三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:庭 ( 174 ) タグの人気記事


2018年 07月 25日

除草剤の影響

酷な毎日が続いています。昨日は午後から軽い熱中症になってしまったようで、頭痛とだるさがおさまりませんでした。
今日は急遽予定を変更させていただいて、久しぶりに溜まった事務仕事や図面作成、することにしました。

最近頻繁に相談を受ける症状がこちらです。
c0112447_09355998.jpg
c0112447_09362476.jpg
c0112447_09361430.jpg
c0112447_09360897.jpg
植物の調子悪い、葉の色がおかしいから見て欲しいとのことでお伺いすると、病気や虫の被害ではありえない症状が葉に現れています。

周りの状態・木々の症状を確認して、除草剤を撒かれたことはありませんか?とお尋ねすると、顆粒の除草剤を撒いたというお答え。
「離れてたところに撒いたからまさかこんなことになるとは!」
と知らずに撒かれることがほとんどです。

特に顆粒(粒剤)の除草剤は土に浸透して処理層を形成するため、そこに生えている植物に全て影響してきます。
樹木の根は大きい木になると根元から10mも20mも先まで根を伸ばしていることがあります。
感受性の弱い・強いもありますが、ある除草剤は調べたところによると栄養分を作り出す光合成を阻害するそうです。
そして撒いてしまった除草剤を中和する薬はありません。
水に洗い流され、微生物や紫外線によって分解されるのを待つ他ないのです。

下の写真は私が管理している除草剤を使用していない畑の草と、除草剤で管理している隣の畑の写真です。
c0112447_09363229.jpg
境界線が明らかです。生きた土と死んだ土
c0112447_09364320.jpg

死んだ土に耐えられるわずかな種類の草が生えるだけです。

確かに草を管理していくことは大変なことです。自然の営みは時に容赦がないこともあります。
しかし、畑の畔で無残に枯れた草の姿は耐え難い気持ちになります。



[PR]

by sanrakugarden | 2018-07-25 09:55 | 樹木医 | Comments(0)
2017年 10月 10日

HOUSE-HUU 竣工

studio aulaさん設計管理の安曇野市の住宅「HOUSE-HUU」の造園工事が竣工しました。

c0112447_18581052.jpg
軒下空間を活かした植栽スペースは長城レンガを敷き込んで、眺望とビールを楽しめる場所を提案しました。奥さんの好きなユーカリ・ポポラスも寒さに弱いのですが軒下ならなんとか大丈夫そうです。
場所によっては信州でも冬越しするのですが、地植えすると大きくなりすぎるので鉢で管理します。
今冬は室内で管理していただくようにお願いしました。
c0112447_18581784.jpg
暑い夏の夕方、打ち水をして山を見ながら冷たいビール・・・あ〜羨ましい。

c0112447_18580146.jpg
切り取った景色も計算通りでした。
安曇野の秋も深まって来ましたよ。


[PR]

by sanrakugarden | 2017-10-10 19:01 | Comments(0)
2017年 07月 09日

温風至る

二十四節気 「小暑」 七十二候 「温風至る(あつかぜいたる)」の季節となりました。
九州地方での豪雨災害にお見舞い申し上げます。
この暑さの中、災害に遭われた方々のご苦労を想うと、とても居た堪れない気持ちになります。
どうぞお気を強くお持ちになってください。

三楽も暑さに負けず頑張っているのですが、なかなかお客さんの御催促に間に合わず、お待たせしてばかりでスミマセン。

そんな中、今年は害虫駆除の依頼も多く、消毒は待った無しで動いていますが・・・
消毒をするたびに体調を崩すことも多く・・・
なんとか、害虫対策を考えなくてはと思っているところです。

c0112447_18052266.jpg

芭蕉が入荷しました。寒さにも強く松本でも冬越しする植物です。
松本でもアロハ〜な雰囲気の庭を作りたいって方はお問い合わせください!現在多国籍な植物も栽培中です。

草木の成長も旺盛ですね。
早く剪定に来て欲しいと・・・矢のような催促。ありがとうございます。
励みになってます。頑張ります。
c0112447_18053134.jpg
芝刈りをご依頼頂いて月に一度お伺いしています。ご自分で手間をかけるか?依頼して手間をかけてもらうか?するとやはり結果がついて来ます。
よくこの業界では「植物には足音を聞かせろ」と言いますが、手間を惜しまずかけた分だけ応えてくれるということでしょう。
それでも月に1回伺っても対応出来ないことの方が多いのです。
庭に植えた植物をペットに例えられる方もいらっしゃいますが、あながち間違ってません。
人が手を施さないと凶暴化するヤツも中にはいるんです(笑)こんな危険なヤツ植えなきゃ良かったみたいな。


c0112447_18054918.jpg
ナツメとノリウツギ。面白い組み合わせです。三年が経過して木々にも勢いが出て来ました。

こちらも3年目を迎えた「蟻ヶ崎台の家
c0112447_18062177.jpg
丁寧に暮らしていらっしゃることが伝わって来ます。
何事も「いい 加減」が大事なのです。「いいかげん」じゃないよ・・・
c0112447_18064279.jpg
やりすぎ感・頑張った感はあまり庭には必要がないと思うのですが、やりすぎ感なくてプロの仕事でお金をいただく匙加減はこれまた難しいと思うこの頃です。

c0112447_18062898.jpg
毎日見える景色ってとても大事。
小さなことでも日々の積み重ねは、長い年月が経つと大きな差になります。
毎日どんな気持ちで朝を過ごすのか?
疲れた心を落ち着かせてくれる時間。
いつも座る場所から見える景色。
心地よい日常を作るのが僕らの仕事かもしれません。

