三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

行きつ戻りつ

朝方からの雪は今も振り続いています。
c0112447_10233776.jpg

行きつ戻りつしながら、少しづつ春に近づいています。
通学路の雪かきに行くと、子供たちの元気な挨拶。子供たちの心の込もった言葉に暖かい気持ちになりました。

2月25日の土曜日は日本建築家協会JIA長野県クラブ・松本市美術館 共同企画の「暮らしの空間セミナー」
「近作について」 西沢 立衛さんの講座にお伺いしました。

時代と環境から読み解く建築的アプローチ。とても刺激的でした。
著書でもおっしゃっておられますが、

「新しい設計の仕事というのは、新しいものを考えることが出来るチャンスなんです。だからせっかく新しく考えるチャンスが到来したのに、昔考えたモデルを押し当てて、新しく考えるチャンスを棒に振るのはもったいない。
建築というのは毎回クライアントもプログラムも敷地も違うので、そういう意味では毎回ゼロから考えたいと思っています。」と述べられています。

おっしゃる通りの挑戦する姿勢と描き出す世界に感動しました。

当然、過去から現在、未来へと続く線の上にひとつひとつの仕事があるので、そこにはなにか共通点というものがあるのですが、その心意気こそが西沢氏を西沢氏らしい仕事へと導いてくれるのでしょう。自分に対する反省と共に、今年のテーマでもある「挑戦」を改めて心に刻みました。

そういう意味でも、現在、松本市美術館で開催中の「シャガール展 愛の物語
c0112447_10464845.jpg
 
没後10年特集展示 「田中一光 不朽のポスター
c0112447_10474853.jpg


も心に大きな火を灯してくれました。

現在進行中の塩尻町の家も完成に向けてあと少し。
植栽も始まり、芽吹きが楽しみです。
c0112447_10501570.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-29 10:51 | 想い | Comments(0)
2012年 02月 23日

鉄平石 大判敷き

よく晴れた22日、鉄平石の大判を諏訪まで取りに行ってきました。
c0112447_196549.jpg


大きい物はたたみ一畳ほど。
c0112447_1982229.jpg


敷地の広さ、建築に寄り添うためには、このくらいの存在感が必要。
確定申告・消費税申告も終わって、明日から鉄平石敷きが始まります。
c0112447_1983644.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-23 19:09 | 仕事日記 | Comments(0)
2012年 02月 23日

豊かさとは?

雨の朝。

造園設計に向かおうと机に向かうと思うことがありました。
「ガチャガチャしてるなぁ。」なんの意図もなく作り上げられた机まわり。
c0112447_825776.jpg


だけど僕にとっては大事なものばかり。
亡くなった弟の愛用していた机。昔の会社で使っていた椅子、家族の写真、大事なメモ。
子供がつくってくれた鉛筆立て、父の日にくれたメッセージ。
洗練さのかけらもないけど、僕にとっては大事なものにかこまれた大事なスペース。

いつも一緒に仕事に出かけるダンプ。すれ違えばひと目で僕と分かるボロボロのダンプ。
c0112447_8305787.jpg

親父の会社で庭仕事を始めて、ダンプが必要だけど会社にはお金がない。
親父が自腹の分割で買った中古のダンプ。買った時からボロボロで直すのもはばかられて乗っているうちにさらに味が出てきた・・・
c0112447_8343660.jpg

だましだまし直して乗ること15年。楽しいことも厳しいことも一緒に乗り越えてきた仲間。

お金もないから簡単には買い替えることは出来ないけど、きっとお金があっても買い替えないモノたち。

そこには使う人にしか分からない、モノの価値以上のモノが宿っている。
それは心の豊かさに繋がるモノだと思います。

「心豊かな暮らし」をお手伝いする庭つくりの仕事。
庭の中にも、この木を、この石を眺めた時に思い出される父母の顔、幼い頃の思い出。

「この木は爺ちゃんが家を建てた時に植えた木だよ。」
そんな共に歩んだ人生が刻まれている大事なモノを活かすことが、家族にとって受け継ぐべき歴史でもあり、心を癒してくれる空間になる。と改めて感じました。

