳)
c0112447_7301913.jpg



「庭づくりをする人たち」
 人間の行動のなかで、子どもを産むことは別として、庭づくりがいちばん楽天的で、希望にあふれたものです。庭づくりをする人は計画的で、少し先のことでもずっと先のことでも、将来を信じ確信している人なのです。インゲン、エンドウマメ、リンゴ、プラム、バラ、ボタン
いろいろな植物の種を蒔いたり、植えつけたり、接ぎ木をしたり、ふやしたりするのは、将来に対して積極的な賭けをするということです。これからまだ何週間も、何か月も、何年もあるのだと宣言するようなものです。50年や100年以上もかかる苗木を植える人にいたっては、楽天的なばかりか、次の世代にとっての恩人でもあります。
 いつも戦争のことを考え、それを予想してこわがっている人、人類と地球の終末を思う人、魂がしぼみ、時代の困難や脅威に打ちひしがれている人、希望も慰めもないと思い、新しい夜明けのかすかな光も見ようとしない人。そんな人には、庭づくりをおすすめします。庭づくりをすると、勇敢で大胆に、やさしくて冷酷に、きちょうめんででたらめに、おだやかで忍耐強くなることを、順ぐりに覚えていきます。何よりも今日という日を満喫し、明日に希望を持つことを覚えるのです。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-14 07:31 | Comments(2)
2011年 05月 12日

学ぶ

「知への欲求」が生まれたのは修行時代かもしれません。
知らなかったことを知る喜び。知らないことの悔しさ。「もっと知りたい、もっと勉強したい」と初めて心の奥の方から自分が望んで生まれてきた感情。

よくよく考えてみると、親に上手く育ててもらったおかげなのかな?
そう、上手く育ててもらったというのは、親が褒めて育ててくれたのかも。覚えてないけど。
もしくは褒められてないから、本当は「もっと褒めて欲しい」と心の奥で欲しているのかも。

そんな「もっと褒めてもらいたい」という邪道な気持ちが奥底にあって、そこに人に喜んでもらいたいとか使命感とか自己顕示欲とか、もの作りの楽しさとかいろんなものが複雑に絡み合って、「もっといい庭を作りたい」という欲求に繋がっているような気がします。

いろんな欲求の中でも僕にとって「いい庭を作りたい」というのは自分の中のかなりの多くの部分を占めている欲求。何を考えていても結局庭つくりに繋がってしまう。

単純に考えれば、庭も植物も好きで好きでしかたがないって感じもするし。
1日のうちの大半。そして1年のうちの大半を庭のことばかり考えているから病気に近いのかも。

仲間の中にはその「いい庭つくり」をするためにお茶を習ったり、お花を生けたり、創作活動にいそしんだり、コンペに参加したり、技術を磨いたり。
磨き方はイロイロあるけど、みんなが切磋琢磨して努力しています。

僕なりにいろんなことを勉強したり、行き詰ったり、悩んだりでここに来て今一番やりたいことは建築を学ぶこと。庭作りを考えれば考えるほど、建築のことを知りたくなるし、好きになる。

庭は人と建築と街。そして過去と未来を繋ぐものだと想います。
そして庭師は建築家ともお施主さんともしっかり建築と庭との関係性を一緒に作り出す力をつけていかなければ、存在意義が危ぶまれる位置にあるのだと感じていました。

ということで・・・今日から一年間、週に一度、職業訓練校?の2級建築士受験講座に通ってきます。
c0112447_22595070.jpg
そうは言っても、先生は試験を通すためのテクニックや問題を教えに来ていて、受講生は試験に受かるための授業を受けに来ているから、講義の内容はぜんぜん物足りない・・・。
ただ建築のことをもっと知りたい、勉強したいという僕は異物のよう・・・

しかも受験資格が厳しくなって(耐震偽装以来)、高校の普通科卒業の僕には受験資格さえ与えられていないのだから、どうなってんの?
まあ資格なんてあってもなくてもこっちは気楽に一年間授業料払って勉強させてもらいます。

週に一度の楽しみが増えました。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-12 23:17 | 想い | Comments(1)
2011年 05月 11日

ロベール・クートラス

LABORATORIO/ラボラトリオで開催中の「ロベール・クートラス展」に行ってきました。

c0112447_2251259.jpg

深淵な世界をのぞかせていただきました。

美味しいオリーブオイルと蜂蜜に出会えました。
c0112447_2263256.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-11 22:07 | Comments(0)
2011年 05月 10日

復興

復興とは?

