三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 27日

ホスタ

ホスタ?

最近は草木の名前も和名から学名へと表記が変わり、”はて?新しい種類かな?”と、戸惑ってしまうこともしばしばです。

ホスタも私の中ではその仲間。
”ん?”と思って鉢にささったラベルに目を通すと、親しみのあるギボウシの文字がありました。

ホスタとはギボウシのこと。春に食べる、山菜のウルイの事です。
小さなうちはシャキシャキとしてとても美味しい山菜ですが、大きくなるとその立派な葉がお庭のいいアクセントになる草花へと進化をします。

c0112447_18405999.jpg



梅雨のなかなか開けないこの時期は、咲く花の少ない時期でもあります。
緑ばかりになってしまうお庭でも、よく見ると葉の形は様々。そんな中で、ホスタの大きな葉はいい仕事をしてくれるのです。


c0112447_18410033.jpg




ホスタ(ギボウシ) キジカクシ科ギボウシ属
山野の草地や林内に生え、草丈50〜100㎝ほどになる多年草。 ギボウシ属は東アジア特産属で、ウルイと呼ばれる一般的なものはオオバギボウシ。他にも、葉が小さなコバギボウシ、湿地帯に生えるミズギボウシなどがあります。 オオバギボウシの葉は大きく、長い柄があり、長さ18〜30㎝、幅10〜15㎝ほど。先はとがり、裏面は脈が隆起し、小さな突起が脈上に少しあります。花は7月〜8月。高さ60㎝にもなるものもある、長い花茎を持ち、白〜淡紫色の花を横向きに多数つけます。実は朔果で、種子は片側に翼がある平な楕円形をしています。




そんなホスタは、雑種ができやすく種類も豊富です。 大きな葉がとお勧めしましたが、小さな種類の可愛いもの、葉の色も明るい黄緑色から青みがかったもの、斑入りのものまで様々あります。


c0112447_18410013.jpg

葉の形の丸くて可愛いこちらは”ラブパット”という品種。ブルー系の葉はカップ状になり、草丈は100センチほどになります。


c0112447_18410191.jpg

姫トクダマギボウシ
葉の大きさは5㎝と小さめ。全体も15㎝と小柄です。


c0112447_18410278.jpg

ビッグダディ
枝張りは90㎝、高さ60㎝前後になります。 やや大型種。葉の大きさが30㎝と大きめ。


c0112447_18410272.jpg

ビッグママ
ビッグダディの奥さん(?) で、ダディより大きい種類。灰緑色に近い青色の葉で、枝張り120㎝ほどになる。



c0112447_18410369.jpg

一株で1メートルほどにもなるので存在感たっぷりですが、和風の庭にも、洋風の庭にもとても馴染みやすく、取り入れやすいお勧めの植物です。




三村








[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-27 17:27 | sense of wonder | Comments(0)
2016年 07月 25日

7月も

7月も最終週になってしまいました・・・
毎日いろんなことが目白押しなのに、ブログを書くところまでなかなかたどり着けません。

c0112447_20193149.jpg

c0112447_20203786.jpg


毎日楽しみなのが仕事帰りの野菜収穫。
毎日食卓に上がる採れたて野菜を味わったら、大変でもやめられません!
夏野菜は例年並みですが、トウモロコシ・ジャガイモ・ネギ・枝豆は作付け面積を一気に3倍くらいアップしたので草取りが追いつかない・・・仕事の前に草も取って兼業農家のようです(笑)

7月はいろんなお庭にも顔を出しました。
野溝木工のリフォームガーデン
c0112447_2025341.jpg

南原の家
c0112447_20262277.jpg

柏原の家 藤松さん写真お借りしました!
c0112447_20271024.jpg


現場も進行中
今年も伺いました。山の子保育園の特殊高所剪定
c0112447_20282944.jpg


studio aulaさん設計監理 オガケン施工の塩尻市の住宅「庭とアクアリウムが繋ぐ2世帯」。
c0112447_20301348.jpg

なんか不思議なご縁で急遽関わらせていただくことになりました。よろしくお願いします。

こちらも不思議なご縁。10月オープン予定の割烹のお店。計画が進んでいます。
c0112447_20305650.jpg


いつもお世話になっています。藤松建築設計室の店舗兼住宅。こちらも塩尻市。
c0112447_2033518.jpg

計画も大詰めです。

そして今日から着工しました。
studio aula設計監理の塩尻市の住宅「みちゆきのコートハウス」。計画から着工まで間を挟んで2年。
熟成しました。写真を撮り忘れてしまったけど。
c0112447_20374398.jpg