心の豊かさとは?豊かな暮らしとは?
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-23 09:10 | 想い | Comments(2)
2012年 02月 20日

塩尻町の家

本日より藤松建築設計室 設計監理の住宅、「塩尻町の家」に着工しました。

今年は雪は今のところ少ないのですが、寒さが厳しいため雪がぜんぜん溶けません・・・

c0112447_21213621.jpg


今日はまず施工予定場所の雪かきから。
2t車2台分の雪を場外搬出してから、ようやく位置出しです。

明日からは少し寒さも緩むようです。
楽しくなってきました。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-20 21:20 | 仕事日記 | Comments(0)
2012年 02月 17日

Leafsnap

iphoneでLeafsnapというアプリがあります。

このアプリをWi-Fi環境で使って分からない植物の葉を写真に撮ると、名前が分かるというスグレモノ。
試しに観葉植物を撮影してみました。
c0112447_8401990.png


もちろん表記は英語。候補はたくさん上がってきたけど正解はなし・・・
観葉植物までカバー出来ていないのかな?

写真の背景が白でなくてはいけないなど制約はあるにしても、無料で楽しめるアプリです。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-17 08:42 | 植物について | Comments(0)
2012年 02月 16日

松本市 生垣補助金申請

松本市では生垣設置補助金交付事業というものがあります。

今日はこの春、造園工事・植栽工事をしてくださるお客様の生垣補助金申請書類を作っています。
c0112447_10325063.jpg


昨年、松本で起こった震度5強(一部は震度6)の地震でも多くのブロック塀、石塀が倒れました。
幸い大きな怪我はなかったようですが、通学中の小学生が被害にあいました。
松本市では、ブロック塀を解体して生垣を設置する場合、今までよりも補助金を増額して最大20万円、補助率も隣地境界で60%、道路境界で70%と拡充しています。
(事業所の場合は補助金20万円、補助率は隣地境界50% 道路境界60%)

生垣をあらたに作りたい方は、自分で木を買って来て植えても、業者に頼んで木を植えても、最大で5万円(補助率50%)を松本市から補助してもらえます。

条件

1 公道または隣地境界沿いに3m以上連続して植栽すること。  
2 1mにつき2本以上植栽すること。
3 樹高は植栽時点で50cm以上であるものとすること。
4 連続する生垣について樹種は2種類以内とすること。
5 生垣が道路・水路等に侵入することのないように、敷地境界から50cm程度後退して植栽し、境界からはみ出さないように管理すること。
6 ビャクシン類(ビャクシン、ネズミサシ、タマイブキ、カイヅカイブキ等)は、リンゴやナシの赤星病の予防防止のため補助対象となりません。

補助対象経費

生垣を設置するのに要する経費とします。
例:苗木、土、肥料、人件費(業者の場合)

1 四ツ目垣を併設する場合は、その経費も含みます。
2 既存のブロック塀等を生垣にする場合は、その部分の解体撤去費も含みます。

提出書類

1 松本市景観形成事業補助金交付申請書
2 業者の見積書の写し
(生垣の樹種、本数、樹高、枝張の寸法も明記のこと。尚、自営で設置する場合は「自営工事見積書」を提出してください。)
3 生垣設置図面
(生垣の設置場所がわかるように、敷地図に生垣の設置場所を朱書きで記入してください。)
4 位置図
(住宅あるいは事業所の位置が分かる図面(住宅地図の写し等))
5 写真
着工前の現場写真1枚
6 納税証明書
市税に滞納がないことを証明するもの(納税課の窓口へ)
※納税状況の情報提供は地方税法により制限されているため、お手数ですがご本人より提出をお願いします。

c0112447_10464438.jpg


注意点

1 申請は必ず着工前に行い、補助金交付決定通知書をお受け取りになってから着手してください。
2 道路改良その他公共事業により立木補償の対象となったものは補助対象となりません。
3 販売を目的とした建売住宅等に販売業者が設置する場合は補助対象となりません。
4 本事業の補助は同一敷地内一回限りです。

