三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

庭木手入れと砂利敷き

秋祭り前までの庭木手入れもやっと一段落してきました。
c0112447_23281566.jpg


お客様の家の近所にある廃墟
c0112447_23285555.jpg

なんでもない作りだけど、媚びてない佇まいが美しいです。

今日は大町・安曇野市穂高・島内と3件廻る遠距離コース。
久しぶりの仁科の家は木々も育ち、落ち着いた景色になっていました。
大町の東山から見る北アルプスはこれまた絶景です。
c0112447_23393836.jpg

快晴で鹿島槍もくっきり見えました。
こちらのお宅のすぐ裏は仁科神明宮です。
背景の山と鎮守の森、田畑や蔵が織りなす景観はこれぞ目指すべきランドスケープと想わせるような、自然と人間の生活が互いに適度な距離感を持つ、素晴らしい景色でした。
c0112447_23445097.jpg


来週からは安曇野市でstudio aulaさんの設計監理の住宅兼カフェ「ねこパン」さんの着工です。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-29 23:38 | 仕事日記 | Comments(0)
2011年 09月 20日

樹勢回復治療

赤松の木が弱ってきてしまい、樹勢回復治療のご相談を受けて2年。
この秋には緑の葉を茂らせ、元気に回復してくれました。

治療前
c0112447_1425032.jpg

c0112447_14251784.jpg


治療後2年
c0112447_1425344.jpg



三楽 樹木医ページ
[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-20 14:25 | 樹木医 | Comments(0)
2011年 09月 18日

樹勢

ここに来てアメシロの大量発生、病気の発生などが続き、普段はお声のかからないお客様からも害虫駆除や樹勢診断のご依頼を頂いています。
秋を目前に葉を食べられる、病気になるなどで痛めてしまうと、樹勢が衰える原因となります。
お気軽にお問い合わせください。

安曇野stepsではアブラムシの発生によるすす病が発生。殺菌消毒をしてきました。

この春植栽した樹木たちも元気に育っていました。
c0112447_8315139.jpg

c0112447_832447.jpg


Rではカツラの木にアメシロ発生。たぶん近くの公園から来たのでしょう。
それ以外はオーナーが丁寧に草の丈を抑えたり、間引いてくれて当初のコンセプトに近い姿が作られつつあります。
c0112447_8351316.jpg

c0112447_8352815.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-18 08:35 | 植物について | Comments(0)
2011年 09月 17日

1週間

あっという間の1週間でした。
先週末から妻や子供が熱を出したり、打ち合わせのための資料作りに、今週末のためのスケジュール調整。
上手くいかない時はこんなもんで、妻の2度の接触事故。僕は僕で打ち合わせのために高速で移動中にバースト。今日の運動会は仕事が長引き、子供のかけっこには間に合わず。
京都迎賓館の見学を取りやめ、急遽、石巻に行くつもりで宿も電車も予約したけど、昨日からまた子供が熱を出してやむなく断念・・・

続くときは続くものです・・・

だけどこんな時は、何か大事なことを教えてもらっていると思ってます。

連休は溜まりに溜まった事務仕事を片付け、子供たちとゆっくり過ごすことにしましょう。
c0112447_2221070.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-17 22:21 | 想い | Comments(0)
2011年 09月 07日

Fazil Say-Black Earth (Kara Toprak)

Fazil Say この世界観・表現力・独創力。素晴らしい。参りました。
Eさんありがとうございます。



この曲を聞いて東北の方々を想わずにいられません。

被災地では仮設住宅に入ってからは自立した生活を求められ、生活に困窮し、子供達に食事を与えるために両親は一日一食の食事で10kgも体重を落とされた話。
生活を切り詰めるために、支援物資のカップラーメンだけで食事をしている話。
奥様を亡くされ、食事を作ること、食材を調達することに困り、コンビニで1週間分のおにぎりを買って毎食1個づつ食べているという話。
そんな状況が伝えられてきています。この厳しい現実に・・・
[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-07 21:35 | Comments(0)
2011年 09月 07日

繋ぐ

常々、庭という仕事は繋ぐことだと思う。
昨日もお施主さんから庭木の庭木の伐採を依頼され感じました。

命を繋ぐ、内と外を繋ぐ、想いを、歴史を繋ぐ。植物と人間を繋ぐ、自然と反自然を繋ぐ、人と人を繋ぐ。旦那(お施主)と棟梁(建築家)の想いを繋ぐ。

通信の発達で今までより、個と個がより早く・緊密に繋がる時代になりました。面となるスピードが早くなることで何かが変わり始めてきている気がします。

「心は無限に広がる」
考える、想いを巡らすことは自由で、いくらでも大きく広げることが出来る。しかも無料。

「にわ」はもっと自由な世界。もっと大きな心で楽しみたいと思います。


福島の除染対策は3つしかないそうです。
「洗い流す・土を削る・庭木・草を取る」
洗い流し、削り、取ったものをどう処分するか?ということが、国の方針が決まっていないため、自治体・個人も手をこまねいているこの問題。
処分方法が決まれば、土や植物を扱う庭師は大いに人と人を繋ぐ活躍の場を得られると期待しています。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-07 07:04 | 想い | Comments(0)
2011年 09月 05日

学ぶ力

「学ぶ力が伸びる」ための第一の条件は、自分には「まだまだ学ばなければならないことがたくさんある」という「学び足りなさ」の自覚があること。無知の自覚といってもよい。これが第一です。
「私はもう知るべきことはみな知っているので、これ以上学ぶことはない」と思っている人には「学ぶ力」がありません。こう人が、本来の意味での「学力がない人」だとわたしは思います。ものごとに興味や関心を示さず、人の話に耳を傾けないような人は、どんなに社会的な地位が高くても、有名な人であっても「学力のない人」です。

内田 樹さんのブログの記事を一部転用させていただきました。

内田さんの思考にはいつもハッとさせられるのです。

内田 樹の研究室 

人間が生きてゆくためにほんとうに必要な「力」についての情報は、他人と比較したときの優劣ではなく、「昨日の自分」と比べたときの「力」の変化についての情報なのです。そのことをあまりに多くの人が忘れているようなので、ここに声を大にして言っておきたいと思います。自分の「力」の微細な変化まで感知されている限り、わたしたちは自分の生き方の適不適を判定し、修正を加えることができます。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-05 15:51 | 想い | Comments(2)
2011年 09月 02日

今年に入って蜂に刺されたのは三回目。しかも、一度に3箇所・・・

仕事を始めてから通算すれば30回以上刺されているので、呼吸が苦しくなったり、動悸がすることがあるので常に薬を携帯しています。

しかし、今回は不安だったので病院で点滴と消毒をしてもらいました。
c0112447_9283532.jpg

やっぱり違うなぁ。点滴してもらうとずいぶん腫れも少ないです。

そうは言っても、ハサミが握れないほど腫れているので今日は図面仕事。

蜂は黒いものをめがけて刺してくるというけど、あれホントですね。
黒いラバーの手袋をしていたので、そこだけ刺されました。
顔も黒いけど手袋の方が黒かった(笑)

せっかく時間が出来たから、行きたくても行けなかった松本市美術館の「土門 拳の昭和」展に行ってきます。
[PR]

by sanrakugarden | 2011-09-02 09:36 | 仕事日記 | Comments(0)