三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

樹木治療

初めて庭の手入れをご依頼いただいた大事なお客様。もう15年のお付き合いです。
我が家の宝と大事にしてくださっている赤松は樹齢100年以上になります。
家の入り口にそびえるこの大木に登ると松本市内から安曇野、乗鞍まで見渡せるほどの展望です。

木に登って、木の気持ちになってみる。

すると、家より大きなこの木は「家を家族を守ってるよ」と言っているように聞こえるのです。

それもそのはず、この木の目線からは家族のことが良く見えるのです。
誰が仕事に行った、お孫さんが帰ってきた、お客さんだ!、天気が悪くなってきたよ~。
農業を営むこのご家族をず~っと見守ってくれているのです。100年もの間。
c0112447_162980.jpg


だから庭の木を切りたいとおっしゃるお客さんには出来るだけ家族を見守ってくれている木だから、手入れは出来るだけ手間をかけないようにやるので残してあげて欲しいとお願いするようにしています。

その大事な木の下枝に来客のどなたかのトラックが当たって枝が折れてしまいました。
c0112447_1622960.jpg

もともと僕が手入れを依頼される15年以上前にも道路舗装中の重機に当てられて、枝が裂けていたのですが、なんとか命を繋いでいた下枝ですが今回ばかりは切らざるをえません。
c0112447_1624718.jpg


応急処置として綺麗に切り戻して、トップジンペーストという殺菌剤入りの癒合剤を塗って、後日治療に伺いました。
c0112447_1642952.jpg

もともと裂けていた傷口は長年の風雨にさらされ、腐朽が進み、心材は蟻の巣になっています。
蟻の駆除を行い、切り戻した傷口のささくれをノミで綺麗にそぎ落とします。
c0112447_1645071.jpg


トップジンの効果は紫外線などの影響で3ヶ月から半年ほどしか持続しないので、「ラックバルサン」という人口樹皮を塗布して治療を終えました。
c0112447_165620.jpg

c0112447_1652359.jpg


以前は腐朽部を削りとり、ウレタンを注入して穴を塞ぐということをしていましたが、長年の経過観察の結果、逆に腐朽を進行とさせてしまうことが分かり、現在では出来るだけ樹木の自然治癒力で傷口を塞ぎ、すでに腐朽している箇所は、腐った部分を取り除き、乾きやすい環境を作ることが良いという考え方が多いようです。

秋のお祭りまでに、また葉むしりの手入れに伺う予定です。
その時には回復の傾向が見られれば良いのですが。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-31 16:05 | 樹木医 | Comments(0)
2011年 07月 25日

週末

23日土曜日は友人家族と赤沢自然休養林

もう何度も訪れた場所ですが、子供達を連れていくのは初めて。
c0112447_1971444.jpg

心地良い風が吹く中、森林鉄道(トロッコ列車)に乗って大はしゃぎ。

特製バーベキューに川遊び、ゴムボートで川下り。
めいいっぱい夏の一日を満喫しました。

24日 日曜日は激烈な競争を勝ち抜いてゲットした、松本市四賀の化石掘り体験教室。
c0112447_199507.jpg

世界で2例しかない、マッコウクジラの化石が出た場所での掘りとり。
1500万年前の地層を掘り堀りすると、出るわ出るわの化石たち。
魚のヒレ
c0112447_19115757.jpg

ニシンのウロコ
c0112447_19121493.jpg

こんなに掘れました。
c0112447_19123757.jpg


子供よりも大人が夢中になってしまうほど、ワクワクする体験。
松本市と合併した旧四賀村ですが、自然豊かな農村風景がひろがるとても気持ちの良い所です。
四賀化石館もかなり楽しい!
オオムラサキも初めて見ることが出来ました。
c0112447_19153953.jpg


四賀行きの山道で車は煙を吹いて、帰り道は松本市内のどまん中で大量の煙をまき散らして大ヒンシュク。息子と二人でレッカー車で帰宅するオマケ付き。
c0112447_1918155.jpg

c0112447_19182624.jpg

原因は昨日スタンドで入れてもらったオイルの入れすぎでした・・・チャンチャン。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-25 19:18 | 遊び | Comments(2)
2011年 07月 22日

inspiration

【英語・名詞】inspiration

・創造的作業の過程などに、突然ひらめく考え。何かをやろうという気持ちを起こさせる力。
・霊感

土木の関連資材を調べに工場へ。
c0112447_1728834.jpg

c0112447_17282168.jpg

c0112447_17283256.jpg

c0112447_17284110.jpg

c0112447_17284950.jpg


もりもりインスピレーションが湧いてきます。
いつ使えるか?わからないアイディアでも、頭の中で絵を描いて、いつか実現出来る日を心待ちにしています。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-22 17:28 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 07月 20日

なでしこ

なでしこJAPAN おめでとう!
c0112447_21121569.jpg


なでしこの花言葉は「純粋な愛」

悔しいことも沢山あったでしょう。流した涙も1度や2度ではないでしょう。

悔しいこと、辛いこと。

「負けてたまるか!」自分に向けて何度叫んだことでしょう。

辛いこと、悔しいこと、悲しいことを乗り越えようと地面をしっかり掴んで踏ん張った時、人は強く優しくなれる。

優しいだけでも、強いだけでもダメだ。

「強くて優しくなければ」そしてそこに「愛がなければ」

c0112447_21195667.jpg


「上へ上へ登ってやろう!」そんな気概は、時に逆境も必要です。
そんなことを感じさせてくれるなでしこJAPANの快挙でした。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-20 21:20 | 想い | Comments(0)
2011年 07月 19日

