三楽 sanraku 造園設計・施工・管理 樹木樹勢診断・治療

gardenplan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:松本市 ( 651 ) タグの人気記事


2018年 06月 22日

目隠し植栽

本格的に初夏の剪定が始まりました。
梅雨を迎え、適度な降水量とたまに差し込む夏のような日差しでグングン木々は成長しています。
「初夏剪定」はジメジメ、ワサワサしてきたお庭の木々を綺麗にするだけでなく、この時期に剪定しておくことでこれからの成長を
抑制することが出来ます。
また、大概の草木の花は咲き終わったり、花期も終盤に差し掛かり、この時期に剪定しておくと、来年の花芽の形成にさほど大きな
影響を与えずに剪定出来ることも利点です。
形を作り直したい時に、今ならまだ再萌芽が期待出来るので、少し強めの剪定も出来ます。
c0112447_07565689.jpg

春早い時期に花を咲かせる植物は夏の暑さの中で花芽を形成しますので、秋に強めの剪定をすると花芽を切ることになって翌年花が咲かないことも
あるので注意が必要です。

剪定で枝葉を透かし、爽やかで涼しげになったけど、きちんと目隠しはしながら、人の気配は感じられる程度に加減をします。
c0112447_08041308.jpg


外から見るとこんな感じに枝葉を透かしています。↑
中から外を見るとこんな感じになります。↓

c0112447_08043829.jpg
木漏れ日、涼風を確保しながら効果的に目隠しをします。
このスペースはガレージのコンクリートとウッドデッキの間に作られたわずか2mのスペースです。
c0112447_08045628.jpg
石敷きの園路を設け、わずかに残ったスペースに植栽をしていますが、豊かな景観を作ってくれています。
c0112447_08064763.jpg

お花が大好きでいつもお庭を気にかけてくださるお施主さんのおかげで美しさが保たれています。

[PR]

by sanrakugarden | 2018-06-22 08:08 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 06月 21日

上高地 トレッキング

先週末は次男と三男を連れて上高地へトレッキングに行って来ました。
日曜日に開催されるシダの観察会に参加するのが目的ですが、前日から上高地入りして、トレッキング・山小屋宿泊体験を楽しみました。
c0112447_06531513.jpg
この春の植栽工事もひと段落して、本格的な剪定仕事に入る丁度良い節目。
梅雨に入った信州ですが、どんより曇った松本平でしたが、上高地は雲ひとつない快晴です。


c0112447_06541994.jpg
上高地を訪れるのは15年ぶり。結婚したばかりの時に妻と義父母と来た以来です。
c0112447_06534897.jpg
明神池の荘厳な景色を堪能しました。
今夜宿泊予定の宿は徳沢園。河童橋から6.4km、河童橋から明神池までの倍の距離で程よい距離です。
自然豊かな景色を楽しんだり、植生を観察したり、水切り(石投げ)をしたり、魚を見たり
c0112447_06540665.jpg

よそ見、寄り道を楽しみ
c0112447_07043382.jpg
動物たちとの遭遇に驚き、やっと着きました。
c0112447_06580897.jpg
宿の前は川が流れ、こんな景色が広がります。
c0112447_07055762.jpg
適度な距離のトレッキングに、豊かな自然、程よい疲れと美味しい食事、静かに流れる時間。
なんとも言えない至福の時でした。

そんな満足感に浸る父をさし置き、もう歩きたくないと弱音を吐いて、結局シダの観察会への参加は見合わせ、翌日はゆっくり帰路へつきました。

c0112447_07074859.jpg
山小屋で作ってもらったお弁当を食べてひとやすみ。
帰り道は右岸ルートでターミナルまで。
c0112447_07075877.jpg
素晴らしい景色が続きます。
雄大な穂高連峰にいつか挑戦したいものです。
c0112447_07124931.jpg