三原
[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-25 20:39 | 季節 | Comments(0)
2016年 07月 19日

ハンショウヅル

この間、日向山に登った時に出逢った野の花ハンショウヅル。
c0112447_05381390.jpg


ハンショウヅルはクレマチスの仲間で園芸品種に見られるような派手さはありませんが、おとなしめで風情があり、かわいらしいです。
この以外にも日本原産のクレマチスで山野草として育てられているものには、紫色の大きな花が美しいミヤマハンショウヅルや白花の白花ハンショウヅル、北海道や千島に分布する暗紫色の花を咲かせるクロバナハンショウヅルなどがあります。

半鐘に似た紅紫色の花がいいですね
c0112447_05381410.jpg



松村

[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-19 21:40 | sense of wonder | Comments(0)
2016年 07月 15日

針葉樹

松本空港は針葉樹の宝庫。
c0112447_19174449.jpg


松本空港近くで防草シートを敷き込むお仕事をさせていただき、お昼休みに見学に行ってきました。
c0112447_19144591.jpg

この時期、新芽が展開した針葉樹の美しさは格別です。

アカエゾマツ
c0112447_19152574.jpg

ヒマラヤスギには特別大きく綺麗な松ぼっくりも
c0112447_191667.jpg


ピケアプンゲンス
c0112447_19181493.jpg


ホプシー
c0112447_19183593.jpg


スカイパークと合わせて散策を楽しんでください!


三原
[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-15 19:16 | 植物について | Comments(0)
2016年 07月 13日

燕岳

今年も登れました。

毎年恒例の燕岳。この山は人気の山で、年齢層も幅広くこの日も賑わっていました。♪


今年も登れるかな、どんな花が咲いているかな、天気は大丈夫かな、、、といろんな事を考えながら、登山前日はなかなか眠れない事があります。

そんな事を考えながら、いざっ出発。
c0112447_22102370.jpg

燕は、いきなりの急登続き...
てかずーーーーと急登かな...(^^;

なんとか合戦小屋に!
c0112447_22102420.jpg

合戦小屋と言えば、スイカ??
いっぱい食べて、もうひと頑張りで燕山荘です。
天気もよく、憧れの槍ヶ岳を見ながら登っていきます。
c0112447_22102675.jpg

富士山も!
c0112447_22102709.jpg


なんとか今年も登頂できました〰
c0112447_22102852.jpg

なんて綺麗な山なんだ!疲れもふっ飛びます。
今年も逢えました。高山植物の女王。
c0112447_22103070.jpg

コマクサ

登るのがいっぱいで、植物の写真をとれなかったけど、シロバナイチヤクソウ、マイヅルソウ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、ヤマブキショウマ、チングルマ、等々いろんなお花達に出逢えました。

登山日和でした。




松村。

[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-13 21:48 | 遊び | Comments(0)
2016年 07月 08日

ヤマアジサイ

7月に入り、蒸し暑い日が続いています。

今年の梅雨はなかなかしっかりとした雨が降らず、乾燥ぎみ。全国ではダムの水が少なく、節水を呼びかけているところもあるそうです。

雨が少なくて困るのは植物もおなじ。
花の減ってくるこの時期、梅雨に濡れて美しく映えるアジサイも、今年は少し暑そうにしています。

c0112447_17312871.jpg


アジサイよりも葉も花も小さめで、繊細な姿をしたヤマアジサイ。
松本市の弘長寺や法船寺のアジサイも満開の花を見ることが出来ました。

ほんの少しですが、種類をご紹介します。


ヤマアジサイ ユキノシタ科アジサイ属
サワアジサイとも呼ばれ、本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮半島南部の山地の谷沿いや湿った斜面など、湿気の多い場所で多く見られます。株立ちで1〜2mほどになる落葉低木です。若枝は淡緑色で葉は互生、長さ10〜15㎝、幅5〜10㎝の長楕円形をしています。表面はやや光沢あり、縁の鋸歯は粗めのギザギザから波状のものまでさまざあります。花は6〜7月、枝先に直径5〜10㎝の集散花序をつけます。小さな両性花の周りを直径1.5〜3㎝の装飾花が取り囲んでいます。





