三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 24日

高木伐採/クレーン

松本市泉龍寺で高木の伐採・剪定を行いました。
杉の大木8本と伐採とヒノキ9本の高木剪定・芯止めです。
花粉が舞う前にと思っていたのに、予定がずれて飛散最盛期の伐採となって最悪のコンディションの中行われました・・・


                            施工前
c0112447_07184744.jpg
                            施工後

c0112447_07185801.jpg
施工前
c0112447_08002897.jpg
施工後  
c0112447_19473402.jpg
限られた期間の中で最大のパフォーマンスをするため、準備はバッチリです。
c0112447_07191426.jpg
c0112447_07194227.jpg
25tラフターと12tラフターとスタッフ10名で挑みました。

c0112447_07192177.jpg
c0112447_07195375.jpg
空中大木受け渡しの大技も出動、くしゃみが止まらない数日間でした。
c0112447_07200280.jpg
伐採した杉の丸太は遊建築さんが活かしてくれることになりました。感謝。


[PR]

# by sanrakugarden | 2018-04-24 19:50 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 03月 25日

3LUCK works 更新しました。

3LUCK works 追加更新しました。
c0112447_07124604.png

どうぞご覧ください。







[PR]

# by sanrakugarden | 2018-03-25 07:17 | 造園設計・ガーデンデザイン | Comments(0)
2018年 03月 21日

お別れ

樹木診断のご相談をいただいたのは2015年11月。
樹齢200年の赤松です。
c0112447_17111425.jpg
調子を崩して、枝のあちらこちらが茶色くなってきていました。
周辺に広がる松枯れを心配して、松本市の耕地林務課によるクイムシの検査もしていただいていましたが、結果は陰性でした。

庭木手入れの強剪定による樹勢の衰退が原因と判断しました。

翌2016年の6月、枯れ枝の落下を防ぐため、枯れ枝の枝下ろし。
c0112447_17112113.jpg
樹高は15mを越えるため、当社のクレーン車では届かず、ツリークライミングを駆使して枝下ろしをしました。

あれから約3年。弱った木がマツクイムシの被害にあわないように、薬剤の散布をさせていただいたり、お任せいただいた庭木の手入れをしながら様子をずっと見てきました。
昨年の秋には緑色の葉が少なくなり、この冬生命を全うしました。

c0112447_17113232.jpg
生命を全うしたと言い切るには、人為的な弊害があって樹勢を弱らせたこと、自分も関わりながら諸々の事情や決断もあって十分な治療を施さなかったこと、もっとやれることがあったのではという後悔もあって、素直に受け入れない自分もいます。

樹木の最後に立ち会うことが多い私たちですが、いつもやれることをやりきれていないことに苦しさを覚えます。

直接、診断や治療に携わる私たちがこんな想いを抱えるのですから、樹木の健康を願いながら、毎日様子を見て手を施すことの出来ないお施主さんにとってはもっとやりきれない日々だったと想像します。
先祖から受け継ぎ、守ることを託され、子供の頃から当たり前のようにそこにいたのですから。


c0112447_17114269.jpg
前日からお酒を絶って、身を清め、当日はお施主さんとお酒とお塩を供え、想いを伝えてから伐採作業となりました。
最後に立ち会うため、お施主さんもご夫婦でご都合合わせていただき、この木に捧げる詩(うた)をよんでいただきました。

c0112447_17115415.jpg
ただただ、感謝と後悔に包まれるなんとも言えない気持ちを抱きながらの伐採ですが、こういう悲しさを抱きながら伐採することで、新しく作る庭つくり、これから植える木々には健やかに育って欲しいと願いを込めて、想いをめぐらし、工夫をして、木を選んで、植栽に挑みます。


お別れするまでに心を整理する時間をもらえたということは幸せです。
別れの季節でもある3月。
ふとあの詩が思い浮かびます。

暮れなずむ町の 光と影の中
去りゆくあなたへ 贈る言葉
悲しみこらえて 微笑むよりも
涙かれるまで 泣くほうがいい
人は悲しみが 多いほど
人には優しく できるのだから
さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉



[PR]

# by sanrakugarden | 2018-03-21 17:32 | 樹木医 | Comments(0)
2018年 03月 16日

防草シート敷き工事

studio aulaさん 設計監理の塩尻市のグループホーム「こぶなの家」竣工しました。
c0112447_14430755.jpg
私たちはウッドデッキと境界擁壁、フェンスの仕事でしたが、竣工に至るまでのご苦労を伝え聞いているのでお役に立ててとても嬉しかったです。
入所者さんが暖かい陽の差し込む、暖かなこのホームで快適なお時間をすごせることをお慶び申し上げます。おめでとうございます。

c0112447_14432337.jpg
松本市、里山辺の家で進めていた物置工事も順調に進んでいます。マツモト物置

里山辺の家で使用する鉄平石を採石場まで取りに行ってきました。
c0112447_14433706.jpg
ここ近年では稀にみる良材が産出しています。良い石の層にぶつかったようです。
c0112447_14434409.jpg
巨石を使った庭造り。カッコいい!どなたか?作りませんか。今がチャンスです。

c0112447_14435818.jpg
着工した塩尻市 吉田の家。こちらも順調に2回目のコンクリート打設が完了です。(打設前の写真)。



松本市で防草シート敷き工事が完了しました。
昨年から長いことお待たせしてしまいました・・・
c0112447_14440883.jpg
年内にお伺い出来ず、土が凍ってしまい、ようやく土が緩んで施工開始です。
c0112447_14441959.jpg
狭いところは人力で草の根、種も一緒に土ごと場外処分。
c0112447_14442801.jpg
c0112447_14443842.jpg
物置の下や、コンクリートとシートの隙間なども丁寧にシートを敷き込み、ちょっとの隙間からも生えてくる草をシャットアウトします。

c0112447_14444954.jpg
お待たせしていましたが草茂る前に完成しました。ありがとうございました。



[PR]

# by sanrakugarden | 2018-03-16 15:00 | 仕事日記 | Comments(0)
2018年 03月 10日

sense of wonder 8 春の香りのアロマクラフト 開催

3/10 塩尻市の温(ぬっく)さんでsense of wonder8 春の香りのアロマクラフトが開催されました。
c0112447_21225349.jpg

今回は温の玉川さんに講師をお願いして、チーク&リップクリーム、ドライフラワーと岩塩のサクラ色バスソルト、お守りアロマブレンドオイルを教わりました。
それぞれ好きな香りや色をブレンドしてオリジナルのコスメが出来上がりました。
c0112447_21223057.jpg
c0112447_21224028.jpg
c0112447_21222037.jpg
和やかな楽しい癒しの時間となりました。
ご参加下さった皆さま、講師をして下さった玉川さん、ありがとうございました。






[PR]

# by sanrakugarden | 2018-03-10 21:26 | sense of wonder | Comments(0)