[PR]

by sanrakugarden | 2018-06-21 07:14 | 遊び | Comments(0)
2018年 05月 21日

松の芽摘み

例年より2週間ほど季節の進み方が早いようです。
草木の動きが早いということは、虫や動物の動きもそれに合わせて早くなるはずです。

芽出しも早くて、成長も早いため、進む季節に仕事が全く追いついていません・・・

c0112447_20140718.jpg
松の芽は伸び放題、かなり硬くなってきてしまいました。
c0112447_20142072.jpg
この時期にどうしてもやっておかなくてはならないため、お待たせしているお客様、申し訳ございません。今暫くご勘弁ください。

昨年造園工事をさせていただいた studio aulaさん設計監理の住宅「備えるコートハウス」
元気に良い枝葉を茂らせてくれました。
c0112447_20142810.jpg
街路に爽やかな緑が映えます。
c0112447_20144003.jpg
下草・低木もモリモリしてきました。


[PR]

by sanrakugarden | 2018-05-21 20:20 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 04月 25日

倒木支柱

3月21日のお彼岸に降った大雪。湿って重い雪は雪かきも大変でした。
雪かきのお手伝いに伺った百瀬家庭園のシンボルの大赤松がなんと!!!
c0112447_19413259.jpg
雪の重みに耐えきれず傾いてしまいました・・・
数十年前に塀を作った際に太い根を切ったこと、隣に出ないように育ててきたことで片枝になっていたこと、この春剪定する予定で枝葉が茂っていたこと、などが原因と思われます。

普通であったら切られてしまうこのご時世ですが、ご当主、ご姉妹の決断で残していただくことになりました。

奇しくも前述した泉龍寺の伐採の1週間前です。
出来るだけ費用をかけず、木を起こして、支柱をするために、伐採した杉を使わせていただくことになりました。
c0112447_19421910.jpg
電柱のような太さの7mの丸太。小笠原建築さんの協力を得て皮むき、加工をしていただきました。


菌根菌による樹勢回復治療・太枝の剪定を行い、事前に丸太支柱の仮組みを行いました。

c0112447_19425788.jpg
c0112447_19452833.jpg
とても人の手で動かせるような重さではないので、丸太を組むにも一苦労です。

c0112447_19432685.jpg
通路ギリギリになんとか入った12tクレーンで木を吊り起こしたところに、7mの仮組みした支柱を差し込みます。
c0112447_19441274.jpg
支柱はクレーン車とユニック、バックフォーを使って四苦八苦しながらようやく目指す下枝に到達。
c0112447_19443654.jpg
c0112447_08282500.jpg
「なんとか助けてあげたい」。
そのお気持ちに応えられて、それだけで全てが報われました。
c0112447_19474951.jpg
c0112447_19445437.jpg
芽の伸長の早い今年の陽気に合わせて、連休中に芽摘みと剪定の予定です。

[PR]

by sanrakugarden | 2018-04-25 08:15 | 樹木医 | Comments(0)
2018年 04月 24日

高木伐採/クレーン

松本市泉龍寺で高木の伐採・剪定を行いました。
杉の大木8本と伐採とヒノキ9本の高木剪定・芯止めです。
花粉が舞う前にと思っていたのに、予定がずれて飛散最盛期の伐採となって最悪のコンディションの中行われました・・・


                            施工前
c0112447_07184744.jpg
                            施工後

c0112447_07185801.jpg
施工前
c0112447_08002897.jpg
施工後  
c0112447_19473402.jpg
限られた期間の中で最大のパフォーマンスをするため、準備はバッチリです。
c0112447_07191426.jpg
c0112447_07194227.jpg
25tラフターと12tラフターとスタッフ10名で挑みました。

c0112447_07192177.jpg
c0112447_07195375.jpg
空中大木受け渡しの大技も出動、くしゃみが止まらない数日間でした。
c0112447_07200280.jpg
伐採した杉の丸太は遊建築さんが活かしてくれることになりました。感謝。


