三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 26日

カスタム

studio aulaさん設計監理の住宅 「繭玉の家」の工事が進行中です。

南庭は既存の飛石を据え直し、新しい沓脱石を加えて元々あったお庭との繋がりを作り出しています。

c0112447_7324132.jpg


竹垣の準備も進行中。既存の擁壁上にゆめ舎さんが鉄細工で鉄枠を設置してくれています。
まずは扉の柱を施工中。
c0112447_7341055.jpg


背の高い竹垣になるため、控えの柱も細かいスパンで設置予定。
控え柱を固定するための沓石をゆめ舎さんと考案。
c0112447_736199.jpg


沓石カスタム完了。
c0112447_7362287.jpg



工事の進行を詰めて、今日から3日間の溶接講習へ。仕事の幅を広げるために勉強してきます。
竹垣の材料も入荷してきたので、夜は材料加工かな?
c0112447_7371793.jpg


では今日も元気に行ってきます!
[PR]

by sanrakugarden | 2013-11-26 07:38 | 仕事日記 | Comments(0)
2013年 11月 18日

着工準備

11月に入ってから剪定をひたすら進めていました。
まだまだ遅れていてお待たせしてしまっているお客様には本当に申し訳ございません。


先週は京都の竹屋さんから愛用の手ぼうきと茶庭ぼうきも届きました。
信州松本では孟宗竹が育たないのでホウキ作りに向く竹枝が入手しずらいためです。
近年は京都でも竹の需要が減ったため、竹穂を確保するのが困難になってきているそうです。

c0112447_1818365.jpg


白馬連峰は雪景色となりました。
c0112447_18201475.jpg


今週末は来年1月からの仕事のご契約を3件お預かりしました。本当に有難いことだと感謝しています。
この冬も忙しく働けそうです。
雪が降ったら山に石を取りに行くことが出来ないので冬支度で石の仕入れにも行ってきましたよ。
c0112447_18225968.jpg


資材置場は新たに置く場所もないほどイッパイで、仕方なく植木畑まで石だらけです。

c0112447_18224467.jpg



そして今週木曜日からはstudio aulaさん設計監理の住宅「繭玉の家」が着工です。
c0112447_18243633.jpg

12月7.8日のオープンハウスに向けてタイトな日程ですが、皆さんの協力を得て頑張れそうです。

しかしここ数ヶ月は、恐ろしいほど時間が立つのが早い・・・来年夏まで突っ走ります。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-11-18 18:30 | 仕事日記 | Comments(0)
2013年 11月 01日

高木剪定

10月最後の大仕事は安曇野市で雑木による屋敷林を育てられているお客さんの家での高木剪定です。

c0112447_454677.jpg


駒ヶ根市のアーバーワークスさんの力をお借りして、敷地外に張り出してしまった枝を剪定します。
c0112447_454294.jpg


アーバーワークスの小松さんは樹木医であり松保護士の仲間です。
c0112447_524098.jpg

クレーン車や重機も使えず、周りの建築や大切に育てられてきた植物を傷つけられない場所で、巧みなリギングと剪定技術で仕事を進めてくださいました。

c0112447_521863.jpg


庭師には手強くて手が出せない仕事で、林業家(木こり)さんではブツブツに切られてしまう高所での作業を、その木が持つ自然樹形の良さを活かしながら、こちらの要望をすべてこなしてくれました。

樹木のこと、樹形や未来の木の姿、環境や景観のこと。樹木1本の剪定にも想いを共有しながら仕事が出来る人はなかなかおりません。
自分の好きな仕事をとことん深く掘り進める姿勢から多くのことを学ばせていただきました。

サクラ2本、エノキ、柿の木の計4本。二人で片付けても間に合わないほどの早さで精度の高い仕事を仕上げてくださいました。
c0112447_513526.jpg


未来につながる夢を語りながら仕事が出来る素晴らしい一日でした。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-11-01 05:17 | 庭木手入 | Comments(0)