三楽 3LUCK 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 29日

本年もありがとうございました。

12月28日で現場作業を終えて、事務仕事・年賀状・刃物研ぎ・掃除・整頓を残すのみとなりました。
きっと31日まで動くのは例年と変わりなさそうですね。

よく走り回った年でした・・・

楽しいことも、嬉しい事も、苦しいことも、つらいことも、悲しい別れも、うれしい出会いも。
本当に沢山のことがありました。

もちろん足りないことだらけで、後悔もたくさんあります。
それはこれからの自分に課せられた宿題ですが精一杯やってきた充実感が今は勝っています。

いろんなことひっくるめて、本当に良い年となりました。

来年は1月6日から始動です。皆様よいお年をお迎えください。
本年もありがとうございました。


                          三楽 三原 伸能・香織
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-29 12:52 | 想い | Comments(0)
2013年 12月 21日

導入

世界中のアーボリスト御用達のお店、SHERRILL TREEから荷物が届きました。
c0112447_1656578.jpg


国内では手に入りづらい道具や、価格が高い道具などは運賃や関税を払っても取り寄せる価値はありそうです。
c0112447_16575959.jpg


早速、大きなトチノキの剪定で実践しました。
c0112447_16594498.jpg


今までやっていた剪定の方法がなんだったのか?というくらい安全に早く仕事が出来ます。
c0112447_1704037.jpg


新しく導入したノコギリはsilkyのSUGOI
c0112447_174372.jpg


TSURUGI
c0112447_175899.jpg


膝下に装着出来るのも嬉しい。デザインもカッコイイけどプロの仕事に必要な要素を満たしてくれているのが大満足!
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-21 17:13 | 庭木手入 | Comments(0)
2013年 12月 12日

繭玉の家 竣工

studio aulaさん設計監理の住宅 「繭玉の家」の造園工事が完了しました。

建築足場が外れてから約1ヶ月。いろんな方から助けを得て今日を迎えることが出来ました。
感慨もひとしおです。

12月に入りただでさえ忙しい年末進行に増税前の駆け込み需要も重なって皆さん本当にお忙しい中無理をして都合をつけてくださいました。

c0112447_17474224.jpg


c0112447_17482345.jpg


c0112447_1750384.jpg


長い道のりでした・・・手がちぎれるかと思った・・・

c0112447_17512295.jpg

c0112447_17513876.jpg


c0112447_17525466.jpg


おかげさまでやりきった充実感でイッパイです。

竹の伐採適期にお願いして刈ってもらい、竹の上部はすべて節止めにしてあるので長持ちしてくれると思います。
傷んで交換する際はお施主さんが自分で施工出来るようにステンレスの針金で結束しています。

竹屋さん曰く、竹垣に変わって様々なフェンスを使うようになったため、竹を使わなくなり竹林が荒れているため今後はなかなか材料を揃えるのが難しくなっていくだろうとのことでした・・・

建築や庭で使う材料はせめて本物を使っていただきたいと切に願うのです。
いつも近くにあって見るもの・使うもの・触れるもの・感じるものは愛着の湧くものであって欲しい。
我々も工夫をしてコストを抑えながら少しでも良い物を提案していきたいと思います。

薄っぺらい偽物が混じると嘘っぽくなってしまいます。嘘っぽいものは惜しくもなく簡単に壊されてしまいます。

作り手としてこれからも愛情を持っていただけるものを作り続けたいと、竹を編みこみながら強く・強く感じました。



今年最後のお庭作り。このような機会を作ってくださったお施主さま・stuio aulaさん、ご協力いただいた皆様に本当に感謝しています。
今夜は干しダコをツマミにチョット飲み過ぎてみようかと思ってます・・・
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-12 17:56 | 造園工事 | Comments(0)
2013年 12月 09日