[PR]

by sanrakugarden | 2018-04-24 19:50 | 庭木手入 | Comments(0)
2018年 03月 25日

3LUCK works 更新しました。

3LUCK works 追加更新しました。
c0112447_07124604.png

どうぞご覧ください。







[PR]

by sanrakugarden | 2018-03-25 07:17 | 造園設計・ガーデンデザイン | Comments(0)
2018年 03月 21日

お別れ

樹木診断のご相談をいただいたのは2015年11月。
樹齢200年の赤松です。
c0112447_17111425.jpg
調子を崩して、枝のあちらこちらが茶色くなってきていました。
周辺に広がる松枯れを心配して、松本市の耕地林務課によるクイムシの検査もしていただいていましたが、結果は陰性でした。

庭木手入れの強剪定による樹勢の衰退が原因と判断しました。

翌2016年の6月、枯れ枝の落下を防ぐため、枯れ枝の枝下ろし。
c0112447_17112113.jpg
樹高は15mを越えるため、当社のクレーン車では届かず、ツリークライミングを駆使して枝下ろしをしました。

あれから約3年。弱った木がマツクイムシの被害にあわないように、薬剤の散布をさせていただいたり、お任せいただいた庭木の手入れをしながら様子をずっと見てきました。
昨年の秋には緑色の葉が少なくなり、この冬生命を全うしました。

c0112447_17113232.jpg
生命を全うしたと言い切るには、人為的な弊害があって樹勢を弱らせたこと、自分も関わりながら諸々の事情や決断もあって十分な治療を施さなかったこと、もっとやれることがあったのではという後悔もあって、素直に受け入れない自分もいます。

樹木の最後に立ち会うことが多い私たちですが、いつもやれることをやりきれていないことに苦しさを覚えます。

直接、診断や治療に携わる私たちがこんな想いを抱えるのですから、樹木の健康を願いながら、毎日様子を見て手を施すことの出来ないお施主さんにとってはもっとやりきれない日々だったと想像します。
先祖から受け継ぎ、守ることを託され、子供の頃から当たり前のようにそこにいたのですから。


c0112447_17114269.jpg
前日からお酒を絶って、身を清め、当日はお施主さんとお酒とお塩を供え、想いを伝えてから伐採作業となりました。
最後に立ち会うため、お施主さんもご夫婦でご都合合わせていただき、この木に捧げる詩(うた)をよんでいただきました。

c0112447_17115415.jpg
ただただ、感謝と後悔に包まれるなんとも言えない気持ちを抱きながらの伐採ですが、こういう悲しさを抱きながら伐採することで、新しく作る庭つくり、これから植える木々には健やかに育って欲しいと願いを込めて、想いをめぐらし、工夫をして、木を選んで、植栽に挑みます。


お別れするまでに心を整理する時間をもらえたということは幸せです。
別れの季節でもある3月。
ふとあの詩が思い浮かびます。

暮れなずむ町の 光と影の中
去りゆくあなたへ 贈る言葉
悲しみこらえて 微笑むよりも
涙かれるまで 泣くほうがいい
人は悲しみが 多いほど
人には優しく できるのだから
さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉



[PR]

by sanrakugarden | 2018-03-21 17:32 | 樹木医 | Comments(0)
2018年 03月 16日

防草シート敷き工事

studio aulaさん 設計監理の塩尻市のグループホーム「こぶなの家」竣工しました。
c0112447_14430755.jpg
私たちはウッドデッキと境界擁壁、フェンスの仕事でしたが、竣工に至るまでのご苦労を伝え聞いているのでお役に立ててとても嬉しかったです。
入所者さんが暖かい陽の差し込む、暖かなこのホームで快適なお時間をすごせることをお慶び申し上げます。おめでとうございます。

c0112447_14432337.jpg
松本市、里山辺の家で進めていた物置工事も順調に進んでいます。マツモト物置

里山辺の家で使用する鉄平石を採石場まで取りに行ってきました。
c0112447_14433706.jpg
ここ近年では稀にみる良材が産出しています。良い石の層にぶつかったようです。
c0112447_14434409.jpg
巨石を使った庭造り。カッコいい!どなたか?作りませんか。今がチャンスです。