復興(ふっこう)とは、一度衰えたものが再び勢いを取り戻す事を指す。

復興は、何らかの問題により勢いを失った団体や勢力、ないし市町村など地域・集合体の機能を回復させ、以前の状態に戻すことであり、またはこれらの集合体(=社会)が用いる手法のことである。

一般に復興が求められるのは、地震・水害や大規模な火災などの深刻な災害や、戦争(紛争など)による損害を被った社会である。

wikipedia 復興より

果たして今回の東日本大震災で大きな被害を受けた東北・北関東の人々、また日本にとって復興とはあの3月11日がなかったとして、漫然と続いていたであろう大量生産、大量消費の日々に戻すことなのだろうか?

僕らはすでに幻想の毎日を生きていることを知ってしまった。

明日いや今日この瞬間でさえ、何事もない穏やかに暮らす幸せが、あっという間に崩れ去る脆いものだということを。

みんな気付いていたけど、大きな声を出して言うほど確信もなかった・・・
本当にこんな便利で満ち足りた世の中がいつまでも続くのだろうか?


c0112447_16151132.jpg

しかし、人間にとって大事なことはさほど多くはない。
それはすぐ近くに、目に見えないけど、すぐ近くにあることがよく分かった。


経済学者は言う。自粛ばかりしていると経済が停滞してしまいます。どんどん消費してください。
電力会社は言う。原発がないと電力が足りません。計画停電が必要です。


本当だろうか?


本当に必要なものを、本当に必要な人のために、丁寧に作り、大事に使う。
今日、必要なだけ自然の恵みを頂く。
そういう暮らしで日本という国の経済はまわらなくなるのだろうか?

つい何年か前、「母の日に新しく発売した水で温める電子レンジを買ってあげたい」と言ったら、母は「蒸し器で蒸すから必要ない」と言った。
じゃあ
「いい掃除機が出たからそれにしよう」と言ったら「ほうきと雑巾があるからいらない」と言われた。

そうか!僕の頭の中も毒されていたんだ。
そんなことを気付かせてくれた母の日でした。

価値観が変わる時。それは想像を超えるような出来事に出会った時。
今がチャンス。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-10 16:15 | 想い | Comments(0)
2011年 05月 09日

東日本大震災復興支援プロジェクト 庭JAPAN

庭JAPANというのは、‘ 心に庭をもち 人と人の間にあるつかみ所のない場所で フワフワっとした種を植える ’ をキーワードに、
庭師を中心として肩書きや職種を問わず共感する人たちが集っている団体です。
今回この庭JAPANとして活動することを決めたのには、連係がとれるチームで動けば能力を効率よく発揮し大きな力になる事ができると考えたからです。
庭師の技術、能力が今この大きな災害で必要とされています。
報道と現地で得られる情報ではいくらか違う部分もあり、一部ゴールデンウィークのボランティア募集は閉め切ったとの情報がありますが、
実際石巻の方にお話を伺ったところ、今回の連休では自粛されたボランティアの数が多く人手が足りなくなってしまった所もあるそうです。
それぞれいろいろな状況や考え方があり、やりかたや時期も違うのかもしれませんが、このプロジェクトに賛同していただける方のご協力を改めてお願い申し上げます。


東日本大震災復興支援プロジェクト 庭JAPAN 特設サイト http://niwajapanproject.blog.shinobi.jp/


代表者 古川乾提 庭師 m28e 代表
担当者 岩間苑香    m28e アシスタント
調整役 長崎剛志 庭師 N-tree 代表
    朝日陽子    N-tree アシスタント


庭JAPAN
所在地:〒443-0001 愛知県一宮市木曽川町字宝光寺5番2
電話:0586-82-6582
E-mail:info@m28e-tsukuru.jp URL:http://niwajapan.blog.shinobi.jp/


連絡先
古川乾提 m28e
〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5番地2
携帯:090-2184-2086(古川乾提)080-3071-5306(岩間苑香)
電話:0586-82-6582 Fax:0586-82-6583
E-mail:info@m28e-tsukuru.jp URL:http://m28e.jp


長崎剛志 N-tree
〒185-0033東京都国分寺市内藤1-25-32
携帯:080-3317-5028(長崎剛志)080-3737-0028(朝日陽子)
E-mail:info@n-tree.jp URL:http://www.n-tree.jp


<実際の動き方について>
全体で五期に分け、一期間(一週間)につき固定メンバー(少なくとも5名)が常駐するようにします。その5名以外は流動メンバー
として各々の予定に合わせて活動できるようにします。
毎回固定メンバーの中から連絡担当を1名決めますので、行き帰りの連絡は基本的に担当者に伝えるようにしてください。
一期間を終える固定メンバーの人は、次に来る固定メンバーの人に引き継ぎを行ってください。
以上を基本としますが、状況に合わせて人数や作業の内容は臨機応変に対応します。