仕事とは別に子供と過ごす時間もとても大事。
子供の好きを伸ばしてあげられるのは、タイミングもあると思うのです。
今は三男が虫に夢中。主張をしないと忘れられがちな三男坊。
今年は彼と二人きりで虫の会に入会して虫ざんまいです。
c0112447_18060571.jpg




[PR]

by sanrakugarden | 2017-07-09 18:23 | 季節 | Comments(0)
2017年 02月 24日

春の兆し

仕事の途中でマンサクが咲いているのを見つけました。
昨日は咲き始めたばかりの梅の木を1本だけ見つけることが出来ました。
c0112447_18232342.jpg
きっと庭に木や花を植えるってこういうことだと思います。
日々の暮らしの中に自然の恵みや季節の移ろいを感じ心がほーっと緩む。
花や木、風の香りを感じて心踊る。今年も芽を出し、花を咲かせてくれることに感動する。
忙しい毎日の中ではそれはそれはとっても小さな喜びなんだけど、スマホやゲームや映画なんかの刺激の強い人工物からは得られない、なんか心の奥の方がほわーっと暖かくなる感じ。

そうです。そんな小さなことなんです。
心をそっと癒してくれることって。




[PR]

by sanrakugarden | 2017-02-24 18:40 | 季節 | Comments(0)
2016年 09月 19日

パトロール

9月19日は長男のテニスの新人戦でした。
熱心に練習に励み、たまには一緒に練習してきたのでやっと来たかという感じです。

送り迎えは僕の仕事。
下の3人を連れて、大会の送り迎えを妻に担ってもらうのはあまりに酷だから・・・
テニスの大会は朝は早いし、遠いし、時間は長いしこれまた大変。

台風の影響でいつ雨が強くなって中止になるかわからないので会場に仕事道具1式持ち込んで車内で仕事しながらの観戦です。

c0112447_17425328.jpg

朝から軽トラで行くのがカッコ悪いから嫌だとほざく息子。
軽トラのどこが悪いんだ!嫌なら歩いて行けと怒鳴って車から降ろす親父。

あ〜またやっちまったと後で後悔してももう遅い・・・多感な時期なのはわかっているのに。。。。

だからと言って、嫌だと言われると絶対引かない親父はこれからも軽トラで送り迎えをすることを固く決心して
作業着で観戦。

あんなこと言っちまったけど、可愛いことには変わりがない。
「あっ!バカどこに打ってんだ」な〜んて言いながら
ドキドキ・・・。
1回戦が終わった頃には雨の心配もなくなったので、大町から明科、池田町、安曇野市へとパトロールと打ち合わせ。

この春造園工事をさせていただいた、設計工房 悠 さん設計管理の大町市の住宅「大町の家」。
c0112447_17423711.jpg
c0112447_17421768.jpg

ナツハゼはもう紅葉をし始めていました。

会場に戻ると息子は2回戦であえなく敗退。
帰りも、「な・ん・で!軽トラで迎えに来るんだよオ(激怒)」の息子。
「嫌なら歩いて帰れ!このヤロー(激怒)」の親父。
狭い車内に気まずい空気充満で帰宅しました・・・。 続く。



[PR]

by sanrakugarden | 2016-09-19 18:29 | 仕事日記 | Comments(0)
2016年 05月 02日

手紙

小さな友達から手紙をもらいました。
c0112447_16372634.jpg

「おにわがみどりまみれになりました」

鳥もちょうちょも来てくれたんだね。巣箱もお花も上手に書いてくれたんだね。
みどりまみれか! 嬉しいなあ。

c0112447_16411435.jpg


庭を作らせていただいて、子供たちが喜んで庭で遊んでくれるなんて、こんなに嬉しいことはありません。本当にこの仕事をしていて良かったと思えるひとときでした。

「城山の家」のいっちゃんとさっちゃんもお手紙いつもありがとう。
c0112447_1645551.jpg

おっちゃん嬉しくていつも手帳に入れて大事に持ち歩いてるよ。
こちらこそいつもいろいろありがとう。
二人に喜んでもらいたくてみんなで一生懸命作っているからね。
もうすぐ完成だからもっとたくさんお話ししたり、おやつ一緒に食べようね。
いっちゃんとさっちゃんがお花好きになってくれたらおじちゃん嬉しいよ!
頑張るね。