c0112447_17312813.jpg

七人の小人
四国産。
薄い水色の装飾花は一重、全ての弁が合着して盃状になった変わった形をしています。


c0112447_17353209.jpg


海峡
韓国済州島産。
小型種。花色は青紫。写真よりも青が濃く、一重で小さめです。葉の長さも2〜3㎝と小さく、遅咲きの花です。



c0112447_17312990.jpg

クレナイ
長野県伊那で発見されたもの。
咲き始めは白く、徐々に、赤みを増して真紅になります。一重で装飾花は3枚が多いようです。

c0112447_17313021.jpg

雨情
高知県産。
白い花に緑や薄紫の絣が入ります。一重の花弁は幅が広く先は鋭く尖ります。詩人、野口雨情から名前をとったそうです。



山地の気候により様々な、種類、交配種があるヤマアジサイ。育てていても品種がわからないのも多々あります..
c0112447_17313083.jpg

両性花も装飾花も青が濃く、先の尖ったもの。
c0112447_17313154.jpg

ごく薄い水色からだんだんと赤がさしてきたもの。葉は濃い緑。
(ヤマアジサイは、始めは白や薄青で、後に淡紅色になるものが多いそうです。)



その繊細で雰囲気のある姿だからか、つけられた名前も趣があるものが多いように感じます。
今年買った、”伊予の薄墨”と”伊予の盃”も素敵な名前。来年の花を見るのがいまから待ち遠しくてたまりません。

雨はなくとも、曇りがちな日が多くなる梅雨。憂鬱な気持ちも少し明るくしてくれる花です。



三村
[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-08 15:58 | sense of wonder | Comments(0)
2016年 07月 08日

植栽完了

春先から梅雨明け前の植栽が昨日で全て完了しました。
「梓川の家」
c0112447_7162538.jpg


「桐の家」
c0112447_7165991.jpg


「下諏訪の家」
c0112447_7172793.jpg


お盆明けの残暑が落ち着くまで植栽工事は少しの間お休みをいただきます。
今年も春先からたくさんの樹木を植えさせていただきました。ありがとうございます。

植物が日々の暮らしにささやかな喜びを届けてくれていることと思います。
いつもそばにいてくれて、いつもと変わらず見守ってくれているだけですが、言葉を持たない分だけ自分の心の中を映し出してくれる鏡のような存在でもあります。

お世話をさせてもらっているおかげで、彼らの声にならない声を聞き取ろうと、こちらが優しい気持ちにさせてもらっているような気がします。

たくさんあるお金の使い道の中で、庭や植栽、剪定など、私どもの仕事にご依頼いただけることは、本当に貴重なことで有難いと感謝しています。より良い仕事でお返ししなければと、日々その想いが強くなります。

必死で駆け抜けてきた10年間でしたが、さらに三楽としての仕事を進化させたいと、走りながら頭を悩ませているところです。

見えそうで見えない、届きそうで全く届かない。次のステージに上がるために自分が試されている時だと思います。




三原
[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-08 07:34 | 仕事日記 | Comments(0)
2016年 07月 05日

ホタルブクロ

花言葉=愛らしさ、忠実


花は終わりに近づいていますが、好きな野草です。
ホタルブクロは、平地から山地にかけてよく見かけます。
c0112447_22394253.jpg

この釣り鐘状の花がとてもいいですね♪
名前の由来は、子どもが袋のような形をした花のなかにホタルを入れて遊んだ説があります。

ホタルブクロには、ヤマホタルブクロとホタルブクロがあり、外見はそっくりですが蕚片の間が盛りあがっているのがヤマホタルブクロです。
見つけた時は、観察してみてください!

この間、白馬の鉄工房座間さんにホタルブクロの鉄ランプを作ってもらいました。
c0112447_22394438.jpg

もーめっちゃお気に入りです。



松村
[PR]

by sanrakugarden | 2016-07-05 22:27 | 遊び | Comments(0)