生垣補助金申請書類ダウンロードはこちらから

木を選ぶ時の注意点や管理には手間もかかりますが、植物と共に過ごす暮らしは理屈抜きに気持ちがイイです。
松本市が植栽することを決断するのにハードルを少しだけ下げるお手伝いをしてくださるのでこの機会に是非ご利用してはいかがでしょうか?
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-16 10:41 | 造園設計・ガーデンデザイン | Comments(0)
2012年 02月 16日

カラーサンプル

春らしい日差しも感じられるようになり、造園設計・ガーデンデザイン・植栽・庭木手入など、外まわりに関する様々なご相談をいただいています。
お待たせしてしまってスイマセン。
夢は大きく、計画は慎重に、庭の可能性を広げられるようなプランを検討中です。

今日は計画中の造園設計で検討中のペンキのカラーサンプルが届きました。
c0112447_10164573.jpg


公共施設のすぐ近くで計画中の住宅のお庭です。
近くを通る子供たちがつい遊びたくなるような、ワクワク感のあるお庭のプランです。
旧街道に接し、硬いイメージの大きな建物があるので、庭のアイテムに綺麗な色を取り入れたいと思っています。

外部で使う塗料のため、発色はもちろん、耐久性・色の組み合わせが非常に大事になってきます。

なんでもなかった場所が、ちょっと気になる素敵な場所になってくれるように思案中。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-16 10:23 | 造園設計・ガーデンデザイン | Comments(0)
2012年 02月 11日

庭木手入れ

年明けから昨度中に出来なかった庭木の手入れを回らせていただく日々です。

落葉樹の剪定は今が最適。
樹木の体内エネルギーが最大の時期でもあり、樹木への負担が最も少なく、切り口から侵入する腐朽菌などの細菌類の活動が一番停滞している時期でもあります。
葉がないため作業もスムーズ。

季節の影響が少ない伐採作業もこの時期にやらせてもらうようにしています。
伐採は自然と命の尊さについて考えさせられます。
c0112447_18591489.jpg


「人間と樹木との間の架け橋」になるのが僕らの仕事。
理由の納得出来ない伐採は、お客さんと相談して出来るだけ命を繋げる方法を考えます。

それでも人間の生活との折り合いをつけるために、他の樹木を活かすために伐採をせざるを得ないことが多いの事実。
伐採される樹木の多くは、その場所に合わない樹木を植えてしまっていることがほとんどです。

我々が植栽する場合はもちろん、木を植えたい方々の相談に気軽にのれる場所を作っていくこともこれから大事なことだと思います。

以前作らせていただいたお宅に庭木の剪定に伺うのは、自分のプランした庭の変化や木々の成長を定期的に見られる絶好の勉強の機会にもなっています。
イキイキとした樹木の成長を見てウレシイこともあれば、大きくなりすぎたり、成長が芳しくなく反省することも・・・
本当に生きている植物を扱うということは難しいと年を経るごとに思います。



先日お伺いした蟻ヶ崎台の家はお庭を作らせていただいて約10年。
c0112447_19211279.jpg

イタリアのピンコロも格子塀も味わいが増して美しくなっていました。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-11 19:00 | 仕事日記 | Comments(0)
2012年 02月 11日

冬の楽しみ

寒さ厳しい日が続く信州ですが、立春も過ぎて暖かい春の日差しを感じるようにもなってきました。

冬ならではの楽しみも多いのですが、最近は凍み豆腐作りも楽しみのひとつ。
c0112447_12305520.jpg


薄くスライスした豆腐を一晩外に出しておくとカチカチに。それを朝のお味噌汁に入れると、なんとも美味しいのです。子供たちも大喜び。
ジュースや果物を凍らせてシャーベット作りもみんな大好き!

昨晩はアイスキャンドル作りに挑戦しました。
c0112447_12361351.jpg

花びらや葉っぱを入れて只今冷凍中。次男が放り込んだ干しいたけのせいで、出汁のようになってしまいましたが楽しみです。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-11 12:36 | 遊び | Comments(0)
2012年 02月 07日

チョコレート

小さなカワイイ女の子からちょっと早いバレンタインのプレゼント♥
c0112447_18282724.jpg


ウキー!(ウレシイー)
c0112447_18293413.jpg


今年もいっぱい遊ぼうね。
[PR]

by sanrakugarden | 2012-02-07 18:30 | 想い | Comments(0)