c0112447_14435818.jpg
着工した塩尻市 吉田の家。こちらも順調に2回目のコンクリート打設が完了です。(打設前の写真)。



松本市で防草シート敷き工事が完了しました。
昨年から長いことお待たせしてしまいました・・・
c0112447_14440883.jpg
年内にお伺い出来ず、土が凍ってしまい、ようやく土が緩んで施工開始です。
c0112447_14441959.jpg
狭いところは人力で草の根、種も一緒に土ごと場外処分。
c0112447_14442801.jpg
c0112447_14443842.jpg
物置の下や、コンクリートとシートの隙間なども丁寧にシートを敷き込み、ちょっとの隙間からも生えてくる草をシャットアウトします。

c0112447_14444954.jpg
お待たせしていましたが草茂る前に完成しました。ありがとうございました。



[PR]

by sanrakugarden | 2018-03-16 15:00 | 仕事日記 | Comments(0)
2018年 03月 10日

sense of wonder 8 春の香りのアロマクラフト 開催

3/10 塩尻市の温(ぬっく)さんでsense of wonder8 春の香りのアロマクラフトが開催されました。
c0112447_21225349.jpg

今回は温の玉川さんに講師をお願いして、チーク&リップクリーム、ドライフラワーと岩塩のサクラ色バスソルト、お守りアロマブレンドオイルを教わりました。
それぞれ好きな香りや色をブレンドしてオリジナルのコスメが出来上がりました。
c0112447_21223057.jpg
c0112447_21224028.jpg
c0112447_21222037.jpg
和やかな楽しい癒しの時間となりました。
ご参加下さった皆さま、講師をして下さった玉川さん、ありがとうございました。






[PR]

by sanrakugarden | 2018-03-10 21:26 | sense of wonder | Comments(0)
2018年 03月 05日

3月 春の兆し

3月に入って急に暖かくなって春が近いことを感じられるようになってきました。
2月の中旬からモーレツに動き回っているうちに、あっという間に3月です。

studio aulaさん設計監理の塩尻市の住宅兼店舗「HOUSE-ICHIKO」ももちろん竣工しています。
c0112447_19280407.jpg
あまりの寒さと最後の追い込みに精魂尽きて・・・とてもブログを書く体力が残っていませんでした。
お施主さん、おめでとうございます。ここから新たに始まる物語が豊かな時間になりますように。

お待たせしていました枝下ろしも完了しました。
c0112447_19283523.jpg
お施主さんもお歳を召されて大きくなった庭木の管理が重労働になってこられました。ご負担を少なくするために木を小さくしました。

樹木の治療もしています。
c0112447_19284676.jpg
ご実家のお父上から新築にあたり譲り受けた大きなイチイ。
除草剤の影響で弱った樹勢を回復させる治療を施しました。
この木を通じて亡きお父上を想い出されるお施主さま。心を込めて回復を祈り治療をさせて頂きました。

c0112447_19291941.jpg
ウッドフェンスの補修と塗装。
傷んだウッドフェンスの柱や笠木を新しい材料で入れ替え、塗装をしています。
出来るだけ予算をかけず、長持ちさせる方法をご提案しました。


もう10年くらいになりますでしょうか?
里山辺の家
お庭に物置を2棟設置、広い菜園をガーデンにする工事が始まりました!


c0112447_19285910.jpg
オドロキモノオキ マツモトモノオキ
c0112447_19344546.png
既存のガーデンにも手を入れていきます。長いお付き合いをさせていただいてお客さんには本当に感謝しています。
ありがとうございます。


studio aulaさん設計監理の塩尻市のグループホーム「こぶなの家」でも境界擁壁工事、ウッドデッキ工事が始まりました。
c0112447_19294040.jpg
c0112447_19300043.jpg
お披露目会が間近に迫ってきています。天気がもってくれれば良いのですが・・・
ここから追い込んでいきます。

そして水曜日からは「吉田の家」が着工。
1月行く 2月逃げる 3月去ると言いますが春らしくなって仕事も全開モードになってきました。
新しい造園計画も順調に進んでいます。


[PR]

by sanrakugarden | 2018-03-05 19:55 | 仕事日記 | Comments(0)