<期間>
第一期 *終了
日程:2011年4月18日(月)~4月23日(日)
場所:多賀城市
   塩竈市 丹六園 - ビーアイ関口さん紹介
   石巻災害ボランティアセンター
内容:庭の復旧、石巻市で津波を受けた家屋の瓦礫撤去及び泥出し
参加者:(3名)
Mathieu Renoux 庭師 フリーランス
谷口聖二 庭、音楽活動 
長崎剛志 庭師 N-tree


第二期
日程:2011年5月8日(日)~5月15日(日) 
場所:石巻市災害ボランティアセンター
内容:石巻市での津波を受けた家屋の瓦礫撤去及び泥出し
その他依頼:宮城郡松島町円通院の燈籠や十三塔、倒れている石碑の復旧
      仙台市神社の燈籠の復旧 - ビーアイ関口さん紹介
      仙台市太白区 個人宅 庭木の移植(亡くなられたお父様が大事に育てられていたもの)- ビーアイ清水さん紹介
参加者:*まだまだ参加される方を募集しています、詳しくは長崎までご連絡下さい。
固定メンバー(5名)
古川乾提 庭師 m28e
平山郁夫 庭師 平山庭店
甲田貴也 庭師 庭心
金光浩     エイブルアート
長崎剛志 庭師 N-tree(連絡担当)
流動メンバー(未定)


第三期
日程:2011年5月15日(日)~5月22日(日) 
場所:石巻市災害ボランティアセンター
内容:石巻市での津波を受けた家屋の瓦礫撤去及び泥出し
その他依頼:未定
参加者:*募集中
固定メンバー(5名)
塩野潤 庭師 塩の
流動メンバー(未定)


第四期
日程:2011年5月22日(日)~5月29日(日) 
未定
参加者:*募集中
固定メンバー(5名)
流動メンバー(未定)


第五期
日程:2011年5月29日(日)~6月5日(日) 
未定
参加者:*募集中
固定メンバー(5名)
長崎剛志 庭師 N-tree
流動メンバー(未定)


<集合・宿泊場所>
集合場所:石巻市災害ボランティアセンター
     石巻専修大学 テントサイト
     宮城県石巻市南境新水戸1番地 
宿泊場所:石巻専修大学 テントサイト
ボランティアセンター構内マップ/石巻専修大学テントサイト利用ルール http://gambappe.ecom-plat.jp/?module=blog&eid=10553&blk_id=10548


アクセス:*2011/5/6現在、JR石巻駅までの仙石線、石巻線は普及しておりません。仙台駅から臨時バスが出ています。
・仙台-石巻 臨時直通バス 仙台駅前-石巻駅前-石巻専修大学間
 [ 平日 ] 仙台駅前:さくら野百貨店33番のりば、石巻駅前3番のりば
 *土曜・休日は、石巻駅前~石巻専修大学間、区間運休
 お問合わせ先 ミヤコーバス 電話 0225-22-4161
・車で仙台方面からお越しの際は、三陸道石巻河南インターから10分
 道路交通情報お問合せ先 東北自動車道 ボランティアインフォメーションセンター
 電話 022-377-3122 設置場所 東北自動車道 泉パーキング(下り)
 石巻市災害ボランティアセンターのサイト左下のマップでも道路の開通状況が確認できます。
 石巻市災害ボランティアセンター http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10163


<準備品>
作業機器・資材:ダンプ、クレーントラック(トンバックが不足している)、ユンボ(バケットよりハサミがよい)、発電機、チェーンソー、番線カッター、
        高圧洗浄機、燈籠復旧資材等
作業用具:剣・角スコップ(センターに予備多数有り)、バール(大・小)、ほうき、かけや、のこぎり、コテ、じょれん、熊手、左官用フネ、ブルーシート等
 * 基本的な道具(スコップ、ネコ等)はセンターにも多数あります。ガソリンも現地で調達できるようになってきています。
 作業用品店もあります。造園や建築関係でない方はお持ちいただかなくても大丈夫です。