FELCO 7

注文していた FELCO 7が届きました。
スイス製の剪定鋏です。

造園の仕事をし始めて今年の春で20年。
いよいよ体もあちこちにガタがきました。

剪定仕事が続くと、手首が痛くてしかたがないので、少しでも負担のかかりにくい鋏を探していろいろ使ってみたのですが、FELCO 7 かなり良さそうです。
c0112447_1664267.jpg


力を入れて切断するとき、指の動きに合わせてスムーズにハンドルが回転します。

FISKARSのギア式も使ってみましたが、使いやすいがかさ張ります。
c0112447_167128.jpg


手鋏だけでも木の種類や枝、剪定の仕方によって鋏は数種類使い分けます。
c0112447_1662383.jpg


これでダメならバッテリー式か?
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-19 16:07 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 07月 16日

蔵造りのOFFICE 完了

毎日暑い日が続いています。
ふら~っとなりながらも、なんとか持ちこたえて、蔵造りのOFFICE完了しました。
c0112447_18242534.jpg

c0112447_18243848.jpg


シロアリにやられてボロボロになった枕木を外して、バランスを見ながら枕木をずらして自然石を敷きこみました。厚みのある石をがっちり組み合わせて砕石で突き込んであるので、水はけも良く枕木も長持ちすることでしょう。
石の間から草が生えたら完成です。

c0112447_18255370.jpg

c0112447_1826913.jpg

c0112447_18262413.jpg



街並みと建築、庭が一体となって景色を作るお手伝いが出来て、とてもやり甲斐のあるお仕事でした。
写真撮影の帰り道。早速、教えていただいた「フランス菓子 ミッシェル」の季節限定「サバラン」と「タルト」を家族のお土産に買ってきました。最高に美味しかったです!
c0112447_18332797.jpg


これからお盆すぎまでは庭木の手入れを頑張ります。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-16 18:28 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 07月 12日

八ヶ岳高原音楽堂

友人に誘ってもらって建築家の皆さんと八ヶ岳へ建築見学へ。
メインは吉村順三記念ギャラリー主催の八ヶ岳高原音楽堂の見学会。
簡単に見学することの出来る建築ではないそうです。

その前に、予約を入れておいてくれた、新津組 山梨支店へ。
設計は飯田善彦建築工房
c0112447_23222674.jpg

c0112447_23223771.jpg


その後、八ヶ岳高原の別荘を散策。これがまたスゴイ。
個人邸のため写真は掲載出来ませんが、キョーレツに感動しました。

八ヶ岳高原ロッジで昼食後、八ヶ岳高原音楽堂へ。
c0112447_2325212.jpg


なんと贅沢な空間
c0112447_23252340.jpg


自然豊かな環境の中でいかに建築と庭をアプローチしていくか?
c0112447_23262686.jpg


八ヶ岳の数多くの名建築を見る機会に恵まれ、本当に勉強になりました。
c0112447_23281872.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-12 23:28 | 建築・お庭探訪 | Comments(0)
2011年 07月 08日

安曇野の庭

ホームページ、トップページの写真を「安曇野の庭」に変更しました。
c0112447_20461963.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-08 20:46 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 07月 07日

蔵造りのOFFICE

松本市内で移築再生された蔵造りのOFFICE にて朽ちてきた枕木敷きのガレージを石敷きで補修する工事が始まりました。
c0112447_22395622.jpg

c0112447_2240923.jpg


お言葉に甘えて、ご依頼をいただいてからお待たせすること5ヶ月。
申し訳ありません。やっとの着工です。

ダメになってしまった枕木を外すとシロアリの行列・・・
外した箇所に石を敷いていくと、模様になって延段のよう。
c0112447_22431639.jpg


心を込めてひとつひとつ石を敷いています。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-07 22:44 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 07月 05日

後片付け

地震の後片付けも今日でようやく終わりました。
倒れて積み重なった品々をそのまま元に戻しても芸がない・・・?

この際生活をもっとシンプルにするために、捨てるものは思い切って捨てました。
なんと2t車2台。
c0112447_18193879.jpg

どれだけモノに支配されているのでしょう?
どれだけ片付けしてないのでしょう?

重いものは棚の下へ。この2年使ってないものは処分。
漬物や食材を入れていた2台目の冷蔵庫も処分。

崩れた事務所の本棚も徹底的に整頓。カタログもほとんど処分。昔の資料もすべて処分。

仕事の仕方や生活を変える第一歩になることでしょう。
3.11以降、ちょっとずつ何かが変わっていっています。
永田町のガレキも撤去しなくては・・・

物置の中からどこかに紛れてしまっていた水栓を発見。
c0112447_1828926.jpg

設備問屋の倉庫に眠っていた昔の小学校の水栓。
骨董市で買った水栓。
イギリスで買った水栓。
どれもいつかお庭で使おうと買い求めたものばかり。
片付けしたご褒美だね。

昨夜は片付けも一段落したお祝いにみんなでウッドデッキで夕御飯。
c0112447_182966.jpg

家族がみんな健康で仲良し。それが一番大事。

いつも庭を作っていて思うのは、「庭や建築が人を幸せにするのではない」ということ。
どんなにお金があって素敵な家に住んで綺麗な庭があっても幸せじゃない人を沢山知ってる。
そんなの当たり前だけど、人にとって大事なのはモノじゃないし、金でも家でも庭でもない。

誰とどうやって心通わすか?でしょ。目に見えないもの、耳に聞こえないもに目を凝らし耳を凝らす。きっとすぐ近くに宝モノはあるはず。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-07-05 18:38 | 想い | Comments(0)