講習会

アーバーワークスさんにアメリカから機材を取り寄せていただきました。

長年研究されてきたツリークライミングのシステムと技術の極々一部ですが、惜しみもなくご教授いただきました。
本当に有難いです。
c0112447_6591529.jpg


樹木医の樹勢診断や治療、特殊伐採はもちろんのこと、通常の剪定にも大いに役立つ技術です。

午後から自宅に戻って近くの公園で復習。
c0112447_705671.jpg

c0112447_711298.jpg


機動性、安全性、コンパクト。すごいシステムです。

子どもたちもすぐに使いこなせます。
c0112447_745359.jpg

目がキラキラしていました。
c0112447_751825.jpg


復習のつもりが子どもたちとの良いコミュニケーションになりました。

小松さん、ありがとうございました。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-09 07:06 | 樹木医 | Comments(2)
2013年 12月 09日

繭玉の家

塩尻市のstudio aulaさん設計監理の住宅「繭玉の家」 週末オープンハウスが行われました。

皆さんのご協力をいただいて目標としていた工事はなんとか間に合い、残す所竹垣のみとなりました。

コンクリート洗い出しのガレージは好天に恵まれたにもかかわらず、寒さもあってなかなかコンクリートが固まらずに苦労しました・・・
c0112447_648651.jpg


いろんなトラブルもなんとか乗り越えました。

コンクリートビシャン仕上げのアプローチ
欠けやすい角や側面は手ビシャン。
c0112447_6493133.jpg

広い踏面は新兵器導入
c0112447_6505354.jpg


カッコよくなりました。
c0112447_6511544.jpg


竹垣は残す所20m強。
c0112447_652939.jpg


最後の仕上げまで気を引き締めて頑張ります。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-09 06:52 | 造園工事 | Comments(0)
2013年 12月 01日

土の入れ替え

お庭の工事をする上で結構大きな予算をかけることになる土の入れ替え作業。
造成地や地盤改良の行われた宅地での植栽工事はほとんどの場合ガラガラの礫混じりの土で植物を植えられる状態にありません。

植栽にあたって一番大事なのが土作りでもあります。

土の入れ替えに多くの予算をとられて、実際に植える木が少なくなってしまうケースもよくあることです。

さらに近年は公共工事が減って新しく建物を作る・農道を作るなどの仕事が少なくなってしまったため、工事があることで発生する良質の土を確保するのが非常に難しくなっています。

手に入れられる時に畑に大量にストックをしておくのですが、置場の確保・草取りや天地返しなどの労力も大変です。

そこで注文していたスケルトンバケットが届きました。
c0112447_9353975.jpg


固く締まった土を掘り返し、大きな礫だけを取り除きます。

c0112447_115734.jpg



このスケルトンバケットがあることで、礫の多い締りやすい土の石だけを取り除き、良質の土や堆肥を入れることで安価に土壌改良することが可能です。
また、入手しづらくなった良質土の変わりに、現場作業で出てきた石混じりの土も礫を取り除き、土壌改良することで再利用も可能になります。

抑えられるコストは出来るだけ少なくして、木を1本でも多く植えることが出来たら、少しでも大きな木を植えることが出来たら三楽にお仕事を頼んでいただいたお客さんに御恩返しが出来るというものです。
来年に向けてご自分で木を植えたり、菜園を作りたいという方にもお役にたてれば嬉しいです。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-01 07:49 | 想い | Comments(0)
2013年 12月 01日

アーク溶接特別講習

10時間の実技講習も含めた3日間のアーク溶接特別講習も終わりました。

c0112447_11582291.jpg

なんとか溶接の仕組みややり方をマスターしてきましたので、ガンガン鉄をひっつけたいと思います!

竹垣の鉄枠もほぼ完成してきました。
c0112447_11585124.jpg

ゆめ舎さんの現場での溶接も少し手伝わせてもらったので、今後の仕事に活かしていきたいものです。
[PR]

by sanrakugarden | 2013-12-01 07:32 | 仕事日記 | Comments(0)