服装:ヘルメット(センターに予備有り)、ゴーグル(予備3個有り)、防塵マスク(風邪用のものでなく厚手のもの 予備3個有り)、軍手、
作業用ゴム手袋(厚手のもの)、長靴(膝下までの長い作業用のもの)、泥・雨よけ作業用雨具(上下が分かれているもの)タオル、長袖、長ズボン等
 * 現地では水害災害用の服装をする必要があります。粉塵災害もあるので、防塵マスク・ゴーグルは必ずつけるようにしてください。
 また、予備は多少ありますが、手袋、長靴、雨具は個々で自分に合ったサイズのものを用意してください。
 水害作業マニュアル/ガレキの処理における留意事項 http://msv3151.c-bosai.jp/?module=blog&eid=13406&blk_id=13403


宿泊用具:テント(ミーティング用のテントが一つあります。3、4人でしたら寝ることができます。かなりの強風が吹くことがありますので、
テントを張る時はしっかりと固定してください。もしくは状況に応じて一度たたむなどの対策をしてください。)、寝袋、マット(テント内に敷くもの)、
食器、コップ、箸、トイレットペーパー、消毒用ジェル、うがい薬、風邪薬、常備薬等
 *寝袋は持参していただくようお願い致します。 カセットコンロ等自炊用品はあるのと、テントサイトでは炊き出しが出ることがあります。
 コンビニも再開し始めました。メンバーの車で買い出しに行くこともできます。車で来られる方は飲み水、食料を無理のない範囲で少しだけ余分にお持ちいただけると助かります。
 その他自分が快適に過ごせるように必要なものは各自用意してください。


その他あれば便利なもの:携帯用ポータブル充電器(テントサイトでは携帯の充電ができません)、ヘッドライト(夜中のトイレは真っ暗です)、
体を拭くもの(テントサイトにはシャワーがありません、銭湯を探しておきます)
*貴重品の管理は常に身につける等、各自での対策をお願い致します。


<保険について>
怪我や事故、余震や津波による被害のおそれがあるため、必ず事前にお近くの社会福祉協議会でボランティア保険「天災プラン」に加入してください。
ボランティア保険について(ページ左 ボランティアや支援活動を考えているみなさんへ 参照) http://www.saigaivc.com/


<その他お知らせ>
交通費に関しては出る可能性がありますが、詳しくわかり次第お知らせ致します。


<連絡先>
古川乾提 m28e
〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5番地2
携帯:090-2184-2086 電話:0586-82-6582
Fax:0586-82-6583 E-mail:info@m28e-tsukuru.jp


長崎剛志 N-tree
〒185-0033 東京都国分寺市内藤1-25-32
携帯:080-3317-5028(長崎剛志)080-3737-0028(朝日陽子)
E-mail:info@n-tree.jp 


協力:庭人の輪、たんぽぽの家、エイブルアートジャパン、ビーアイ、東京藝術大学サッカー部OB会 他


参考リンク
宮城県災害ボランティアセンター http://msv3151.c-bosai.jp/index.php?top
石巻市災害ボランティアセンター http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10163
石巻災害復興支援協議会 http://gambappe.ecom-plat.jp/index.php?top
ボラ市民ウェブ http://www.tvac.or.jp/
東日本大震災支援全国ネットワーク http://www.jpn-civil.net/
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 http://www.saigaivc.com/


東日本大震災支援活動団体リンク
庭人の輪 http://niwabito.com/
[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-09 17:52 | Comments(0)
2011年 05月 09日

生産者に

自分の庭作りのためだけに苗の生産をすることにしました。
ですから販売はしていません。趣味みたいなものです。
それというのも欲しい苗がなかなか生産されていないからなのですが・・・
まぁ気長にやります。
c0112447_1632593.jpg


鉢植えで育てる利点は時期を選ばず移植が可能なこと。お土産やプレゼントに便利!

しかし水やりを忘れて、帰ってきたら「あちゃ~」なんてことはしばしばあるのです。
旅行も出来ないし・・・
 
ですが、毎日の水やりが慌しい日常をどれだけ癒してくれることか^^

花が咲いたら嬉しいし、具合が悪ければ心配・・・
たくさんの家族と一緒に暮らしている。そんな感じです。

趣味みたいなものだからかなりマニアック。
プレゼント用は伝市鉢やstarnetの素焼き鉢。栽培用も生産用の素焼き鉢。
鉢が呼吸をしているので、余分な水分も乾きやすく、苗も締まって良い生育です。
c0112447_16435268.jpg


土は硬質の鹿沼土と硬質の赤玉土を植物にあわせてブレンド。
つぶれにくいので、水はけが良く、根詰まりを起こしません。
c0112447_1646161.jpg


植替え後のコタヌキランとコメガヤ
c0112447_16474527.jpg


5年目に入った我が家の糸葉シャクヤク。もうじき咲きそう。
c0112447_1771396.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2011-05-09 16:48 | 植物について | Comments(0)