三原
[PR]

by sanrakugarden | 2016-05-02 16:52 | 想い | Comments(0)
2016年 04月 25日

ジューンベリー

日に日に気温が高くなり、初夏のような日もあるこの頃。

大好きな芽吹きの時期もあっという間に終わりに近づき、
次々に開く花も、咲いたと思ったらあっという間に散ってしまいます。


c0112447_19152780.jpg



ジューンベリー   バラ科ザイフリボク属
カナダや北アメリカの庭木としてよく植えられ、標高の低い場所に分布するセイヨウザイフリボクなどと、日本のザイフリボク(シデザクラ)をかけあわせた幾つかの種のことを指したもので、6月に実を収穫できることから’ジューンベリー’と呼ばれています。赤から黒紫に熟す実や樹自体の姿だけでなく、4月中旬、葉とほぼ同時に1.5cmほどの細長い5弁の白い花を樹全体に咲かせる姿にも魅力があります。果実は 直径7〜10mm、白い粉をかぶり、房状に実をつけます。甘みのある実はジャムに加工されたりもされますが、そのままでも美味しく食べられます。 バラに似た丸みのある全縁の葉は、芽吹き時には銅色、その後少し青みにかかる緑色から、紅葉して黄やオレンジにと、様々な色が楽しめます。根元から枝を出すため、株立ちのようになる、樹高1〜8mほどの落葉低木です。



c0112447_19443719.jpg



我が家では毎年、ジューンベリーの収穫を楽しみにしているのですが、 この実を待っているのは人間だけではなく...
鳥たちにも甘い実は人気のようで、収穫時期には争奪戦が繰り広げられています。
今年はたくさん食べれるといいなあ。

c0112447_1952070.jpg


咲く前の蕾には赤い萼とふさふさの毛がたくさん。暖かそうです。


「城山の家」ではウッドデッキが完成〜!

c0112447_200725.jpg


外で遊ぶのが大好きなお姫様たちは、できたウッドデッキに大はしゃぎをして喜んでくれました。

この笑顔や言葉が、本当に嬉しく、幸せな瞬間です。
[PR]

by sanrakugarden | 2016-04-25 20:06 | sense of wonder | Comments(0)
2016年 04月 13日

ナブラノニワ / 竣工

studio aula さん設計監理の松本市の住宅「ナブラノニワ」の造園工事が完了しました。

c0112447_16484252.jpg


駐車スペースを含めた工事なのでお施主さんには工事中ご不便をおかけすることになってしまったので、出来るだけ大人数で工事期間を短縮しました。

c0112447_1650349.jpg


家の近くに車を寄せず、子供たちとサッカーが出来るように芝の面積を大きくとる思い切ったプラン。
多少の不便より、子供たちとのスペースと景色作りに敷地を使っていただけるのはお施主さんのご理解があってのことです。

c0112447_16545946.jpg


いつも庭作りをしながら「ここでしか出来ないことをあなただけのために作れる」幸せを実感しています。
ご家族にとってかけがえのない時間をニワを含めた暮らしの中で楽しく過ごしていただければと願っています。


三原
[PR]

by sanrakugarden | 2016-04-13 17:20 | Comments(0)
2016年 02月 19日

「大町の家」1期工事完了

設計工房 悠 さん設計監理の住宅「大町の家」の造園工事1期工事が完了しました。

c0112447_1828696.jpg


1月5日に着工して1ヶ月半。
若手2人が最後までやりきってくれました。
きっと見ていないところで、聞こえないところで相当の苦労があったと思います。

c0112447_1831485.jpg


グッと歯を食いしばって踏ん張った時に、人も植物も力強く根を張り成長します。

きっとかけがえのない喜びを得られたことでしょう。

持てる力を精一杯出し切って、なお、さらに良くすることが出来ないか?もっとやれることがないか?努力し続けること。それをやり続けていくしかありません。

c0112447_18373929.jpg



手間のかかる仕事なのですが、お客様にも気を長く、暖かく見守っていただけたおかげです。
仕事を任せていただき、私たちを育ててもくださいました。本当に有難いです。

3月中旬から植栽を含めた第2期工事が始まります。待ち遠しいです。

c0112447_18393369.jpg


泉龍寺造園工事は大ぶりの石で敷く準備が出来ました。
来週からさらに石工事が始まります。
[PR]

by sanrakugarden | 2016-02-19 18:36 | 造園工事 | Comments(0)
2015年 09月 08日

雨天植栽

連日の雨に頭を抱える毎日です。
そんな中「山形の家」では植栽が進んでいます。ゆっくりと・・・
c0112447_16444333.jpg


もともと畑だった敷地なので、ドロドロがハンパない。
そのため養生も片付けも段取りもハンパない・・・

c0112447_16453794.jpg


土が触れないのでやれる仕事がなくなってきました。お願いだから止んで!
c0112447_16461556.jpg

[PR]

by sanrakugarden | 2015-09-08 16:48 | 仕事日記 | Comments(0)